犬を上手にしつける
30の方法

12
4

犬に与える餌の量と回数の目安。

犬に与える餌の量と回数の目安。 | 犬を上手にしつける30の方法

犬は何でもおいしそうに食べます。

そんな様子を見れば、つい心が緩み、たくさん与えてしまいがちです。

しかし、おいしそうに食べているから健康につながるとは限りません。

犬には「食べられるだけ食べる」という習性があるため、やみくもに餌を与えるのはよくありません。

際限なく与え続けるのは肥満や糖尿病のリスクになるので、避けるようにしましょう。

食事の量を調整するのは、飼い主の責任です。

そこで問題になるのは「餌の量と回数」についてです。

「これくらい」という目安があれば、食事の量も回数も調整しやすくなるでしょう。

まず「食事の量」からご説明します。

たとえば「30分ほどの散歩」を「1日2回」の場合で、考えるとします。

一般的な目安は次のとおりです。

  • 体重5キロ前後の場合 350キロカロリー前後
  • 体重10キロ前後の場合 600キロカロリー前後
  • 体重20キロ前後の場合 1000キロカロリー前後
  • 体重30キロ前後の場合 1400キロカロリー前後

もちろん一般的な目安です。

散歩とはいえ、歩く速さも緩急がありますし、上り道もあれば下り道もありますが、このくらいを目安に計算すればいいでしょう。

散歩が1日2回ではなく、3回の場合は、もう少しカロリーを増やしてもいいでしょう。

また、つい忘れがちになるのは「お菓子のカロリー」です。

犬をしつけるときに、ご褒美として与えるお菓子も、きちんとカロリー計算に入るようにしましょう。

さて、次は「食事の回数」についてです。

これも犬の成長程度によって回数が変わります。

  • 幼犬の場合 1日3回~5回
  • 成犬の場合 1日2回~3回
  • 老犬の場合 1日3回

幼犬の場合は、少ない量で3~5回に分けるほうがいいでしょう。

理由は、消化器官が未発達のためです。

幼犬でも無理なく消化できるよう、少ない量を何度かに分けるほうが食べやすくなります。

生後6カ月を過ぎれば、体が大きくなり始めます。

その状態になれば、消化器官も強化されて運動量も増えるので、食事は普通の量で2回程度がいいでしょう。

さらに運動が盛んなら、状況に応じて3回まで増やしても問題ありません。

老犬になれば、運動量も消費カロリーも小さくなるため、食事の回数を減らして、3回程度にします。

もちろんこれらは一般的な量と回数の目安です。

ミニチュアの犬もいれば、大きくて運動量も多い犬などさまざまです。

体格や歩く量などを全体的に考慮し、適度な回数と餌の量を調整するようにしておきましょう。

犬を上手にしつける方法(12)
  • 犬の種類や状態に合わせて、適度な量の餌を、適切な回数で与える。
どんな犬とでも、すぐ友人になる方法がある。

犬を上手にしつける30の方法
犬を上手にしつける30の方法

  1. 犬を飼い始めれば「しつけの義務」が発生する。
    犬を飼い始めれば「しつけの義務」が発生する。
  2. マナーの悪い犬は悪くない。<br>本当に悪いのは、しつけをしない飼い主。
    マナーの悪い犬は悪くない。
    本当に悪いのは、しつけをしない飼い主。
  3. しつけの合図は、統一する。
    しつけの合図は、統一する。
  4. 家族間で、犬へのしつけのルールを統一させておく。
    家族間で、犬へのしつけのルールを統一させておく。
  5. 犬を上手にしつけるとき、最低限押さえておきたい3つのポイント。
    犬を上手にしつけるとき、最低限押さえておきたい3つのポイント。
  6. 「痛み」ではなく「快感」を与えてしつければいい。
    「痛み」ではなく「快感」を与えてしつければいい。
  7. 犬のしつけは、真っ正面に立ってすること。
    犬のしつけは、真っ正面に立ってすること。
  8. いろいろ音を聞かせて慣れさせることは、犬の落ち着きに直結する。
    いろいろ音を聞かせて慣れさせることは、犬の落ち着きに直結する。
  9. おとなしい子犬が、生後6カ月を過ぎたくらいから、急に吠え始める理由。
    おとなしい子犬が、生後6カ月を過ぎたくらいから、急に吠え始める理由。
  10. 犬には「少しでも早く、できるだけたくさん食べる」という習性がある。
    犬には「少しでも早く、できるだけたくさん食べる」という習性がある。
  11. 飼い主と犬との食事の順番は、主従関係に影響する。
    飼い主と犬との食事の順番は、主従関係に影響する。
  12. 犬に与える餌の量と回数の目安。
    犬に与える餌の量と回数の目安。
  13. どんな犬とでも、すぐ友人になる方法がある。
    どんな犬とでも、すぐ友人になる方法がある。
  14. 犬を高いところに上げない。
    犬を高いところに上げない。
  15. 飼い主の聖域に、犬を踏み込ませない。
    飼い主の聖域に、犬を踏み込ませない。
  16. いろいろな人に会わせるのも、しつけの1つ。
    いろいろな人に会わせるのも、しつけの1つ。
  17. 散歩は、必ず飼い主が先行して歩く。
    散歩は、必ず飼い主が先行して歩く。
  18. おねだりには、むやみに応じないほうがいい。
    おねだりには、むやみに応じないほうがいい。
  19. 犬の体臭は、身分証明と同じ役割を果たす。
    犬の体臭は、身分証明と同じ役割を果たす。
  20. 食事中にかまってやると、うなり始める理由。
    食事中にかまってやると、うなり始める理由。
  21. どんなに年を取っても、散歩は必要。
    どんなに年を取っても、散歩は必要。
  22. 不意に喉に詰まらせないように、注意する。
    不意に喉に詰まらせないように、注意する。
  23. 湿った犬の鼻は、むやみに拭き取らなくていい。
    湿った犬の鼻は、むやみに拭き取らなくていい。
  24. 犬を褒めたり叱ったりするのは、行動直後が一番いい。
    犬を褒めたり叱ったりするのは、行動直後が一番いい。
  25. 2階建ての家に潜む、見落としやすい危険ポイント。
    2階建ての家に潜む、見落としやすい危険ポイント。
  26. 犬が飼い主の顔をなめるのは、喜びや甘えのサイン。
    犬が飼い主の顔をなめるのは、喜びや甘えのサイン。
  27. 「幼犬」と「成犬」とでは、かじる意味が少し異なる。
    「幼犬」と「成犬」とでは、かじる意味が少し異なる。
  28. 犬が嫌がる部分でさえ、触られるのに慣れさせておく必要がある。
    犬が嫌がる部分でさえ、触られるのに慣れさせておく必要がある。
  29. 慣れているはずの車を、なぜか嫌がる犬の本当の原因。
    慣れているはずの車を、なぜか嫌がる犬の本当の原因。
  30. 場所と時間を変えて、環境の変化に対応させる。
    場所と時間を変えて、環境の変化に対応させる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION