人生の教科書



アイデア発想
相手の立場を考える癖がつけば、自動的に想像力が鍛えられていく。
プラス思考
相手の立場になり、考えよう。
言葉
相手の話が分かりやすいと思ったら「分かりやすい」と言ったほうが喜ばれる。
モテたい
体験談を話す男性に、好意を持つ。
言葉

会話をもっと豊かにする
30の方法

お気に入り22 読んだ
7

会話がうまくなるコツは、
相手の立場を考えること。

会話がうまくなるコツは、相手の立場を考えること。 | 会話をもっと豊かにする30の方法

  • 「人との会話がうまくできない」

そういう悩みを持つ人は、自分本位で話をしているのではないでしょうか。

相手の話を聞いていても「自分には関係ない」と思ってしまうと、話が続きません。

「へえ。そうですか」という冷たい返事しかできなくなります。

会話がうまくなるコツがあります。

相手の立場を考えることです。

 

たとえば、相手が「恋で悩んでいる」と言えば、相手の立場を考えてみましょう。

完全に相手の立場になるのは難しいかもしれませんが、できるだけ努力してみます。

あなたの想像力を最大限に活用しながら、相手の立場や環境を深く考えます。

すると、相手の気持ちや考えが理解しやすくなるため、会話でも、気の利いた言葉が出やすくなります。

また、相手の立場になることで、疑似体験をしている感覚も得られます。

話をしているにもかかわらず、自分が経験しているかのような感覚になるのです。

会話が体験のように感じられるため、楽しくなります。

難しいことではありません。

今日、誰かと話をするとき、早速心がけてみてください。

自然と会話が弾むはずです。

まとめ

会話をもっと豊かにする方法 その7
  • 相手の立場になって、
    会話をする。
会話は「半分伝わればいい」と考える。

もくじ
(会話をもっと豊かにする30の方法)

同じカテゴリーの作品