人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
住まい
いろいろな物を中途半端にもたない。
一点豪華主義になる。
心の健康
仮面をかぶった人は、偽りの人間関係に悩まされる。
住まい
人の本性は「言葉」ではなく「行動」に表れる。
金銭感覚
健康運は、金運とつながっている。
生き方
仮面をかぶって、生きていませんか。
住まい
部屋にたくさんの物が置かれているのは、心の穴を埋めている姿。

整理整頓までかにする
30方法

お気に入り31 読んだ
25

自分は、
本当改善がいつまでってもできない

屋の掃除を、自分のためではなく、やってくる人のためにする人がいます。

そういう人には本当の友達はいないし、できない人です。

普段は掃除も片付けも整理整頓もしない人が、友達が遊びに来るときに限って、一生懸命に掃除をして片付けます。

部屋の汚いところを見られたくないからと、普段は掃除をしないにもかかわらず、毎日しているかのような自分を見せようとします。

これを「仮面をかぶる」と言います。

偽った自分を見せることです。

偽った自分がきれいであれ美しくあれ何であろうと、本来の自分ではない自分を見せているかぎり、偽っています。

部屋がきれいなときは見せて、汚いときは見せないのは、自分を偽っていることの1つです。

少しでも自分の印象をよくしようと仮面をかぶり、そうであるような振る舞いをします。

こういうことをしていると、すれ違った人間関係に悩みやすくなります。

 

たとえば、あなたがお金持ちの仮面をかぶっているとします。

貧乏と思われたくない見栄を張り、仮面をかぶって、お金を持っていそうな雰囲気を出します。

するとあなたを見た人は「お金持ちなんだな」と誤解することでしょう。

その結果、相手もお金持ちに適した振る舞いや態度や話し方で接してくるようになります。

 

しかし、実際、本人は違和感を抱きます。

本当の自分ではないからです。

ブランドばかりの話をされても、実際のところ、本当に興味があるわけではありません。

お金持ちそうな話をされても、実際はお金持ちではないので話がすれ違ってばかりです。

豪華なパーティーに誘われても「いいわね」と口では言いながら、心では「またお金がかかる。どうやって断ろうか」と考えます。

偽りの仮面をかぶってしまうと、そこから生じる人間関係にも、誤解が生まれやすくなり、苦労しやすくなるのです。

 

では、こんなときにはどうすればいいのでしょうか。

単純な話です。

今かぶっている仮面を脱げばいいだけです。

仮面を脱ぐのは、恥ずかしいことです。

 

しかし、脱いだ瞬間から、本当の自分が顔を現します。

本当の自分の顔を出して人と接すれば、誰かがあなたの顔についている汚れを指摘してくれ、悪いところを教えてくれます。

あなたは顔を洗い、汚れを落としさえすれば、簡単に改善ができます。

本当の自分を見てもらうことができるようになり、そこから初めて本来のすっきりした人間関係が生まれるのです。

整理整頓で心まで豊かにする方法 その25

  • ありのままを、
    てもらう
整理整頓が習慣になっている人は、すべてにおいて整理整頓ができるようになる。

もくじ
(整理整頓で心まで豊かにする30の方法)

同じカテゴリーの作品