人生の教科書



復縁
突然会いに行かない。
復縁
復縁は、普通の恋愛と違う。
復縁
復縁は、ゴールではなく、通過点。
言葉
「縁を感じますね」と言っていますか。
復縁

復縁後、
結婚に導く
30の方法

  • 復縁の成功とは。
復縁後、結婚に導く30の方法

もくじ

1
★2

復縁の成功とは。

復縁の成功とは何でしょうか。 普通に考えれば「よりが戻ること」「以前のような関係に戻ること」などと考えるのではないでしょうか。 たしかにそれも復縁の成功と言えますが、まだ成功が本物かどうか分かりません。 復縁できても、再び別れることになるかもしれないからです。 結局別れることになれば、本当の意味で「復縁に成功した」と呼ぶのは難しいでしょう。 では、復縁の本当の成功とは何か。 復縁の本当の成功とは、よりが戻った後も良好な関係が続くことを言います。 復縁は、あくまで努力の積み重ねが実って一定の形になっただけであり、まだ完成ではありません。 いわば通過点であり、その後が大切です。 せっかく戻った関係が壊れないよう、復縁してからもお互い支え合う関係が大切です。 積み上げてきた信頼関係が壊れないよう、言葉遣いも態度も注意します。 嘘はつかない。 愛し合い、助け合い、尊敬し合う。 頑張ろうという意識がお互いにあってこそ、良好な関係が長続きします。 復縁ができれば「半分成功した」と思うくらいがちょうどいいでしょう。 むしろ復縁してからが本番です。 最終的には結婚まで目指したい。 結婚まで良好な関係が続いてこそ、本当の意味で「復縁が成功した」と呼べます。 復縁の本当の成功は「よりが戻った後も良好な関係が続くこと」として考える。

2
★0

復縁は、ゴールではなく、通過点。

復縁をどう考えるかが大切です。 復縁をゴールと考えてはいけません。 もちろん復縁できるまでは、一時的な目標として「ゴール」という考え方もいいですが、現実は違います。 復縁は通過点です。 復縁すれば、良好な関係がずっと続くとは限りません。 復縁の反動で油断をすれば、関係が悪くなり、再び別れることになるでしょう。 事実、苦労して復縁したにもかかわらず、再び別れることになったカップルも数多く存在します。 「もう大丈夫だよね。少しは嘘をついてもいいよね。約束を破ってもいいよね」 復縁して喜ぶのはいいのですが、調子に乗って度を越えて振る舞うのはよくありません。 信頼関係は、築き上げるのは大変ですが、壊れるのは一瞬です。 小さな過ちで、時間をかけて築き上げてきた信頼が簡単に壊れてしまうことがあります。 復縁はなかったことにしようと、相手から再び別れの申し出があるかもしれない。 復縁は、あくまで通過点です。 むしろ「復縁してからが本番」という考えが大切です。 復縁しても油断せず、引き続き、良好な関係を続けていく努力が大切です。 復縁後も良好な関係が長く続くことが、本当の意味で復縁の成功です。 復縁は、ゴールではなく、通過点と考える。

3
★1

復縁後の3カ月間は、特別期間。

手間暇をかけてようやく相手からOKをもらえば、晴れて復縁の成功です。 努力が実って復縁できた直後は、まさに幸せでいっぱいでしょう。 さて、大喜びをするのはいいのですが、このときによくある失敗があります。 油断です。 努力が実って緊張から解放された直後は、反動で言葉や態度が緩みやすくなります。 「復縁できれば、ひとまず安心」と思ってしまう。 もちろんある程度のリラックスはあってもいいのですが、油断には注意が必要です。 復縁できたとたん、言葉遣いや態度が悪くなる。 約束したことを早速破る。 復縁の裏話を、すべて打ち明けてしまう。 これではせっかく成就した復縁が、再び破局になってしまうでしょう。 復縁できたとたん急変すると、相手を幻滅させてしまい、復縁を取り消されるかもしれません。 復縁ができても、しばらくはデリケートな関係が続いていると考えておきましょう。 最低でも、復縁後の3カ月間は、特別期間です。 この期間は、特に油断しないことをおすすめします。 復縁の話し合いのときにした約束は、きちんと守り通すこと。 相手が知らない復縁の裏話がある場合、ショッキングな内容なら、最低でも3カ月間は告白を控えておくのがいいでしょう。 真実を話すと、相手によっては悪く受け止めることがあります。 裏話の内容によっては、隠し続けたほうがいいこともあります。 復縁後の3カ月間は、特別期間として慎重になっておく。

4
★2

復縁後の初デートは、2人が初めてデートした場所が最高。

復縁後の初デートはどこにしますか。 もちろん場所は自由ですが、もし迷っているなら、おすすめ場所があります。 2人が初めてデートした場所です。 復縁後の初デートで2人が初めてデートした場所に行くと、不思議な高揚感を体験できるでしょう。 場所の力は絶大です。 そこに行くだけで、当時の情景や気持ちを思い出させる力があります。 同じ場所で同じ行動をなぞってみましょう。 「そういえばこんなことがあったね」と思い出話が盛り上がるでしょう。 当時の初々しい様子を思い出せ、新鮮な気持ちにさせてくれます。 どきどきした気分だったこと、幸せな気持ちだったこと、新鮮な感覚だったこと。 照れながら手をつないだこと、緊張しながら歩いていたこと、恥ずかしさを笑いでごまかしていたこと。 当時の初々しい自分を思い出し、懐かしくて甘酸っぱい気持ちになるでしょう。 初めてデートのときと同じレストランで、同じ料理を食べれば最高です。 「これを食べたよね。こんな話をしたよね。こんな関係だったね」 思い出が次々思い出され、幸せな気持ちになれます。 初心に返ることができ「これからもよろしくね」という雰囲気に包まれるでしょう。 復縁後の初デートで、2人が初めてデートした場所を選べば、そのことも思い出になります。 「今度こそはうまくいかせよう」という気持ちも高まります。 2人にとって特別な場所を選べば、2回目の交際をスムーズにスタートできるでしょう。 復縁後の初デートは、2人が初めてデートした場所にする。

