人生の教科書



復縁
復縁ソングには、復縁を応援する歌詞が詰まっている。
復縁
復縁は、新しい恋人を作るより難しい。
復縁
手応えが悪くても、深刻に受け止めるのではなく、気軽に受け止める。
復縁
復縁すると決めたら、まず自分を褒めてあげよう。
復縁
過去を引きずっている様子は見せない。
復縁
復縁をするなら、結婚を前提にするのが基本。
復縁

復縁するにはどうすればいいか考える
30のこと

  • あなたは心のどこかで、
    復縁を願っている。
復縁するにはどうすればいいか考える30のこと

もくじ

1
★1

あなたは心のどこかで、復縁を願っている。

「私は復縁したいのだろうか」 ときどき自分でも、自分の気持ちが分からなくなることがあります。 復縁したいような、したくないような、中途半端な気持ちです。 ずばり、言い当てましょう。 あなたは今、心の奥で元恋人と復縁したいと考えています。 その根拠は、この記事を読んでいるからです。 この記事を読むのは、心のどこかで、元恋人との復縁を考えている証拠です。 もし復縁をまったく考えていないなら、そもそもこの記事を読むことはないはずです。 こうした記事を見つけても、読もうと思わず、読み飛ばすはず。 復縁したい気持ちがあるからこそ、この記事が気になって読んでいます。 復縁したい気持ちはまだまだ小さいかもしれません。 しかし、すでに第一歩が始まっています。 あなたは今、心の奥では別れた人のことが気になって、復縁の手がかりを探している。 本音では、元恋人との復縁を願う気持ちがある。 だからこそ、この記事を読んでいるはずです。 復縁したいにもかかわらず、その気持ちを放置したままでは、幸せになれません。 さあ、自分の正直な気持ちに気づきましょう。 自分の本音に気づき、幸せな人生を歩もうではありませんか。 あなたは今、復縁の手がかりを見つけようと希望を探しているはずです。 「正直な気持ち」というコンパスに従うのが、幸せになるコツです。 心の奥で、復縁を願っている自分がいることに気づく。

2
★2

復縁をするなら、結婚を前提にするのが基本。

一般的に復縁をするなら、結婚が前提になります。 「結婚を前提にするなんて大げさ」と思うなら、復縁はやめたほうがいいでしょう。 結婚を前提としないで復縁をするのは、相手に失礼です。 復縁は、お互いの人生に大きく影響する一大イベント。 別れた人とよりを戻すのは、気軽にできません。 告白するとき以上に気を遣います。 一度別れた人と元の関係に戻るのですから、2回目の交際は、結婚が前提になるのが自然です。 復縁をするときには「絶対相手を幸せにする」という大きな愛と強い覚悟が必要です。 それはつまり「結婚を前提に復縁する」という意味でもあります。 復縁のときに結婚の話を出さなくても、心の中では結婚を前提とします。 結婚するつもりがないなら、最初から復縁もやめておくのが賢明です。 結婚するつもりがないまま復縁すると、再びいつか別れることになります。 同じ人と2回も別れを経験するのは、お互いにとってつらいだけ。 何のために復縁をしたのか分かりません。 「遊びが目的」と誤解されても仕方ない。 復縁するかどうかは、相手が結婚相手としてふさわしいかどうかを考えることでもあります。 復縁は、結婚を意識した上で考えましょう。 結果として再び別れることになる場合もありますが、復縁時点では結婚を前提にします。 結婚を前提にするなら、復縁の成功率もぐっと上がります。 復縁をするなら、結婚を前提にする。

3
★0

復縁は、新しい恋人を作るより難しい。

「恋人がほしい。そうだ。元恋人に連絡してみよう」 そんな単純な理由で復縁を考えるなら、見直したほうがいいかもしれません。 復縁をする前にしっかり心得ておきたいことがあります。 「復縁は、新しい恋人を作るより難しい」と考えてください。 「以前付き合っていたのだから、謝れば簡単に復縁できる」と思うのは大間違い。 もちろん単純な喧嘩別れなら、別れてすぐ復縁できることもありますが、あくまで理由が単純な場合です。 一般的な復縁は、2人の関係に大きなひびが入っているため、成就までに長くて険しい道のりがあります。 復縁を果たすには、まず冷却期間から始まります。 しばらく完全に連絡を取らない期間を作って、お互い落ち着く時間を作ります。 自分に落ち度があるなら、しっかり謝ったり反省したりしなければいけません。 強引にならないよう、常に相手の立場を考えたアプローチを心がけます。 時間も労力もかかります。 一度失った信頼関係を取り戻すのは、長い時間がかかります。 そこまで努力したとしても、復縁が失敗に終わることもあります。 最悪の場合、ストーカー呼ばわりされ、相手から「二度と関わらないでほしい」と絶縁を宣言されることもあります。 苦労の多い復縁に比べれば、新しい恋人を作るほうが、まだ簡単と言えるでしょう。 復縁は、別れたことを後悔して、どうしてもその人でなければいけない事情があるときにするものです。 「ただ恋人がほしい」という軽い気持ちで復縁に挑むのはよくありません。 復縁に挑むなら、新しい恋人を作る以上の苦労があることを覚悟しておきましょう。 「復縁は、新しい恋人を作るより難しい」と心得ておく。

