住まい

整理整頓で心まで豊かにする
30の方法

お気に入り11 読んだ
14

おしゃれな入れ物を捨ててしまう。

おしゃれな入れ物を捨ててしまう。 | 整理整頓で心まで豊かにする30の方法

整理整頓には入れ物が必要です。

よく貧乏性の人に見られがちなことなのですが、何かを入れる箱に役立ちそうだと、おしゃれな入れ物を取っておくことがあります。

友達からお歳暮や誕生日プレゼントなどで贈られたものの中には、きれいな柄の入れ物があります。

「捨てるにはもったいない。そうだ、入れ物にしよう!」

そう思い、おしゃれできれいな入れ物が、押し入れでいつか使われる日まで待機をすることになります。

押し入れは、倉庫へと変わるのです。

実際は、この入れ物こそがごみとなってしまっているのです。

整理整頓のために使う入れ物も「いつか使うかもしれない」と一度残し癖を付け始めると、必要以上にどんどんとたまり始めます。

「いつか使うかもしれない」という低い可能性が、部屋を乱してしまう原因になっているのです。

おしゃれさに惑わされてしまうと、余計なものを手元に置くことになります。

必要な物だけ手元に置くことです。

必要になったときは、購入かレンタルで、ほとんどの物は部屋に置く必要がなくなるのです。

まとめ

整理整頓で心まで豊かにする方法 その14
  • おしゃれな入れ物も、思いきって捨ててしまう。
レンタルできるものは、徹底的にレンタルに頼る。

もくじ
整理整頓で心まで豊かにする30の方法
おしゃれな入れ物を捨ててしまう。 | 整理整頓で心まで豊かにする30の方法

  1. 「部屋の整理整頓=心の整理整頓」
  2. 整理をするとは、捨てること。
  3. いらない物は片付けるより、捨てるのが一番。
  4. 捨てることは、物質的に限った話ではない。
    精神的なことにも当てはまる。
  5. 部屋にたくさんの物が置かれているのは、心の穴を埋めている姿。
  6. コンプレックスを埋めるために、物を持とうとしてしまう。
  7. 過去→心→言葉→行動。
  8. 捨てることは、手に入れること。
  9. 心がすっきりしている人は、メモが習慣になっている。
  10. いろいろな物を中途半端にもたない。
    一点豪華主義になる。
  11. 整理整頓するから心がすっきりするのではない。
    心がすっきりしているから部屋も整理整頓されていく。
  12. 手放すから余裕ができる。
    整理整頓は、手放したときに実現する。
  13. 「高い安い」で整理整頓しない。
    「好き嫌い」で整理整頓する。
  14. おしゃれな入れ物を捨ててしまう。
  15. レンタルできるものは、徹底的にレンタルに頼る。
  16. 整理整頓は、生活しやすく住みやすくするための手段である。
  17. 整理整頓の第一歩は、軽い気持ちで始める。
  18. 整理をするとは、統一させること。
  19. テーマを決めると、整理整頓ができる。
  20. 人の本性は「言葉」ではなく「行動」に表れる。
  21. 部屋がすっきりしていない人は、人間関係もすっきりしていない。
  22. 大きな模様替えの前には、大破壊が必要。
  23. 元気の出る部屋にしよう。
  24. やる気は今が一番の旬。
    後回しにすると、やる気がなくなってしまう。
  25. 自分を偽る人は、本当の改善がいつまで経ってもできない人。
  26. 整理整頓が習慣になっている人は、すべてにおいて整理整頓ができるようになる。
  27. もらうより、買うほうがいい。
  28. 整理整頓で、仕事も恋も友達関係もうまくいく。
  29. 手に入れる豊かさより、手放すことによる豊かさのほうが上回っている。
  30. この世には、全体として宇宙という「1つ」しかない。

同じカテゴリーの作品