人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
体臭対策
靴下を洗っても、靴を洗い忘れては、意味がない。
体臭対策
靴下だけで十分と思うか、インナーソールまで入れるかは、天と地の差。
体臭対策
抗菌タイプの下着は、やみつきになるくらい効果がある。
体臭対策
穴のあいた靴下を、通気性がいいものと勘違いしない。

のにおいをえる
30対策方法

お気に入り2 読んだ
7

靴下くと
「汚いなあ回数

黒い靴下を履くと「汚いなあ」と思う回数が減る。 | 足のにおいを抑える30の対策方法

は、黒の靴下が大好きです。

20代前半から、黒の靴下しか、はいたことがありません。

衣類用の引き出しの中は、黒の靴下ばかりが並んでいます。

ビジネスでは、黒の靴下が定番ですが、それだけの理由ではありません。

黒は、汚れが1番目立たないメリットがあるのです。

白の靴下の場合、わずかな汚れがひどく目立ちます。

足の垢の汚れがつくと、すぐ茶色に変色します。

そうするようになったきっかけがあります。

昔、まだ白の靴下を履いていたころ、白の靴下の汚れが見えて「汚いなあ」と思っていた時期がありました。

私は「汚いなあ」と思う瞬間を、人生で1つでも減らしたいです。

「汚いなあ」と思うと、食事もまずくなりますし、気分も悪くなります。

足元だからこそ、少し汚れているだけで、くさそうに見えます。

そこで行き着いたのが、黒でした。

黒は、汚れても、目立ちにくいです。

もちろん黒い靴下も使うほど汚れますが、目立たないだけでも大違いです。

汚れが視界に入り「汚い」と思う回数が減ります。

これだけでも、気分の落ち込みがかなり減ります。

黒のほうが汚れは目立たないはずですから、他人を不快にさせる機会も減っているはずです。

そうした理由から、もっぱら靴下は黒一色です。

余談ですが、靴下に限らず、アンダーウエアも黒で揃えています。

理由は、先ほどお話ししたとおりです。

足のにおいを抑える対策方法 その7

  • 靴下を、
    はく
5本指の靴下に替えるだけで、足のにおいは小さくなる。

もくじ
(足のにおいを抑える30の対策方法)

同じカテゴリーの作品