4
★2

初心に返ることなく、復縁は不可能。

復縁を成功させたければ、初心に返りましょう。 復縁は、一から始まる恋愛ではありませんが、一から始めようとする気持ちは必要です。 あなたがその人と出会ったころの記憶を思い出してください。 どこで、どう出会いましたか。 出会ったとき、どんな接し方でしたか。 どんなことを心がけていましたか。 まだ相手に慣れていないころは、十分すぎるほど慎重な態度を心がけていたはずです。 丁寧な言葉遣いと、ありったけの優しさを表現していたに違いありません。 相手に好かれるためなら、どんな苦労も喜んで心がけていたでしょう。 相手を喜ばせるためなら、どんなことでもやろうとしていたでしょう。 2人の原点を思い出すことで大切なことが見えてきます。 過去は、なくなったわけではありません。 過去は、あなたの記憶に思い出として残っています。 初心に返ることで、復縁に必要な心構えも見えてきます。 たった3分でいいのです。 3分で人は変われます。 目をつぶって、出会ったころの様子を思い出し、初心に返りましょう。 初々しい気持ちになりますが、それこそ今のあなたに一番必要です。 出会ったころの記憶を思い出し、初心に返る。

5
★3

復縁すると決めたら、まず自分を褒めてあげよう。

「復縁する」 そう決めたら、まず自分を褒めてあげてください。 「褒められることはまだしていない」と思うかもしれませんが、すでにしています。 復縁の決断をしただけで、十分褒めていいことです。 元恋人の素晴らしい点に気づくことができました。 自分の正直な気持ちと向き合い、別れたことを後悔したことを認めました。 しっかり反省して、やり直す決意をしました。 復縁までに険しい道のりが待っていることを知りながら、その覚悟ができました。 これはとても正直に生きていると言えます。 だから素晴らしい。 もちろん最終的な結果はまだ分かりません。 挑戦の結果、やはり失敗してしまうかもしれません。 しかし、自分と正直に向き合った上で決断したことなら、きっとうまくいくでしょう。 たとえ復縁が失敗しても、全力を尽くしたなら後悔もないはずです。 「別れが間違っていた。やり直したい」と考えるのも前進です。 今は別れたままであっても、復縁できれば、また2人の世界を作れます。 あなたは重大な決断をしました。 周りから反対されるかもしれませんが、実際に行動してみないと分かりません。 復縁すると決めたら、自分を褒めてあげましょう。 「よく決断した。その調子で進め!」と。 自分の決断を肯定することは、復縁を成就させるために必要です。 自分を褒めれば、ますます復縁のモチベーションが上がります。 復縁すると決めたら、まず自分を褒める。

6
★0

栄養バランスの取れた食事は、復縁にもよい影響をもたらす。

復縁の前段階として、心と体のコンディションから整えましょう。 まず取り組みたいのは「食」です。 食事を軽視していませんか。 食欲を満たすだけの食事になっていませんか。 復縁に食事の話が出るのは、不自然に思えるかもしれませんが誤解です。 想像してみてください。 朝食を省く。 食事の代わりにお菓子。 毎日カップラーメンや外食ばかり。 食生活が荒れた状態では、力が出ないだけでなく、健康にも美容にも精神にもよくありません。 食は、あらゆるパワーの源です。 食事は、人が生きる上で最も基本的な土台の1つ。 きちんと復縁に立ち向かうなら、まず肉体的・精神的な状態を整えること。 肉体的・精神的な状態を整えるためにも、まず食生活の見直しが必要不可欠です。 一概に外食やコンビニ弁当が悪いわけではありません。 あくまで大切なのは、栄養バランス。 栄養バランスが取れているなら、自炊はもちろん、外食やコンビニ弁当も悪くありません。 できるだけ健康につながる食事をとって、体に栄養を行き渡らせてください。 食事の質が高ければ、心も体も力がみなぎり、元気になっていきます。 しっかり栄養バランスの取れた食事をとって、心と体のコンディションを整えましょう。 栄養バランスの取れた食事をとって、心と体のコンディションを整える。

7
★1

余裕があれば、自炊に挑戦してみませんか。

復縁では、まず心と体のコンディションを整えることが必要です。 食生活を見直し、できるだけ栄養バランスの取れた食事を取ることが大切です。 さて、食事についてですが、余裕があれば自炊に挑戦してみませんか。 自炊は、手間や時間がかかることを除けば、多くのメリットがあります。 代表的なメリットは、次の5つです。 (メリット1)食生活が整う 自炊は、自分で食材を選べる自由があります。 栄養を考えながら食材を選ぶのは楽しいこと。 正しく食材を選べば、栄養バランスも取れて、健康にもつながります。 うまくカロリーを調整すれば、ダイエットにもなります。 (メリット2)自分磨きになる 料理技術の向上は、自分磨きの1つになります。 料理の技術は一生役立つので、覚えて損はありません。 料理を通して、健康への知識を深めるきっかけになるでしょう。 (メリット3)貯金しやすくなる 賢く食材を選べば、食費を抑えられ、貯金にもつながります。 貯金が増えれば、心に余裕が生まれるため、復縁もメリットがあります。 (メリット4)復縁するときのネタになる 料理の腕が上がれば、復縁するときのネタの1つになるでしょう。 「料理が上達したよ」「おいしい食事を振る舞いたい」というアピールをすれば、相手を振り向かせやすくなるでしょう。 (メリット5)気分転換やストレス発散になる 復縁の悩みや寂しさも、料理に集中しているときは忘れられます。 最初は面倒に思えても、だんだん楽しくなってくるでしょう。 自炊は、気分転換やストレス発散にもつながります。 ---------- 「自炊なんてしたことがない」という人も、実際にやってみると、意外と夢中になるかもしれません。 復縁がきっかけになって、自炊に挑戦してはいかがでしょうか。 余裕があれば、自炊に挑戦してみる。