5
★1

復縁したら、復縁を祝うイベントを開こう。

復縁後、最初にしたいこと。 それは、復縁を祝うイベントです。 長期間の努力が実って、復縁ができたなら、まず復縁を祝うイベントを開きましょう。 もちろん復縁を祝うイベントはなくてもいいですが、やはりあったほうがいいでしょう。 復縁を祝うイベントは、復縁したカップルしかできません。 長い人生の中でも、一度あるかないかの貴重なチャンス。 限られたチャンスですから、きちんと祝っておいたほうが後悔を減らせます。 2人で楽しめるイベントなら何でもかまいません。 たとえば、豪華な食事に出かけてみてはいかがでしょうか。 きちんと予約して、おしゃれをして、ロマンチックなレストランで食事をします。 大切なイベントなので、こういうときだけは豪華な食事でもOKです。 復縁の喜びを確かめ合える、印象的な出来事になるでしょう。 お金と時間に余裕があれば、旅行に行くのもいいでしょう。 遠くの土地に行くのもいいですが、近場でも立派な旅行です。 日帰りの小旅行でも、十分よい思い出になります。 もし車と運転免許証があれば、予算をかなり抑えられるはずです。 復縁を祝うイベントを開くことで、早速2人に共通の思い出ができ、結束力が強くなります。 イベントを通して仲が深まれば「別れたくない」という気持ちも強くなります。 2人にとってよい節目になり、復縁後の交際を幸先よくスタートできます。 復縁できれば、復縁を祝うイベントをする。

6
★2

復縁前と同じ付き合い方をしない。

復縁後は、復縁前と同じ付き合い方をしてはいけません。 復縁前と同じ付き合い方をすると、同じ失敗を繰り返すからです。 「同じ付き合い方でもいいではないか」と思いますが、それが油断です。 以前と同じ付き合い方で問題なく付き合えていても、まだ問題が大きくなっていないだけのこと。 いずれ問題が大きくなっていくでしょう。 最終的に前回と同じような流れで悪い結末を迎える可能性があります。 大きなダムも、小さなひびから始まることを思い出してください。 もちろんすべての付き合い方を変える必要はありませんが、揉める原因になった付き合い方だけは改めることが必要です。 たとえば、前回の交際のときに優しさが足りなかったなら、今回の交際では優しく接したほうがいいでしょう。 頑固な性格で迷惑をかけていたなら、今回の交際では素直を心がけます。 自己主張が強すぎていたなら、今回の交際では謙虚を意識します。 きちんと成長した自分を見せること。 改善した様子を見せれば、相手は「変わった。立派になった」と感心するでしょう。 復縁は、一度別れを経験しているため、普通の恋愛とは違います。 だからこそ復縁後の交際は、普通の恋愛以上に気持ちを引き締めておく必要があります。 なかなか付き合い方を変えるのは難しいかもしれませんが、ぜひ頑張って挑戦してみてください。 付き合い方の改善は、交際をうまく進めるコツであると同時に、自分を変える挑戦でもあります。 きちんと自分を変えることができれば、あなたにとっても本当の成長になります。 復縁前と同じ付き合い方をしない。

7
★2

復縁後、また新しい不安との戦いが始まる。

「ようやく復縁できた。これでもう不安から解放される」 そう思っていても、残念ながら復縁後、別の不安が襲いかかってくるでしょう。 「また別れるのではないか」という不安です。 不安が去って、また別の不安がやってくる。 復縁後、また新しい不安との戦いが始まるのです。 そこでがっかりしないでください。 そもそも完全に不安を消すのは不可能です。 世界一のお金持ちでも「盗まれるのではないか」という不安があります。 世界一の大きな家の持ち主でも「火事になるのではないか」という不安があります。 ではどうするか。 不安は、苦しむのではなく、生かしましょう。 「また別れるのではないか」と思えば、そうならないよう、付き合い方の注意喚起に生かしましょう。 「もっと優しく接しよう」「もっと相手を大切にしよう」という意識を高めれば、不安が役立ちます。 不安と上手に付き合っていくことが、恋人と上手に付き合っていくことでもあります。 「また別れるのではないか」という不安は、苦しむものではなく、生かすもの。 不安を消すのではなく、不安と仲良く一緒に歩むようにしましょう。 不安を前向きに受け止め、上手に生かすことができれば、引き締まった交際が長続きします。 不安は、ただ苦しむのではなく、付き合い方の注意喚起として利用する。

8
★2

「また別れるのではないか」という不安を、相手にぶつけない。

復縁前は「本当に復縁できるのだろうか」という不安で悩むでしょう。 復縁後は「また別れるのではないか」という不安で悩むでしょう。 不安が消えては、また新しい不安がやってきます。 しかし「また別れるのではないか」という不安を感じることはあっても、相手にぶつけるのはよくありません。 「将来が不安でいっぱい」 「また同じ失敗を繰り返しそう」 「寂しい、苦しい、怖い」 不安は、いつの間にか相手にぶつけやすい。 少なくとも明るい話題ではありません。 相手は最初「そんなことない」「大丈夫」と励ましてくれるでしょうが、何度も繰り返していると、うっとうしく思われます。 たとえ悪気はなくても、相手を疲れさせ、迷惑になるでしょう。 口にしていることは、現実に変えてしまう力があります。 何度も不安をぶつけ続けていると、相手もだんだん不安になってくるでしょう。 最初は笑って済ませていた不安が、だんだん現実に近づくのです。 どうせ相手にぶつけるなら、不安ではなく、安心にしましょう。 「大丈夫だよ。もう何も心配はない」 「絶対に今回はうまくいくよ」 「いつまでも一緒にいようね」 「誰かが邪魔してきても、負けない自信がある」 「もっと仲良くなって、世界一のカップルになろう」 安心なら、いくらぶつけても大丈夫。 言えば言うほど雰囲気が明るくなり、明るい気持ちを共有できます。 安心の言葉が、暗示のような効果を果たし、2人の結束を強くさせるのです。 相手にぶつけるなら、不安ではなく安心にする。

