言葉

会話をもっと豊かにする
30の方法

読んだ お気に入り27
7

会話がうまくなるコツは、
相手の立場を考えること。

会話がうまくなるコツは、相手の立場を考えること。 | 会話をもっと豊かにする30の方法

「人との会話がうまくできない」

そういう悩みを持つ人は、自分本位で話をしているのではないでしょうか。

相手の話を聞いていても「自分には関係ない」と思ってしまうと、話が続きません。

「へえ。そうですか」という冷たい返事しかできなくなります。

会話がうまくなるコツがあります。

相手の立場を考えることです。

 

たとえば、相手が「恋で悩んでいる」と言えば、相手の立場を考えてみましょう。

完全に相手の立場になるのは難しいかもしれませんが、できるだけ努力してみます。

あなたの想像力を最大限に活用しながら、相手の立場や環境を深く考えます。

すると、相手の気持ちや考えが理解しやすくなるため、会話でも、気の利いた言葉が出やすくなります。

また、相手の立場になることで、疑似体験をしている感覚も得られます。

話をしているにもかかわらず、自分が経験しているかのような感覚になるのです。

会話が体験のように感じられるため、楽しくなります。

難しいことではありません。

今日、誰かと話をするとき、さっそく心がけてみてください。

自然と会話が弾むはずです。

まとめ

会話をもっと豊かにする方法 その7
  • 相手の立場になって、会話をする。
会話は「半分伝わればいい」と考える。

もくじ
会話をもっと豊かにする30の方法
会話がうまくなるコツは、相手の立場を考えること。 | 会話をもっと豊かにする30の方法

  1. 会話全体の雰囲気を決めるのは、第一声。
  2. 相手の自慢話に不快になるようでは、器が小さい。
  3. 得をする話だけ反応する自分になっていないか。
  4. 役立たない話にほほえむ人の周りに、人が集まる。
  5. 「おすすめはありますか」という一言が、あなたの生活を豊かにする。
  6. 環境の変化が伴う相談は、反対されるのが定番。
  7. 会話がうまくなるコツは、相手の立場を考えること。
  8. 会話は「半分伝わればいい」と考える。
  9. きちんと相手の目を見ながら「ありがとう」を言っていますか。
  10. 用事があるときだけ話しかける姿勢は、実は危険。
  11. 営業の電話に引っかかる本当の原因は、見栄。
  12. あらゆる会話の中で最も重要なキーワードは、相手の名前。
  13. 分かっている話に「分かっている」とは言わない。
  14. 「私は運が悪い」と考えるから、運が悪くなる。
  15. お礼を言い忘れたら、追いかけても、言う。
  16. 友達の髪型が急に変わっていたとき、どう声をかけるか。
  17. 弱点を突かれたら、にっこりするのがマナー。
  18. 言葉とは、包丁のようなもの。
    喜ばせることもできるが、傷つけることもできる。
  19. 「言いすぎた」と考えられる人は、必ず言葉遣いがうまくなる。
  20. 話の先が予想できても、話を遮らない。
  21. 「縁を感じますね」と言っていますか。
  22. いい話だから、メモをするのではない。
    メモをするから、いい話が聞ける。
  23. 「楽しい話をしなければいけない」と考える必要はない。
    よい印象は、平凡な会話で十分伝わる。
  24. いらいらしているときは、無理に会話をしない。
  25. 「お忙しいところ失礼します」は、話しかけるときの決まり文句。
  26. 「今日は何の日」と聞かれたときの返事。
  27. 楽しませてもらうより、楽しませるほうが、楽しい。
  28. デリケートな話題で返事に困ったとき。
  29. 価値観の違う人がいないと、見識は広くならない。
  30. 「くだらない」と言わないほうがいい。
    くだらない人間と思われるから。

同じカテゴリーの作品