8
★0

間違った自分磨きとは。

復縁では、自分の魅力を高めるため、自分磨きが欠かせません。 料理教室・パソコン教室・英会話教室。 スポーツジム・セミナー・通信講座。 中には、マンツーマン形式のものもあります。 自分の魅力を高めることは、復縁の成功率を高めることに貢献します。 しかし、自分磨きならすべて正解とは限りません。 中には、間違った自分磨きが存在します。 それは「お金のかかりすぎる自分磨き」です。 たとえば、自分磨きのせいで、毎月赤字になっている。 もしくは借金をしてまで自分磨きをしている。 いくら自分磨きとはいえ、やりすぎです。 たしかに復縁で自分磨きは有効ですが、適度があります。 「金銭感覚がおかしい」「無計画なお金の使い方をしている」と思われても仕方ありません。 「自分を磨いた」と自慢げに話しても、相手には「魅力的な人」ではなく「浪費癖のある人」に映るでしょう。 本当に金額だけの効果があればいいのですが、浪費の印象がつきまといます。 特に金銭感覚で悪い印象を与えると、復縁から結婚への道のりも厳しくなります。 誰でも金銭感覚のおかしい人との結婚は避けたいと考えます。 ほかに安く済む方法がないか検討してみましょう。 本を買うのもいいですが、最新を求めなければ、中古の本で済ませられます。 スポーツジムに通わなくても、近所をジョギングすればお金は不要です。 自分磨きにも節約精神を取り入れたい。 自分磨きをするのはいいのですが、むやみにお金を使いすぎるのは要注意です。 お金のかかりすぎる自分磨きには、十分注意する。

9
★1

貯金額と復縁の成功率は、ある程度関係している。

復縁をしたければ、貯金をしましょう。 貯金と復縁は無関係ではないかと思いますが、水面下でつながっています。 貯金をすると何がいいのか。 それは、心に余裕が出てくることです。 お金には、心に余裕をもたらす精神安定剤のような効果があります。 貯金は、なくて困ることはあっても、あって困ることはありません。 貯金があれば、いざとなったときに融通が利くので、行動にも態度にも余裕が出るようになります。 大事な場面でおごったりプレゼントしたりなど、貴重なチャンスを十分生かせるようになります。 結果として復縁の成功率も上がるようになるのです。 貯金額は、直接的に関係していなくても、間接的に関係していると考えていいでしょう。 やみくもに貯金するのはよくありませんが、少なくとも別れた時点より増やしておきたいところです。 もちろん自分を磨くなど、必要な投資にはお金を使うべきですが、無駄な支出は避けましょう。 生活を見直して、無駄な浪費があれば見直しましょう。 貯金に才能は必要ありません。 貯金に必要なのは努力です。 努力さえすれば、貯金は誰でもできます。 収入が少なくても、支出を抑えれば、貯金を増やせます。 そうと分かれば、できるだけ行動は早いほうがいい。 明日から貯金を始めるのではなく、今から貯金を始めましょう。 早く行動を始めたほうが、早くお金も貯まります。 ある程度貯金を増やして、心に余裕を作っておく。

10
★1

復縁では「時間が解決する」と思わないこと。

日常では「時間が解決する」という場面があります。 怒りを感じても、時間が経てば、自然と気持ちが収まってきます。 けがをしても、時間が経てば、自然治癒力によって回復できます。 世の中には、じっとしているだけで解決する状況があるのも事実です。 もちろん復縁でも「時間が解決する」という状況があります。 たとえば、冷却期間です。 別れた直後は、興奮や嫌悪感でいっぱいですが、しばらく時間が経つとだんだん収まっていきます。 気持ちが落ち着けば、冷静に反省できるようになります。 復縁において、時間は強力な味方です。 しかし、復縁で時間が解決する範囲は限定的です。 時間が過ぎるのを待つだけで、復縁もできると考えるのは誤解です。 時間が経つだけでは復縁はできません。 時間が経つと、相手の気持ちは完全にあなたから離れるかもしれません。 じっとしているばかりでは、復縁のタイミングを逃してしまうでしょう。 あまり長期間になると、相手が新しい交際を始める可能性もあります。 復縁において時間は強力な味方ですが、すべて解決してくれるわけではありません。 時間が過ぎるのを待つだけでは復縁できません。 復縁の決め手になるのは行動です。 待つばかりではなく、ふさわしい時期が来れば、行動を始めることが大切です。 「時間が解決する」という言葉を信じて、本当にじっと待つだけにならない。

11
★0

異性の友達に復縁の相談をするとき、よくある展開とは。

異性の友達に復縁の相談を持ちかけることもあるでしょう。 元恋人の気持ちを理解するには、性別が同じ人のほうが気持ちも分かりやすいだろうと思います。 優しくて親切な人なら、喜んで相談に乗ってくれるでしょう。 相談相手に同じ経験があれば、自分の体験を交えた話を聞かせてもらえるはずです。 もちろん異性の友達に復縁の相談をするのはいいのですが、このとき、よくある展開があります。 その相談相手と恋愛関係に発展してしまうことです。 復縁の相談をしたとき、相手が親身に相談に乗ってくれると、だんだん親密な関係になっていきます。 相手も、あなたが悩んだり悲しんだりしている様子を見ているうちに情が出てくるでしょう。 相談で接する回数も増えると、だんだんお互い心を引き寄せられ、ますます親しい関係になっていきます。 最終的に復縁の話は立ち消えになり、相談相手と恋愛関係になってしまうのです。 このパターンは珍しくありません。 学生時代、失恋した人が異性の友達に相談したところ、その人と恋仲になった状況を見たことがあるのではないでしょうか。 もちろん「そういう展開になってもいい」と考えるならいいのですが、望まない人もいるでしょう。 あくまで純粋な復縁を望むなら、相談相手は、異性の友達ではなく同性の友達を選ぶほうが安心です。 純粋な復縁を望むなら、相談相手は、異性の友達ではなく同性の友達を選ぶ。

12
★1

いきなり恋人のポジションを狙ってはいけない。

連絡を取り合うようになったとき、よくある失敗があります。 いきなり恋人のポジションを狙ってしまうことです。 久しぶりに連絡を取り合えるようになれば、小さいながらも復縁の希望を実感できるでしょう。 しかも相手が誰とも付き合っていないと分かれば「チャンスがある。早く復縁したい」という気持ちも高ぶります。 しかし、焦ってはいけません。 もちろん最終的には恋人のポジションを狙いますが、最初から露骨に狙うのはよくない。 いきなり恋人のポジションを狙うと、焦ったり強引だったりする印象が出やすくなります。 急に親密な関係になろうとすると、無理が生じやすいため、余計な誤解や摩擦が生まれます。 限度を超えると、ストーカーと思われても仕方ありません。 では、最初はどんな関係を目指せばいいのか。 まず目指したいのは「対等な友達関係」です。 あくまで最初は、友達として接します。 お互いの関係も、上下関係が出ないように、できるだけ対等を目指しましょう。 階段を1段ずつ上がっていくイメージが大切です。 そうすれば、失われた信頼関係も少しずつ取り戻しやすくなります。 友達関係としてどんどん親密になっていけば、あるときから恋人関係に昇格できるチャンスに恵まれます。 いきなり恋人のポジションを狙うのではなく、対等な友達関係から始める。

13
★2

復縁を申し込まれても、すぐ返事をしない。
最低でも3日間は考える時間を作る。

復縁を申し込まれたら、すぐ返事をしてはいけません。 たとえ今すぐ復縁にOKしたくても、返事を待ってもらったほうがいいでしょう。 すぐ返事をすると、勢いの復縁を犯しやすくなるからです。 嬉しい感情で心が揺さぶられているときは、視野が狭くなり、思考力が低下しがちです。 感情的な決断は、後悔を招くもと。 間違った判断・決断をしないためにも、落ち着く時間を作りましょう。 復縁を申し込まれても、最低でも3日間は返事を待つのが定説です。 「3日間も待っていたら嫌われる」と思うなら、相手からその程度しか愛されていない証拠です。 3日間程度で冷める恋愛感情なら、最初から復縁しないほうが賢明です。 本当に愛されているなら、3日どころか1週間でも2週間でも、同じ愛情のまま待ってくれます。 最低でも3日間は返事を待ってもらい、頭を冷やしてじっくり考えましょう。 「本当に復縁していいのだろうか」 「相手は本気だろうか」 「復縁したら、どんな交際になるだろうか」 さまざまな可能性を考えた上で、最終的に結論を出しましょう。 結論を出すまでに時間はかかりますが、その結論の出し方は間違っていません。 落ち着いて考える時間はあったほうが、間違った復縁を避けられます。 復縁を申し込まれても、すぐ返事はせず、最低でも3日間は考える時間を作る。

14
★0

久しぶりにメールを送るなら、送信時間に注意すること。

久しぶりにメールを送るなら、送信時間に注意しましょう。 一番避けたい時間帯は、深夜帯です。 別れた人のことを考えていると、深夜にメールを送ってしまうことがあります。 「時間帯なんて自由でいいではないか」と思うかもしれませんが、むしろ重要なポイントです。 夕方や浅い夜ならまだいいのですが、深夜にメールが来ると相手は驚くでしょう。 メールの送信時間が非常識な時間帯だと、相手はさまざまな事情を考えるでしょう。 「なぜメールの送信が、こんな夜遅いのだろうか」 「寝付きが悪いのかな」 「昼夜逆転の生活を送っているのかな」 「自分のことを思い出したのが、たまたま深夜だったのだろうか」 「心配させるために、わざとなのかな」 どれも余計な不安を与える材料になることは変わりありません。 久しぶりに元恋人からメールをもらっても、不自然な送信時間が気になり、内容を素直に受け止めにくい可能性があります。 久しぶりにメールを送るなら、常識的な時間を心がけましょう。 おすすめは日中です。 外が明るい時間帯にメールを送ったほうが、相手は驚きつつも、冷静な思考でメールを読んでくれるでしょう。 返信を考える時間にも余裕ができます。 タイミングがよければ、当日中に返信してもらえるかもしれません。 久しぶりのメールだからこそ「普通の時間帯」を意識しましょう。 久しぶりに送るメールは、日中を心がける。

15
★3

久しぶりのメールでは、返信を強制する終わり方をしない。

久しぶりにメールを送るとき、メッセージの終わり方に注意があります。 「返信を強制する終わり方をしない」という点です。 返信を強要するメールの終わり方は、あまり印象がよくありません。 もちろん「お元気ですか」「お仕事は順調ですか」という程度ならいいのです。 疑問系の言葉ですが、あくまで挨拶や決まり文句の範囲であり、返信を強制するものではありません。 しかし「返信をお待ちしています」「必ず返信してください」などの表現はやめたほうが賢明です。 相手の立場に立って考えてみましょう。 元恋人からの久しぶりのメールでいきなり命令されると、誰でもいい気はしません。 中には「別れた人ともう連絡を取りたくない」と思う人もいるはずです。 「必ず返信させたい」という相手の強引さが感じられるため、もやもやした気持ちになるでしょう。 返信を強制する終わり方は悪印象を与えやすくなり、復縁の第一歩からつまずきやすくなるのです。 メールは、相手を明るく応援する締めくくり方がおすすめです。 「これからも、お仕事頑張ってくださいね」 「遠くから成功を祈っています」 明るく締めくくったメールは好印象です。 つい返信したくなるようなメールの終わり方のほうが、返信してもらいやすくなります。 メールは一度送信すると取り消せません。 一言に注意を払った上で送信しましょう。 返信を強制するメールを送らない。

16
★0

久しぶりに送るメールの参考例。

久しぶりに送るメールは、基本的に自由です。 「返信を強制しないこと」「長くなりすぎないこと」の2点さえ注意すれば、あとは自由。 反省に触れてもよし。 思い出に触れてもよし。 さりげなく食事に誘うのもよし。 自分らしい内容で送るといいでしょう。 しかし中には、自由すぎるからこそどんな内容がいいか分からない人もいるはず。 そんな人は、参考になる一例をご紹介します。 ▼久しぶりに送るメールの一例 こんにちは! 突然ですが、覚えていますか。 以前に仲良くしてもらった○○です。 お元気ですか。 あれからもう○カ月も経ちますね。 ふと思い出して懐かしくなり、メールしてみました。 あの頃のことは、いろいろ反省しながらも、すてきな思い出の1つになっています。 これからも、頑張ってくださいね! もし迷惑なメールでしたら、ごめんなさい。 ▲ あくまで参考です。 このまま使うのではなく、自分らしさが出るように言葉をアレンジしてみるといいでしょう。 絵文字を加えると雰囲気が柔らかくなり、相手も返信しやすくなるでしょう。 久しぶりのメールの例を参考にする。

17
★1

相手の返信がある前に、連続でメールを送らない。

メールのマナーで注意したいのは、連続で送るメールです。 だんだん仲良くなっている手応えがあると、気持ちが高揚しやすくなります。 「もう一言伝えたい」という気持ちが強いと、自分を抑えきれなくなる。 そんなとき、つい調子に乗って、相手の返信がある前にメールを送りがちです。 もちろんメールを送った後、伝え忘れたことを思い出したなら、相手の返信がある前にメールを送るのも分かります。 あくまで「補足」という意味のメールなので迷惑にはならないでしょう。 しかし、事情があるわけでもなく、連続で送るメールは控えたほうがいいでしょう。 相手はどう感じるでしょうか。 送られてきたメールの返信をする前に、次のメールがやってくると驚くでしょう。 「ちょっと待ってほしい」と思い、少し困るに違いありません。 相手から「早く返信してほしい」とせかされているように感じます。 さらにメールが3通も4通も連続でやってくると、驚きを通り越して、恐怖を感じるに違いありません。 一方的で押し付けがましい印象があり、ストーカーのような雰囲気が出やすくなる。 好かれるどころか、嫌われやすくなります。 復縁したいなら、常に相手の立場を考えるのが基本です。 いくら相手に好意を伝えたくても、連続してメールを送らないこと。 コミュニケーションはキャッチボールが大切ですから、メールもキャッチボールが大切です。 相手の返信がある前に、連続でメールを送らない。

18
★1

例文の丸写しでは、相手の心を動かせない。

「どうメールを送ればいいか分からない」 そんなとき頼りになるのが、例文です。 書籍・雑誌・インターネットなどでは、参考になるメールの例文を見かけることがあります。 もちろんビジネスなら、例文をテンプレートとしてそのまま使うケースがあります。 ビジネスは、余計な情を含めないのが常識です。 情を含めず、分かりやすく簡潔な内容を突き詰めると、似たようなメールになりがちです。 著作権に触れないよう重要部分さえ書き換えれば、常識の範囲で例文の丸写しが広く一般的になっています。 しかし、心が関係する場面では違います。 心が関係する場面では、例文の丸写しができても、しないほうがいい。 例文の丸写しでは、相手の心を動かせません。 形式張っている上「どこかで見聞きしたことがある」という雰囲気が出ます。 それどころか、不自然な様子が漂い始めます。 例文をそのまま使うと「あなたらしくない文章」になってしまうからです。 相手はすぐ「例文を参考にしたな」と見抜くでしょう。 どんなに美しい言葉でも、借りてきた言葉だと見抜かれたら、感動どころかがっかりさせます。 心が関係するメールでは、例文を参考にしつつも、できるだけ自分の言葉で表現すること。 世の中にある例文は、あくまで参考です。 例文を参考にしつつ、できるだけ自分の言葉で表現することを意識しましょう。 自分の言葉で表現するから、相手の心を動かせます。 心が関係するメールでは、例文を参考にしつつも、できるだけ自分の言葉で表現する。

19
★1

送信先を間違えたふりをして、復縁をほのめかすテクニック。

復縁のテクニックの1つに、ユニークな方法があります。 「送信先を間違えたふりをしてメールを送る」という方法です。 相手と何度かメールをしているとき、わざと送信先を間違えたふりをしてメールを送ります。 メールの内容は、元恋人の存在が気になっていることをさりげなくほのめかした内容にします。 はっきり相手の名前を出しません。 メールも、直接的な表現は避け、復縁をほのめかすようにします。 「最近、頭から離れないよ」 「以前の私とは違う。大丈夫だよね」 「考えるだけでどきどきして、胸が締め付けられる」 相手は、急に意味の分からないメールが届いて困惑するでしょう。 後から「送信先を間違えた」という謝罪のメールを送れば、さほど迷惑にもならないはずです。 メールを読むと、相手は「もしかすると自分のことではないか」と思うようになります。 うまくいけば相手の気を引くことができ、復縁の近道を作るきっかけになるでしょう。 ただし、これは上級テクニックです。 さりげない表現にはセンスが必要であり、タイミングも難しい。 あまり露骨に復縁をほのめかすと、逆効果になるリスクもあります。 自己責任の上、状況が許すなら、試してみる価値はあるでしょう。 送信先を間違えたふりをして、復縁をほのめかすメールを送ってみる。

20
★1

せっかちな人は、早まった行動に注意したい。

あなたはせっかちな性格ですか。 ビジネスなら、せっかちな性格は生かし方を工夫すれば、強力なメリットになります。 仕事で行動が早いと、結果も早く出やすくなり、成長も早くなります。 スピードが速いと、信頼関係の構築もスムーズになります。 事実、成長する人も企業も「スピードがある」という共通点が目立ちます。 しかし、いくら自分がせっかちであっても、復縁では露骨に見せないことをおすすめします。 復縁で露骨にせっかちな性格を出すと、早まった行動が失敗を招きやすくなるからです。 せっかちな人は、その性格上、アプローチが強引になりやすい傾向があります。 冷却期間中であるにもかかわらず、つい連絡を取ってしまう。 相手からのメールの返信が遅いと、いらいらしてしまう。 デート中も、相手のペースを考えず、早歩きになりやすい。 本人に悪気はなくても、相手が「不快」「迷惑」「強引」と感じたならNGです。 せっかちは素晴らしい性格ですが、生かし方を誤ると、復縁の妨げになります。 せっかちの自覚があるなら、復縁では、できるだけ表に出さないよう心がけておきましょう。 むしろ余裕を持った行動を心がけるほうが、復縁ではプラスに働きます。 せっかちな性格が我慢しきれず表に出そうなら、趣味や仕事など、別の分野で発揮しましょう。 せっかちな性格を、直接復縁にぶつけない。

21
★1

久しぶりの再会では、主導権に注意する。

久しぶりの再会では、主導権の偏りに注意しましょう。 自分と相手のどちらに主導権があるかで、復縁の成功率も変わります。 久しぶりに会ったときは「変わったところを見てほしい」と思って、自分が主導権を握りたくなるかもしれません。 もちろん難しい場面では、より詳しい人が主導権を持って物事を決めるほうがスムーズになります。 しかし自分が復縁のアプローチをする側なら、相手に主導権を譲るのが賢明です。 復縁を実現させるためには、相手に好意を持ってもらわなければいけません。 復縁を申し入れる立場上、あまり偉そうなことを言っていると、強引な印象が強くなるでしょう。 常に相手の立場を考え、不快にさせるようなことを避ける必要があります。 復縁のアプローチをする側なら、事情がないかぎり、相手に主導権を譲るほうが物事はスムーズに進みます。 ただし、注意点があります。 いくら相手に主導権を譲るとはいえ、極端はよくありません。 相手の言うことばかり聞いていると「都合のいい人」として扱われる可能性があります。 相手に主導権を譲りつつ、譲れないところではきちんと主張することも必要です。 主導権を譲りつつも、偏りすぎないこと。 迷ったときは、話し合うのが一番です。 お互いの考えを尊重した上で判断すると、余計なトラブルを避けられます。 復縁のアプローチをする側なら、できるだけ相手に主導権を譲る。

22
★5

復縁では話を聞く技術が重要。
話を聞く上で欠かせない3項目とは。

復縁するには、相手と心の隔たりを埋めなければいけません。 一度別れているため、冷めた関係を温め直すためにも、相手の話をよく聞くことが大切です。 復縁では、話を聞く技術が重要。 いくら自分磨きで魅力がアップしていても、話を聞く姿勢がないと、相手は復縁をためらうでしょう。 しかし実際のところ、話を聞く技術は奥が深い。 すぐ習得できるものではなく、さまざまなタイプの人と接しながら、経験を積むことが必要です。 もし話を聞く技術に自信がなければ、次の3つだけ徹底してみてください。 話を聞く上で欠かせない3項目です。 (1)適度に相づちを打つ 無言でじっとしたままで聞いていると、相手は「きちんと聞いているのだろうか」と不安になるでしょう。 たとえ真剣に話を聞いているつもりでも、相手を不安にさせる聞き方はよくありません。 「うん」「そうだね」「なるほど」という一言があるだけで、会話の流れはスムーズになります。 (2)話を最後まで聞いてから返事をする 相手の話を途中で折るのはよくありません。 きちんと相手の話を最後まで聞いて、その内容を踏まえて返事をするようにしましょう。 丁寧な会話のキャッチボールができるようになり、落ち着いた会話がしやすくなります。 また、勘違い・言い間違い・聞き違いも防ぎやすくなります。 (3)できるだけ肯定する 相手の話はできるだけ肯定しましょう。 もちろん重要なことに誤解があるなら反論も必要ですが、小さなことなら聞き流す余裕を持ちたい。 「少し違うな」と思うことがあっても、重要でなければ、できるだけ肯定するようにします。 以上、3点の心がけを徹底するだけで「話を聞く技術は飛躍的に向上する」と言っても過言ではありません。 たくさん心がけるのは大変ですが、3つだけなら難しくはないでしょう。 復縁の話し合いでは「適度に相づちを打つ」「話を最後まで聞いてから返事をする」「できるだけ肯定する」の3つを徹底する。

