住まい

整理整頓で心まで豊かにする
30の方法

56
3

いらない物は片付けるより、
捨てるのが一番。

いらない物は片付けるより、捨てるのが一番。 | 整理整頓で心まで豊かにする30の方法

整理整頓とは、きれいに片付けることです。

散らかっている部屋を整理することで、きれいになるでしょう。

 

しかし、どんな整理整頓にも、もっともっと、大切な前提が抜けています。

捨てられるかどうかです。

整理整頓で片付ける前に、捨てることから習慣にしましょう。

今、たくさんの物を持つことで豊かになろうとする人がいます。

高級ブランド品をたくさん持つこと。

たくさんの家具をそろえること。

たくさんのアクセサリーを身につけること。

物をたくさん所有することが、幸せにつながることだと思っている人がいます。

もちろん物をたくさん持てば、便利になります。

 

しかし、です。

たくさん持つ量に比例して、幸せが得られるとは限りません。

たくさん物を持つほど、物質的にも精神的にも、重くなります。

部屋の中にはたくさんの洋服や家具や本があるとします。

一見豊かに見えそうですが、掃除や洗濯の手間が増えます。

気にしなければならないことがたくさんあるほど、気持ちの余裕もなくなります。

物をたくさん持つことで、物質的な余裕だけでなく、精神的な余裕まで消費してしまうのです。

部屋の中にあるものを整理しようと考える前に、考えてほしいことがあります。

「そういえば、これは何のために置いてあるのだろう」と問いかけてみましょう。

「本当に必要かな。最近使っていたかな」と考えます。

「全然使っていない。置いているだけだ」と分かれば、捨てたほうがいいと判断できますね。

使いもしない物は、片付ける必要はありません。

捨てることができれば、整理する手間がなくなります。

いらない物は捨てて、少しでも部屋の空間に余裕を作りましょう。

物を整理する前の、大切な考えです。

まとめ

整理整頓で心まで豊かにする方法 その3
  • いらない物は片付けるのではなく、捨てるよう考え方を変える。
捨てることは、物質的に限った話ではない。
精神的なことにも当てはまる。

もくじ
整理整頓で心まで豊かにする30の方法
いらない物は片付けるより、捨てるのが一番。 | 整理整頓で心まで豊かにする30の方法

  1. 「部屋の整理整頓=心の整理整頓」
  2. 整理をするとは、捨てること。
  3. いらない物は片付けるより、捨てるのが一番。
  4. 捨てることは、物質的に限った話ではない。
    精神的なことにも当てはまる。
  5. 部屋にたくさんの物が置かれているのは、心の穴を埋めている姿。
  6. コンプレックスを埋めるために、物を持とうとしてしまう。
  7. 過去→心→言葉→行動。
  8. 捨てることは、手に入れること。
  9. 心がすっきりしている人は、メモが習慣になっている。
  10. いろいろな物を中途半端にもたない。
    一点豪華主義になる。
  11. 整理整頓するから心がすっきりするのではない。
    心がすっきりしているから部屋も整理整頓されていく。
  12. 手放すから余裕ができる。
    整理整頓は、手放したときに実現する。
  13. 「高い安い」で整理整頓しない。
    「好き嫌い」で整理整頓する。
  14. おしゃれな入れ物を捨ててしまう。
  15. レンタルできるものは、徹底的にレンタルに頼る。
  16. 整理整頓は、生活しやすく住みやすくするための手段である。
  17. 整理整頓の第一歩は、軽い気持ちで始める。
  18. 整理をするとは、統一させること。
  19. テーマを決めると、整理整頓ができる。
  20. 人の本性は「言葉」ではなく「行動」に表れる。
  21. 部屋がすっきりしていない人は、人間関係もすっきりしていない。
  22. 大きな模様替えの前には、大破壊が必要。
  23. 元気の出る部屋にしよう。
  24. やる気は今が一番の旬。
    後回しにすると、やる気がなくなってしまう。
  25. 自分を偽る人は、本当の改善がいつまで経ってもできない人。
  26. 整理整頓が習慣になっている人は、すべてにおいて整理整頓ができるようになる。
  27. もらうより、買うほうがいい。
  28. 整理整頓で、仕事も恋も友達関係もうまくいく。
  29. 手に入れる豊かさより、手放すことによる豊かさのほうが上回っている。
  30. この世には、全体として宇宙という「1つ」しかない。

同じカテゴリーの作品