9
★3

「結婚」というゴールを定める。

復縁後は、2人にとって共通するゴールを定めましょう。 ずばり、結婚です。 もちろん若い時期なら、結婚は意識せずに付き合うのもいいでしょう。 流れに任せて付き合って、面倒になれば別れたらいい。 初めての恋愛や若い時期の恋愛ならまだいいのです。 しかし今回の恋愛は、復縁です。 一度別れという失敗を経験した上で、再び同じ人と付き合うことになりました。 復縁は、普通の恋愛とは違います。 そのため、普通の恋愛より意識を高めておく必要があります。 ゴールを意識せずにぼうっと付き合っていると、だらしない関係になりがちです。 何も将来を考えず付き合い続けるのは、ゴールがないマラソンを走るようなもの。 せっかく復縁できても、目指すべき目標がないと「何のために付き合っているのだろう」となりがちです。 復縁後は「結婚」というゴールを立てておくのがいいでしょう。 復縁がスタートとすれば、結婚はゴールです。 もちろん自分だけ結婚を意識するのではなく、お互い結婚について話し合います。 今すぐ話すのは難しければ、できるだけ近い将来話し合うようにします。 「結婚に向かって頑張る」という目標が共有できると、一体感が生まれます。 少し苦しいことがあっても「結婚」を意識すれば、簡単には別れられなくなります。 余裕があるなら、結婚できそうな時期も話し合っておけば、なお効果的です。 「1年後」「来年の春ごろ」など、大まかな時期が分かるだけでも将来が具体的になります。 結婚の話ができるようになれば、結婚後の生活も想像しやすくなり、お互いの意識が引き締まります。 復縁後は「結婚」というゴールを意識して、2人で共有する。

10
★1

復縁後の連絡頻度とは。

復縁後、連絡頻度に悩むことはありませんか。 ずっと熱々の関係でいたいと思えば、連絡頻度を増やしたくなります。 一方で連絡をしすぎると、相手の迷惑になってうっとうしく思われそうで心配です。 やみくもに連絡頻度を減らすと、今度は2人の関係まで冷めていくでしょう。 増やしすぎても減らしすぎても、弊害があるのが連絡頻度。 さて、復縁後の連絡頻度は、どのくらいがいいのでしょうか。 この正解は、カップルによって異なります。 まず注意したいのは、自分の判断だけで決めてしまうことです。 自分の判断だけで連絡頻度を決めると、失敗しやすくなります。 自分はよいと思っていても、相手はどう思っているか分かりません。 連絡頻度の正解はカップルによって異なりますから、自分だけで決めるのではなく、2人で決めましょう。 「毎日3回は連絡がほしい」という人もいるでしょう。 「3日に1回くらいでいい」と言う人もいるでしょう。 お互いの気持ちを分かち合えば、適度を見つけるのはそれほど難しくありません。 もしお互いの希望がうまく合わなければ、中間を探ると、適度な頻度を見つけやすくなります。 そのほか「連絡手段」「連絡をしていいタイミング」「連絡を避けたほうがいいタイミング」も決めておくといいでしょう。 「必ず連絡してほしいタイミング」「絶対連絡してはいけないタイミング」なども決めておくと、完璧です。 話し合って決めた連絡頻度が、2人にとって正解です。 復縁後の適度な連絡頻度は、自分だけで判断せず、2人で話し合った上で決める。

11
★1

復縁後の距離感の調整は、やりすぎに注意。

復縁後の距離感の調整は、やりすぎに注意しましょう。 前回の失敗を踏まえてお互いの距離感を調整するとき「やりすぎ」という状態が起こりがちです。 たとえば、前回の交際は距離感が離れすぎていたせいで別れたなら、今回の交際では距離感を近づけようと思います。 もちろん正しい改善であり、心がけです。 ところがこのとき「とにかく距離感は、できるだけ近いほどいい」という勘違いをしやすい。 連絡頻度や会う頻度を増やしすぎたり、コミュニケーションがくどくなったりする。 しつこく干渉する場面が増えると相手の迷惑になり、かえって恋愛の妨げになるのです。 逆のパターンもあります。 前回の交際で距離感が近すぎたせいで別れたなら、今回の交際では距離感を遠くしようと思います。 やはり同じように「とにかく距離感が遠ければいい」と思い込み、相手を放置する状態になりやすい。 熱々だった恋愛感情が冷めてしまい、再び破局の危機を迎えることになるのです。 どちらのパターンも前回の失敗を踏まえた改善まではいいのですが、適度を通り越して、やりすぎています。 距離感は、あくまで適度が重要です。 遠すぎてもいけない。 近すぎてもいけない。 適度な距離感は、自分だけで判断せず、きちんと話し合いを通して見つけることが大切です。 2人が納得した距離感が、本当の適度であり、本当の正解です。 前回の失敗を踏まえて距離感を改善するとき、やりすぎないように注意する。

12
★1

復縁してから結婚するまでの期間。

復縁はゴールではなく、あくまで通過点です。 復縁の先には「結婚」という次の目標が待ち受けています。 復縁後、再び別れることがないよう、結婚までの期間も考えておくのが賢明です。 では、復縁してから結婚するまでには、どのくらいの期間がいいのでしょうか。 もちろん2人で話し合って決めるのが基本ですが、やみくもにだらだら関係を続けるのも弊害があります。 交際期間が長ければ長いほど、お互いを十分に知り、関係にも慣れてきます。 ときめくこともなければ、どきどきすることもなくなる。 交際期間が長すぎて、高揚感も新鮮味もない関係が出来上がると、かえって結婚に踏み切りにくくなる可能性があります。 そこで考慮しておきたい目安があります。 3年です。 付き合い始めた頃の恋愛感情は、永遠に続くわけではありません。 一般的に3年ほどすれば、恋愛感情が落ち着くと言われています。 そのため結婚するなら、まだ恋愛感情が残っている3年以内を目指すといいでしょう。 実際のところ、復縁後に結婚できたカップルの多くは、3年以内に結婚している状況が目立ちます。 ただし、3年はあくまで目安です。 世の中には、復縁後、3年以上の交際期間を経て結婚をしたカップルもいます。 あくまで目安ですが、結婚への道筋を考えるとき、参考の1つになるでしょう。 復縁後に結婚するなら、できるだけ3年以内を目指す。

13
★1

結婚を焦ると、かえって結婚から遠ざかる。

復縁ができても、結婚を焦ってはいけません。 もちろん最終的に結婚をゴールとして目指しますが、復縁できたとたん、結婚をせかすのはよくありません。 1日でも早く結婚しようとすると、付き合い方に無理が生じやすくなります。 話をするたびに結婚の話題を持ち出されると、相手はプレッシャーを感じるでしょう。 付き合い方も窮屈になります。 「いつ結婚できるの?」「本当に結婚する気があるの?」などと強く言われれば、相手も返事に困ります。 何度もしつこく「結婚、結婚」と言えば、もはや脅迫されているような感覚になるはずです。 結婚を焦ると、かえって結婚から遠ざかってしまうのです。 結婚に焦ってはいけない。 結婚までは「また別れるのではないか」「本当にうまくいくだろうか」という不安との戦いですが、落ち着きましょう。 結婚は、おおむね復縁してから3年以内を目指したいですが、あくまで目安です。 結婚は、早ければいいというものではない。 事情があれば、もちろん3年先になってもいい。 相手の都合も考えながら、2人にとって無理のないペースで結婚に向けて歩みましょう。 結婚までの道のりは、マラソンのようなものです。 無理なペースで走ると途中で息切れします。 無理のないペースで走るほうが、時間はかかっても確実にゴールができます。 結婚に焦るのではなく、じっくり時間をかけながら絆を作っていくほうが大切です。 強くて太い絆ができれば、お互いにとってかけがえのない存在になります。 復縁できても、結婚を焦ってはいけない。

14
★0

恋人と過ごす予定ばかりを入れない。

「同じ失敗を二度と繰り返してはいけない」 そう思ったとき、恋人と過ごす予定ばかりを入れてしまいがちです。 できるだけ熱烈な関係を長続きさせようと、恋人と過ごす予定を1日でも増やそうとします。 カレンダーや手帳を開いて、何とか空白を埋めようとする。 もちろん恋人と良好な関係を長続きさせる心がけは素晴らしいのですが、恋人ばかりの予定を入れるのはよくありません。 一緒にいる時間は幸せですが、一緒にいすぎるのも問題です。 お互いを束縛し合うように、不自由が増えてしまいます。 1人になって考えたり行動したりする時間がなくなります。 不自由な行動に耐えきれず、生活がうまく進まなくなる。 再び破局する可能性が高くなってしまうでしょう。 大切なのは、1人で過ごす予定です。 恋人ばかりの予定を入れるのではなく、1人で過ごす予定も入れましょう。 1人で買い物に行ったり、映画を見に行ったり、スポーツジムに行ったりなどです。 単なる気分転換でもいい。 これは、恋人を無視することではありません。 恋人関係でも、お互い1人の人間です。 恋人との関係を長く続けるために、1人で過ごす時間も必要です。 恋人といる時間が恋人と向き合う時間なら、1人になる時間は自分と向き合う時間です。 自分と向き合うから、これからの人生の歩み方を正しく考えられるようになります。 1人の時間が充実すれば、気持ちにも余裕ができ、2人で過ごす時間も充実するようになります。 恋人ばかりの予定を入れるのではなく、1人で過ごす予定も入れる。

15
★0

恋人を束縛するのは、地下室で監禁しているのと同じ。

復縁後の関係では、束縛に気をつけましょう。 束縛は、するのもされるのも、要注意です。 「同じ失敗は繰り返さない」と思うと、恋人の行動が心配になり、行動を制限したくなるかもしれません。 もちろん非常識な行動を慎むルールならあっていいでしょう。 たとえば「異性と2人で飲みに行ってはいけない」などのルールなら悪くありません。 友達とはいえ、異性と2人きりで飲みに行くのは注意が必要です。 アルコールが入ると間違いがあるかもしれません。 適度な行動の制限は、復縁後の交際に役立ち、お互いプラスに働くでしょう。 しかし、何でも相手の自由を制限させるのはよくありません。 「絶対飲みに行ってはいけない」 「あらゆる異性と接触してはいけない」 「1日の行動を、毎日細かくメールで報告しなければいけない」 いくら恋人関係を長続きさせるためであっても、これではプラスよりマイナスのほうが目立ちます。 制限が多すぎると、恋人は普通に生活を送ることができなくなる。 もはや束縛になります。 恋人を束縛するのは、地下室で監禁しているのと同じ。 「嫌だ」「苦しい」「逃げたい」という気持ちが強くなり、愛情も冷めてしまうでしょう。 「復縁したのは間違いだった」と思われてはいけません。 相手を信じて、ある程度の自由を与えることも大切です。 お互いに自由な時間があったほうが、のびのびとした交際を続けられます。 束縛になるほど厳しいルールは作らない。

16
★1

自分磨きには終わりがない。
復縁後も自分磨きを続けよう。

復縁する前には自分磨きが必要です。 おしゃれをしたりシェイプアップしたり仕事に役立つ資格を取ったりなどです。 自分に自信がつけば、堂々と復縁のアプローチができ、話し合いも説得力が生まれるでしょう。 できるだけ魅力的になったほうが、復縁率も高まります。 では、復縁できればもう自分磨きはしなくていいかというと、それは違います。 復縁してからも、やはり自分磨きは必要です。 復縁前にしていた自分磨きを、復縁後も続けましょう。 もちろん復縁前と同じように自分磨きを続けるのもいいですが、少しアレンジを加えてはいかがでしょうか。 次の目標は、ずばり結婚。 結婚を意識した自分磨きをしてみましょう。 結婚に向けて必要な取り組みがあれば、今のうちに自分磨きをしておくといいでしょう。 たとえば、料理の腕を磨くことです。 料理のテクニックは、今の交際にも役立つだけでなく、結婚してからも役立ちます。 結婚して子供が生まれたら、体力が必要になるでしょう。 今のうちにスポーツジムで体力をつけておくのもいい方法です。 今から興味本位で、結婚や夫婦生活に役立つ知識を学んでおくのもいいアイデアです。 必要な知識を身につければ、結婚までの道のりがますますスムーズになります。 もちろんこだわりがあれば、結婚とは関係のない自分磨きでもOKです。 自分磨きには終わりがありません。 あなたの魅力が高まり続ければ、恋人はますますあなたから離れられなくなります。 本来、自分を磨くことは楽しいことです。 楽しさを意識しながら自分を磨いていけば、人生も交際も充実します。 復縁後は、結婚に関係した自分磨きに挑戦してみる。

17
★4

リラックスをしても、基本のコミュニケーションだけは省かない。

緊張感は、なかなか長く続きません。 復縁後、最初は緊張感を持って丁寧に接していても、しばらくするとだんだん緩んでいくでしょう。 もちろんリラックスするのはいいのです。 打ち解けた関係になれば、適度な安心と心地よさに包まれ、お互いにとって癒しの存在になるでしょう。 一緒にいて安心できる存在になるのは理想的です。 ただしリラックスをすると同時に、ありがちなマナー違反があります。 基本のコミュニケーションまで省いてしまうことです。 挨拶がなくなる。 感謝や謝罪もなくなる。 心配や励ましもなくなる。 リラックスをするのはいいですが、基本のコミュニケーションまで減るのは問題です。 基本のコミュニケーションが減ると、基本の関係も維持するのが難しくなります。 どんなにリラックスした関係になっても、基本のコミュニケーションだけは続けたい。 たとえ恋人関係でも夫婦関係でも、やはり最低限のコミュニケーションは必要です。 朝はきちんと「おはよう」と挨拶をしましょう。 手助けをされたときは、きちんと「ありがとう」と感謝しましょう。 自分が悪かったときは、きちんと「ごめんなさい」と謝りましょう。 相手が困っているときは、心配したり励ましたりすることも欠かせません。 これから人生を一緒に歩んでいく人としての接し方ができているでしょうか。 どんなにリラックスしても、基本のコミュニケーションだけは省かないこと。 挨拶・感謝・謝罪・心配・励まし。 この5つの基本を意識して、どんなときでも基本のコミュニケーションを心がけましょう。 どんなにリラックスしても、基本のコミュニケーションだけは省かない。

18
★1

簡単に復縁できたカップルは、またすぐ別れる傾向がある。

復縁までに苦労が多かったカップルは、復縁後も長続きする傾向があります。 もちろん再び別れるカップルもいますが、確率としては低い傾向です。 復縁までに苦労が多かった場合、深く反省して、悪い点は改善して、同じ失敗を繰り返さない覚悟もあります。 復縁までに多くの手間暇をかけました。 「絶対幸せにする」と強く意識しています。 復縁のありがたさが強いので、復縁しても良好な関係が維持できる傾向があります。 復縁までに時間がかかったカップルはいいのです。 気をつけたいのは、この逆のパターン。 つまり、簡単に復縁できた場合です。 「簡単に復縁ができた」 それは喜ばしいことですが、危険なことでもあります。 復縁が簡単であればあるほど、復縁後は要注意。 一般的に簡単に復縁できれば、またすぐ別れる傾向があります。 復縁できるまでの苦労がありません。 反省も覚悟も中途半端。 復縁のありがたさが弱いので、少し嫌なことがあると、簡単に別れを考えてしまうのです。 「意外に復縁が簡単だったな」という気持ちに心当たりはありませんか。 もし簡単に復縁ができたケースなら「今度こそは頑張ろう」という気合を入れておきましょう。 特に別れてから1カ月以内に復縁できたケースは要注意です。 同じ失敗を繰り返さないよう、自分を戒めておく必要があります。 簡単に復縁できたときほど、復縁後の付き合い方に注意する。

19
★3

常に笑顔を絶やさない。

復縁してから笑顔が減っていませんか。 復縁できれば、念願の願いが叶ってほっとするでしょう。 安心するのはいいのですが、安心しすぎるのはよくありません。 しばらくして交際に慣れてくると、だんだん笑顔を忘れがちになります。 あなたの笑顔が減れば、相手の笑顔も減ります。 相手の笑顔も減れば、さらにあなたの笑顔も減るという悪循環に陥りがちです。 やはり笑顔は大切です。 話をするときは、にこにこした表情を心がけましょう。 デートをするときも、終始笑顔。 2人で写真を撮るときも、笑顔でピース。 いらいらすることがあっても、ほほ笑みだけは忘れない。 「また別れるのではないか」という不安があっても、明るい表情だけは維持しましょう。 明るくて楽しい交際だから、笑顔になるのではありません。 笑顔になるから、明るくて楽しい交際になります。 あなたに最も似合う表情は、笑顔です。 笑顔を心がけると、あなたの魅力はますますアップします。 最後に恋人の前でにこにこしたのは、いつですか。 「笑顔が減ってきているかもしれない」という心当たりがあれば、早速今から改善です。 笑顔があるかぎり、いつまでも仲のいい交際が続きます。 笑顔には、お金も時間も必要ありません。 あなたが意識すれば、今すぐ実現できます。 復縁を本当の成功にするために、復縁後にも笑顔を絶やさず心がけましょう。 復縁後も、常に笑顔を絶やさない。