23
★0

再会のとき、NGにもかかわらず、ありがちな身だしなみとは。

元恋人と久しぶりに再会するとき、どんな身だしなみを心がけますか。 再会のとき、NGにもかかわらず、ありがちな身だしなみがあります。 それは、相手からプレゼントされたものを身につけていくことです。 たとえば、服・アクセサリー・時計・香水などです。 一見すると、プレゼントされたものを身につけるのは、好印象につながりやすいと思うかもしれません。 以前にもらったプレゼントを大事にしている様子を見せれば、普通は「プレゼントをしてよかった」という反応をするでしょう。 もちろん喜んでくれることもあるでしょうが、復縁の場合、少し事情が変わります。 実際は複雑な気持ちになる人も多いはずです。 相手の立場になって考えてみてください。 すでに2人の関係は終わっています。 にもかかわらず、自分がプレゼントしたものをいまだに身につけている姿は少し不自然に映るでしょう。 大事に持っているのは嬉しい反面、遠回しに「未練がある」「復縁したい」というニュアンスに感じるかもしれない。 久しぶりの再会は印象が大切です。 確実に復縁を望むなら、誤解を与えやすい身だしなみは避けたほうがいいでしょう。 相手からプレゼントされたものが気に入っていても、あえて身につけていかないほうがいいでしょう。 身につけるものは、相手と無関係のものが無難です。 久しぶりの再会では、相手からプレゼントされたものを身につけていかない。

24
★2

復縁の成功率を上げるキーワードは「結婚」。

復縁は、結婚を前提としてするのが基本です。 別れた人とよりを戻すのは、大きな勇気が必要です。 同じ失敗を2回も繰り返すのは、お互いにとって苦しいだけでしょう。 交際はお互いの人生が関係するため、復縁にも慎重になるのが普通です。 したがって復縁は、その人と結婚するつもりでアプローチするのが一般的です。 さて、結婚を前提として復縁をするなら「結婚を前提としている」という意志表示が必要です。 「言わなくても分かるだろう」という考えはよくありません。 思っていることはきちんと言葉にして伝えなければ、相手に伝わりません。 もし状況が許せば、復縁の話し合いのとき、きちんと伝えておくといいでしょう。 「結婚を前提に復縁したい」 はっきり言えば相手は驚くでしょうが、少なくとも本気であることは伝わります。 「今度こそ幸せにする」「もう間違いは繰り返さない」というニュアンスもひしひし伝わる。 誠意を見せる意味で、これ以上の一言はありません。 「結婚」というキーワードを出せば、復縁の成功率も上がるのです。 復縁の話し合いのとき、状況が許せば「結婚を前提としている」という意志表示をしておく。

25
★0

別れていた間に付き合っていた人の話は、避けるのが賢明。

別れていた間、相手は別の人と付き合っていたこともあるでしょう。 別れてしまえば、誰と付き合っても自由。 別れていた間に相手が別の人と付き合っていたことを知れば、興味本位で聞きたくなるかもしれません。 何がきっかけで付き合い始めたのか。 どんな人だったのか。 相手はどんな仕事をしている人だったのか。 どんな付き合い方をしていたのか。 なぜ別れたのか。 もちろん表面的な話ならいいのですが、深いプライベートまでしつこく聞くのは要注意です。 無理やり聞き出そうとするのはデリカシーがありません。 相手が別れていた間に誰と付き合おうと、自分には関係のないこと。 深いことまで問い詰めると、相手の気分を悪くさせることがあります。 気になったとしても「知らなかったよ」「そうだったのだね」と軽く流す程度がいいでしょう。 気になる気持ちをぐっとこらえることも大切です。 ましてや比較に関する話題はタブーです。 「私よりいい人だった?」 「どちらがお金持ちだったの?」 「私と付き合っていたときと比べて、どちらが幸せだった?」 自分のプライドが反応すると、自分との交際と比較しがちです。 勝ち負けを争ったところで不毛です。 つまらない比較は、相手をげんなりさせます。 この心がけは、自分が誰かと付き合っていた場合でも同じです。 別れていた間、自分が別の人と付き合っていたとしても、話をしすぎないよう注意しましょう。 ほかの異性の話をしすぎると、復縁の妨げになることがあります。 「あなたのほうがよかった」と褒めるつもりでも、少なからず下品な印象があります。 復縁のリスクになりやすいため、無難に避けておくのが賢明です。 別れていた間に付き合っていた人の話は、お互いできるだけ避ける。

26
★0

自分勝手な音信不通で別れた後の復縁は、可能なのか。

自分勝手な音信不通で別れた後の復縁は、可能でしょうか。 もちろん可能性はあると考えていいでしょう。 相手は不本意のまま別れたことになるため、まだあなたに恋愛感情が残っている可能性があります。 ただし、スムーズに復縁できるかどうかは別問題です。 一方的な音信不通による別れ方は、誠意に欠けています。 ひどく信頼を損ねる別れ方をしたため、復縁には険しい道のりがあるでしょう。 普通に謝って反省するだけでは済まない場合が多い。 復縁するには、まず突然音信不通になった理由を説明することが必須です。 適当な嘘でごまかすのはいけません。 嘘でごまかそうとしても、相手に見抜かれ、余計に不信感を募らせるでしょう。 その上で、失った信頼関係を少しずつ取り戻していく必要があります。 急に一方的な行動で別れたわけですから、すでに前科があります。 「もう音信不通なんてしない」といっても、簡単には信じてくれないでしょう。 小さな約束を1つずつ守っていくところからやり直しです。 デートの時間には遅刻をしない。 隠し事はなく、正直な姿を見せる。 小さな悩みでもきちんと相談する。 相手の話を親身になって聞く。 嬉しいことは一緒に喜び、悲しいことは一緒に悲しむ。 最終的にはあなたしだいです。 じっくり時間をかけて、信頼関係を取り戻していけば、復縁のチャンスはあります。 自分勝手な音信不通で別れた後の復縁にも、希望を持って挑む。

27
★1

復縁ソングには、復縁を応援する歌詞が詰まっている。

音楽を楽しむなら、復縁ソングを聴いてみてはいかがでしょうか。 恋愛ソングや失恋ソングは有名ですが、世の中には「復縁ソング」というジャンルもあります。 復縁ソングには、復縁を応援する歌詞が詰まっています。 元の関係に戻りたいときの繊細な歌詞を聴くと、心が共鳴します。 聴いているだけで、やる気や元気が出てきたり、勇気や自信をもらったりできるでしょう。 復縁が達成できる日まで、復縁ソングからパワーをもらってみてはいかがでしょうか。 友達から応援されたときもパワーをもらえますが、復縁ソングから応援されるのも、ひと味違ったパワーをもらえます。 カラオケで思いきり歌えば、復縁したい気持ちが倍増するに違いありません。 音楽はあなたの味方です。 心が折れそうなとき、励ましてくれる存在になってくれるでしょう。 心が不安定なときこそ、音楽の力が有効です。 探し方は簡単です。 「復縁ソング」というキーワードで検索すれば、選ぶのが大変なほどたくさんの曲が見つかるでしょう。 早速今から、自分に合った復縁ソングを見つけに行きませんか。 復縁ソングから、パワーをもらう。

28
★0

頑固な人は、復縁カウンセラーに頼っても失敗しやすい。

頑固な人は、復縁カウンセラーに頼っても失敗しやすい傾向があります。 カウンセラーからアドバイスされても「それは違う」と否定をする。 せっかく素晴らしい計画を提案されても「うまくいくはずがない」と思って信じない。 「こうしたほうがいいのではないですか」と改善を提案されても「そんなことはない」と拒否をする。 いくらプロのカウンセラーでも、相談者が頑固では意味がありません。 カウンセラーを頼るなら、まずしっかり素直になっておきたい。 カウンセラーのアドバイスは、しっかり話を聞いた上でのアドバイスなので有益です。 まず自分にアドバイスを受け入れる姿勢がなければいけません。 「自分は頑固だ」「人の話をあまり聞かない」などの自覚がある人は、特に注意したほうがいいでしょう。 頑固な人であっても、復縁したいなら、素直になりましょう。 その頑固が、別れた原因になっているのかもしれません。 別れた人との関係を改善する前に、自分の頑固な性格を改善するほうが先かもしれません。 せっかくお金を支払って相談するのですから、どんな話でも、一度すべてを受け入れる姿勢が大切です。 反発のある意見でも、一度素直に受け止めることで、はっと気づかされることも見つかります。 頑固をやめるだけで、復縁の成功率が上がると言っても過言ではありません。 復縁カウンセラーに相談するときは、頑固な人であっても、素直になっておく。

29
★0

別れた原因を誤解していないか。

なかなか復縁がうまくいかない。 そんなとき、もう一度、別れた原因を見直してみてください。 なかなか復縁がうまくいかないケースに「別れた原因の誤解」が関係している場合があります。 たとえば、自分は「別れた原因はお金の無駄遣い」だと思っていても、相手は別の原因を考えているかもしれません。 この場合、別れた原因を改善しても、そもそも相手が別れた原因が見当違いなら、的外れの対策になります。 別れた原因を解消しているにもかかわらず「相手が取り合ってくれない」という事態になるのです。 人間は、思い込みをする生きものです。 一度「これだ」と思い込むと、ほかの可能性が見えなくなることがあります。 すでにあなたは別れた原因が分かっているつもりかもしれません。 しかし、本当にそれが原因なのか、もう一度よく考えてみてください。 別れの原因が1つだけとは限りません。 いくつかの小さな原因が同時に影響している可能性もあるでしょう。 付き合っていた頃の細かいところまでよく思い出しましょう。 相手の態度が変わり始めたときを中心に思い出せば、より正確な原因を見つけやすくなります。 心を大きくして「これも原因の1つではないか」と考える余裕を持ちたい。 きちんと別れた原因を把握するからこそ、悪かった部分の改善もスムーズにできます。 別れた原因を誤解していないか、もう一度よく考えてみる。

30
★2

厳しい言葉で復縁を断られても、仕返しなんてしないこと。

すべての復縁がうまくいくとは限りません。 残念ながら、復縁に失敗することがあります。 優しい言葉で丁寧に復縁を断られるのはまだいいほうです。 時には厳しい言葉で復縁を断られることもあります。 たとえば、人格を否定されたり、プライドを傷つけられたりなどです。 「あなたよりいい人は、いくらでもいる」 「復縁するくらいなら、死んだほうがまし」 「あなたの悪い顔を見るだけで吐き気がする」 こんな言い方をされれば、誰でも不快になって当然でしょう。 心が傷つくことを言われると頭に血が上り、かっとなってしまいがちです。 好意をよせていた人が、一転して憎たらしく思えるようになる。 「悔しい。許せない。仕返しをしてやりたい」 異常な考えを浮かべる人もいるかもしれません。 しかし、どんなに腹が立っても仕返しをしてはいけない。 たしかに相手の言い方は不適切ですが、腹いせでやり返すと、結局は相手と同じレベルになります。 わざと相手が嫌がることをして困らせるのは、完全な迷惑行為。 場合によっては、刑事事件に発展する可能性もあります。 大きな事件に発展すれば、自分の人生に消えない傷が残ります。 プライドを傷つけられるような言葉で断られても、冷静になること。 相手を恨んだり憎んだりしません。 仕返しもしません。 復縁の失敗では、相手から厳しい言葉を言われることもあります。 「仕方ない」という一言を自分に言い聞かせ、次のステップに進みましょう。 復縁に失敗して腹が立っても、絶対仕返しはしない。

同じカテゴリーの作品