20
★3

良好な関係を続ける努力が一方では、空回りをするだけ。

復縁できれば、ずっと良好な関係が続くとは限りません。 「もう同じ失敗は繰り返さない」と思っていても、実際は何があるか分かりません。 復縁できて、そのまま良好な関係が続くカップルがいる一方、そうでないカップルもいます。 復縁してずっと続くカップルと、再び別れるカップル。 その違いはどこにあるのでしょうか。 最大の違いは、良好な関係を続ける努力が、一方か双方かの違いです。 復縁できたとしても、良好な関係を続ける努力が一方では、バランスが取れません。 「支える、支えられる」というアンバランスな関係になります。 最初はうまくいっても、だんだん不平不満がたまる。 いつか我慢の限界に達して、再び別れることになってしまうのです。 良好な関係を続ける努力は素晴らしいですが、一方だけ努力しているのでは空回りをするだけです。 復縁後も良好な関係を続けるには、双方の努力が必要不可欠。 仲良くしていこうとする意識と行動をお互いができてこそ、実際に仲のいい関係が長く続きます。 特に次の3つのバランスが大切です。 (1)愛し合う (2)助け合う (3)尊敬し合う この3つの条件は、恋人関係だけでなく、夫婦関係でも同じです。 この3つがあってこそ、復縁してからも関係のバランスが保たれ、良好な関係が続きます。 復縁ができても、良好な関係を続ける意識と行動を、一方ではなくお互いが努力する。

21
★2

良好な関係を長続きさせるための、3つの相互関係とは。

恋人関係や夫婦関係を長続きさせるには、一方の努力では不十分です。 一方が良好な関係を意識しても、もう一方が無関心では負荷が偏り、アンバランスな関係になります。 良好な関係を長続きさせるには「支え合おう」という相互関係が必要です。 お互い支え合う相互関係があってこそバランスが保たれ、良好な関係も長続きします。 さて、この相互関係について具体的に考えてみます。 恋愛関係を長く続けるには相互関係が重要ですが、それは次の3つの要素を言います。 (1)愛し合う 恋愛関係が長く続くためには、やはり愛が軸です。 愛し合うことは、お互いが「大切にしたい」と思い合うこと。 だからこそ、優しさも思いやりもいとおしさも出てきて、関係が長く続きます。 (2)助け合う 長く続けるために愛し合うだけでは不十分です。 やはり現実においても助け合うことが必要です。 相手ができないことは、自分が代わりに仕事をします。 逆に自分ができないことは、相手に助けてもらいます。 経済的・精神的・体力的に助け合う関係があると、関係も長続きします。 (3)尊敬し合う 見落としがちなのが、尊敬です。 世の中の長続きしているカップルを見てください。 そのカップルは「愛し合う」「助け合う」だけでなく「尊敬し合う」という要素もあるはずです。 「すごい。立派だ」と尊び敬う気持ちは、心の強いつながりを生みます。 相手に欠点があっても、尊敬するところがあれば自然と許せます。 尊敬し合う関係になれば、ますます良好な関係が長続きします。 相手の優れたところは素直に認め、尊敬しましょう。 「愛し合う」「助け合う」「尊敬し合う」の3つの相互関係を意識する。

22
★1

以前は祝わなかった記念日を、今度はきちんと祝う。

復縁すれば、記念日だけはきちんと祝うようにしましょう。 おそらく前回の交際では、記念日を祝う習慣が足りなかったのではないでしょうか。 記念日を無視して、祝うことがなかった。 プレゼントもなかった。 そもそも2人で過ごすことさえなかったかもしれません。 おそらくそれも破局の原因の1つになっていたでしょう。 記念日をきちんと祝うカップルなら破局はしません。 復縁後は、同じ失敗を繰り返さないこと。 だからこそ、以前は祝わなかった記念日を、今度はきちんと祝うようにしましょう。 誕生日・バレンタインデー・ホワイトデー・クリスマス。 普段はお互いが忙しくても、特別な記念日だけは一緒に過ごしたい。 一緒に過ごす時間は短くてもいい。 共に感動を共有し合うことが大切です。 普段は質素でも、記念日だけは少しおしゃれなレストランで食事を楽しむのもいいでしょう。 もちろん復縁した日を記念日として、1周年や2周年を祝うのもいいでしょう。 節目を大切にする習慣があると、2人の関係も長続きします。 どうしても当日に祝えないなら、事前に祝うようにしましょう。 記念日は、当日でなければいけないルールはありません。 大切なのは気持ちです。 少し祝うのが早くなっても、記念日を大切にする気持ちがあれば、日付は関係ありません。 さて、次の記念日はいつですか。 同じ失敗を繰り返さないよう、今から計画を立てておきましょう。 以前はきちんと祝えなかった記念日を、今度はきちんと祝う。

23
★1

復縁できた日を、復縁記念日にする。

復縁できた日は「復縁記念日」にしましょう。 2人が元の関係に戻った記念すべき日。 記念日は、自分で自由に作れます。 「復縁記念日」という名前を付けるだけで、記念日の出来上がりです。 大事な日として位置づければ、大事な1日が増えることになります。 さて、ただ復縁記念日を作って終わりではありません。 毎年その日は、復縁を祝うようにしましょう。 たとえば、おしゃれなレストランで食事するのはいかがでしょうか。 2人で復縁を思い出す機会が重要です。 おいしい食事を楽しみながら、復縁にちなんだ会話を楽しみます。 「大きな区切りだね」「復縁してよかった」「これからも仲良くしよう」など、どんどん盛り上がっていくでしょう。 復縁できたことを思い出し、お互いこれからも仲良くやっていくことを誓い合います。 余裕があれば、プレゼントを交換してみるのもいいアイデアです。 記念日を大切にすることで、2人の結束がますます強くなります。 結束が強ければ、2人に危機が訪れても乗り越えていけるでしょう。 復縁できた日を復縁記念日にして、毎年祝うようにする。

24
★1

過去の過ちや失敗を引っ張り出さない。

復縁後は、過去の余計な話を引っ張り出さないように気をつけましょう。 もちろん明るい思い出なら、いくら思い出してもいいのです。 嬉しかったり楽しかったりした思い出を持ち出せば、明るい雰囲気で話が盛り上がるでしょう。 しかし、暗い過去の思い出まで引っ張り出すのはよくありません。 たとえば、過去の過ちや失敗です。 復縁後、過去の過ちや失敗と同じ場面に遭遇したとき、つい昔の話を引き合いに出してしまいがちです。 「またミスをしたの? 前にも同じことがあったよね」 「また失敗したの? まったく成長していないね」 終わったことを蒸し返すようにねちねち言われるのは、誰でも気分がよくありません。 険悪な雰囲気になります。 相手の過去の過ちや失敗を引っ張り出されると、責めるような言い方になりがちです。 たとえそれが事実であっても、喧嘩の原因になってしまうでしょう。 過去の過ちや失敗を引っ張り出すと、せっかく復縁できた関係にひびが入ります。 大きな包容力を持ちましょう。 過去の過ちや失敗はもう終わったこと。 復縁なので、一から交際が始まるわけではありませんが、気持ちの上では一から始める考え方が大切です。 言いそうになれば、喉のところでぐっと我慢しましょう。 「もう終わったこと。言っても仕方ない」 そう自分に言い聞かせることが大切です。 過去の過ちや失敗を引っ張り出さない。

25
★1

復縁を応援してくれた人への報告と感謝を忘れない。

復縁ができれば、復縁を応援してくれた人に報告して、感謝を伝えましょう。 復縁を達成するまでには、多くの人の応援があったでしょう。 親身に話を聞いてくれ、アドバイスをしてくれた人もいれば、体験談を話してくれた人もいるでしょう。 中には、復縁工作を手伝ってくれた人もいるかもしれません。 感謝を伝えるのは、直接的な応援をしてくれた人だけではありません。 話を聞いてくれただけの人でも「気持ちが落ち着いた」という意味では、間接的な応援になっています。 応援してくれた人すべてに感謝できると言えるでしょう。 きちんと感謝できる人は好印象です。 さてここで、上手に感謝を伝えるコツがあります。 「おかげ」というキーワードを使うのがポイントです。 「○○さんの応援のおかげです」 「○○さんがいてくれたおかげです」 「○○さんのアドバイスのおかげです」 こう言われたら、相手も「応援してよかった。また何かあれば力になってあげよう」と思うでしょう。 相手を褒めたたえながら感謝すれば、気持ちよく復縁を報告できます。 報告は少し遅くなってもかまいません。 「きちんと報告して、感謝を伝える」ということが重要です。 復縁ができるだけでなく、復縁を応援してくれた人とも、ますますよい人間関係が強化できます。 復縁を応援してくれた人に、きちんと報告して、感謝を伝える。

26
★1

包容力がないと、復縁は長続きしない。

復縁後は、相手の長所も短所も今まで以上に受け入れましょう。 いわゆる「包容力」です。 包容力は、恋人関係に限らず、あらゆる人間関係で重要です。 「そんなことは分かっている。すでに心がけている」と思う人もいるかもしれません。 たしかに相手のすべてを受け入れる姿勢は、人間関係の基本的な心得の1つ。 以前から心がけていた人も多いでしょう。 しかし、すでに心がけていたとしても、復縁後は今まで以上に心がけたい。 包容力は、復縁後の交際だけでなく、結婚においても重要な要素だからです。 結婚をすれば、子育てや親戚付き合いなど、さらに大きなことを受け入れる姿勢が必要です。 結婚すれば、家族ぐるみの付き合いが増え、手間暇を快く受け入れる姿勢が必要です。 子供が生まれると子育てが始まり、想定外の連続です。 一緒にこれからの長い人生を歩んでいくためにも、ますます包容力を強化していかなければいけません。 だからこそ、復縁後はさらなる強化に努めたい。 長所は、たっぷり褒めましょう。 相手の長所は素直に認め、尊敬するようにします。 「すごいね」「さすがだね」と褒めれば、長所がますます伸びていくに違いありません。 短所は、できるだけ目をつぶるようにしましょう。 短所は「個性」と言い換えてみてはいかがでしょうか。 その人の個性だと思えば、いらいらも収まり、受け入れやすくなるでしょう。 「自分にも短所がある」と思えば、人のことをうるさく言えないはずです。 長所も短所も含めて、その人です。 ありのままを受け入れることで、あなたの心の器は大きくなります。 大きな心を持てば、復縁後の交際も結婚もうまくいきます。 ますます包容力を高める。

27
★1

復縁後、気まずい雰囲気が流れたとき、どうするか。

復縁後にも、気まずい雰囲気が流れることがあります。 やはり人と人です。 最初は仲良くしていても、しばらくするとすれ違いが増え始め、険悪な雰囲気になることがあります。 「少し気まずい雰囲気が流れ始めたかな」 そう感じたら、できるだけすぐ解消させるようにしましょう。 気まずい雰囲気になるのは、関係が悪化する初期状態です。 落ち着くために時間を置くのはいいですが、むやみに放置していると、どんどん雰囲気が悪くなります。 雰囲気が悪くなればなるほど、後から改善するのが大変になります。 ずっと放置し続けていれば、1回目の交際と同じ道をたどってしまうことにもなりかねません。 復縁するときに果たした約束を思い出してください。 「本気で反省している。同じ失敗は繰り返さない」 そんな約束をしたはずです。 トラブルは初期段階であればあるほど、改善しやすくなります。 2人の距離が離れ始めていると分かれば、できるだけ早く仲直りをしましょう。 たとえば、自分が悪いと思ったなら、意地を張らず、すぐ謝りましょう。 あなたが素直になれば、相手も素直になってくれます。 気になることがあれば、そのままにせず、相手に理由を聞いてみましょう。 あなたが気にかけている様子が伝われば、相手も閉ざしていた心を開いてくれます。 早めに対処しておけば、本格的に関係が悪化するのを防げます。 沈黙が続いているなら、いつまでもじっとするのではなく、あなたから話しかけましょう。 一方が話しかければ相手も返事をして、再びいつもと同じ会話ができるようになります。 復縁後、気まずい雰囲気が流れ始めたら、できるだけ早めに改善を心がける。

28
★0

復縁後、遠距離恋愛をすることになったときの考え方。

ようやく復縁できたと思えば、遠距離恋愛をすることになった。 進学・就職・転勤に伴う引っ越しがあると、再び離ればなれになってしまいます。 まるで誰かが恋愛を邪魔しているかのように感じるかもしれません。 しかし、遠距離恋愛のせいで恋が終わるとは、まだ決まっていません。 復縁したときの約束を思い出してください。 「どんなことがあっても乗り越えよう」「いつまでもずっと一緒にいよう」と約束したはずです。 2人の結束が強ければ、遠距離恋愛なんて大したことありません。 遠距離恋愛で大切なのは、精神的な距離です。 物理的な距離は離れても、精神的な距離が近ければ、必ず乗り越えられます。 離れていても、コミュニケーション手段はたくさんあります。 電話もメールもテレビ電話もある。 デートの回数は少し減るかもしれませんが、その分だけ濃いデートをすればいい。 乗り越えられることを信じましょう。 復縁できたほどの反省・行動力・信念があれば、遠距離恋愛も乗り越えられます。 むしろ「遠距離恋愛を利用してやる」と考えるのです。 遠距離恋愛を2人の結束をさらに強化するために利用しようではありませんか。 見方を変えると、遠距離恋愛はチャンスでもあります。 1人の時間が増えますが、その時間を自分磨きに使いましょう。 自由な時間に自分の魅力を高めておけば、デートで自慢できます。 距離が離れていると恋愛関係の維持が少し大変ですが、協力関係や信頼関係が強化できるチャンスとも言えます。 交通費とデート代が増えますが、節約の習慣を身につける機会と考えればいい。 遠距離恋愛を乗り越えれば、結婚の近道になることもあります。 すべて発想の転換です。 遠距離恋愛を利用するくらいの気持ちになれば、意外と簡単に乗り越えられるでしょう。 復縁した後に遠距離恋愛をすることになっても、成功を信じて乗り越える。

29
★0

「復縁が間違いだった」と認めることもあっていい。

「復縁が間違いだったのではないか」 復縁後、そう考えてしまうことがあります。 復縁後「復縁が間違いだった」と気づくケースは少なくありません。 よくあるのが、勢いで復縁してしまった場合です。 特に大きな理由はなく、一時的な感情に任せて元の関係に戻った場合、復縁を後悔するケースが目立ちます。 つらい現実から逃げるためであったり、自制心を失ったままであったりする復縁は、よい結果をもたらしにくい。 間違った復縁を犯しやすくなります。 もちろん「復縁が間違いだった」という疑念、単なる勘違いという可能性もあります。 感情に流されず、現実をよく見ることが大切です。 復縁後の交際を振り返り、また一時的な感情で別れようとしていないか、深く考える必要があるでしょう。 しかし、考え抜いた上で「復縁が間違いだった」と確信したなら、早めに別れておくほうがいいでしょう。 貴重な時間や労力を誤った道に費やすのはもったいない。 時間は止まらず進み続けています。 「自分にはもっとふさわしい道がある」と分かれば、決断も行動も早いほうがいい。 間違いは誰にでもあることです。 復縁を間違えたことは大きな過失ですが、自分の未熟さに気づけたなら無駄にはなりません。 相手にきちんと謝った上で別れを告げて、新しい道を歩みましょう。 感情で動くことを優先するのではありません。 理性で動くことを優先しましょう。 「もう感情には流されない」と誓った上の行動なら、正しい恩恵をもたらすはずです。 「復縁が間違いだった」と確信したなら、相手に深く謝った上で、できるだけ早く別れる。

30
★1

生理的に受け付けない人との結婚は、不可能なのか。

生理的に受け付けない人との結婚。 普通に考えれば「まったく考えられない」と思い、不可能に思う人も多いかもしれません。 たしかに相手を見るのも嫌になるくらい嫌いになれば、結婚も厳しいように思えますが、実際はどうでしょうか。 まず「結婚できるか」という点については、可能です。 役所に必要書類を提出すれば、2人の婚姻が法的に認められます。 問題は「夫婦生活が続くかどうか」です。 結論から言えば「2人しだい」と言えるでしょう。 生理的に受け付けないから絶望的とは限りません。 生理的に受け付けない状況は、気持ちの問題が大きいからです。 受け止め方さえ変えれば、意外と簡単に印象が変わることがあります。 たとえば「生理的に受け付けない」という表現は、苦手な虫によく使われます。 苦手な虫であっても、何かがきっかけで感じ方が変わるのはよくあること。 昔は生理的に受け付けなかったチョウが、今ではむしろ「かわいい」と思えるようになった例は多数あります。 思い出してください。 あなたにも「昔は生理的に受け付けなかったが、今は平気になった」という出来事がいくつかあるのではないでしょうか。 「生理的に受け付けない」という状態には、2種類あります。 (1)体質の問題 (2)気持ちの問題 アレルギーのように「体質の問題」なら別ですが「気持ちの問題」なら、意外と早く解決できることがあります。 相手の短所や汚点ばかりを見ていませんか。 少し見方を変えて、長所や美点に注目してみてください。 「相手が悪いのではなく、自分の受け止め方が悪いかもしれない」と考える余裕を持ってみましょう。 相手の印象が変わり、抵抗感が消える可能性があります。 生理的に受け付けない相手との結婚は不可能だと決め付けず、長所や美点に注目して、見直してみる。

同じカテゴリーの作品