復縁

復縁後、
結婚に導く
30の方法

  • 復縁の成功とは。
復縁後、結婚に導く30の方法

もくじ
  1. 復縁の成功とは。

    復縁の成功とは何でしょうか。
    普通に考えれば「よりが戻ること」「以前のような関係に戻ること」などと考えるのではないでしょうか。
     

  2. 復縁は、ゴールではなく、通過点。

    復縁をどう考えるかが大切です。
    復縁をゴールと考えてはいけません。
    もちろん復縁できるまでは、一時的な目標として「ゴール」という考え方もいいですが、現実は違います。

  3. 復縁後の3カ月間は、特別期間。

    手間暇をかけてようやく相手からOKをもらえば、晴れて復縁の成功です。
    努力が実って復縁できた直後は、まさに幸せでいっぱいでしょう。
     

  4. 復縁後の初デートは、2人が初めてデートした場所が最高。

    復縁後の初デートはどこにしますか。
    もちろん場所は自由ですが、もし迷っているなら、おすすめ場所があります。
    2人が初めてデートした場所です。

  5. 復縁したら、復縁を祝うイベントを開こう。

    復縁後、最初にしたいこと。
    それは、復縁を祝うイベントです。
    長期間の努力が実って、復縁ができたなら、まず復縁を祝うイベントを開きましょう。

  6. 復縁前と同じ付き合い方をしない。

    復縁後は、復縁前と同じ付き合い方をしてはいけません。
    復縁前と同じ付き合い方をすると、同じ失敗を繰り返すからです。
    「同じ付き合い方でもいいではないか」と思いますが、それが油断です。

  7. 復縁後、また新しい不安との戦いが始まる。

    「ようやく復縁できた。これでもう不安から解放される」
    そう思っていても、残念ながら復縁後、別の不安が襲いかかってくるでしょう。
    「また別れるのではないか」という不安です。

  8. 「また別れるのではないか」という不安を、相手にぶつけない。

    復縁前は「本当に復縁できるのだろうか」という不安で悩むでしょう。
    復縁後は「また別れるのではないか」という不安で悩むでしょう。
    不安が消えては、また新しい不安がやってきます。

  9. 「結婚」というゴールを定める。

    復縁後は、2人にとって共通するゴールを定めましょう。
    ずばり、結婚です。
    もちろん若い時期なら、結婚は意識せずに付き合うのもいいでしょう。

  10. 復縁後の連絡頻度とは。

    復縁後、連絡頻度に悩むことはありませんか。
    ずっと熱々の関係でいたいと思えば、連絡頻度を増やしたくなります。
    一方で連絡をしすぎると、相手の迷惑になってうっとうしく思われそうで心配です。

  11. 復縁後の距離感の調整は、やりすぎに注意。

    復縁後の距離感の調整は、やりすぎに注意しましょう。
    前回の失敗を踏まえてお互いの距離感を調整するとき「やりすぎ」という状態が起こりがちです。
     

  12. 復縁してから結婚するまでの期間。

    復縁はゴールではなく、あくまで通過点です。
    復縁の先には「結婚」という次の目標が待ち受けています。
    復縁後、再び別れることがないよう、結婚までの期間も考えておくのが賢明です。

  13. 結婚を焦ると、かえって結婚から遠ざかる。

    復縁ができても、結婚を焦ってはいけません。
    もちろん最終的に結婚をゴールとして目指しますが、復縁できたとたん、結婚をせかすのはよくありません。
    1日でも早く結婚しようとすると、付き合い方に無理が生じやすくなります。

  14. 恋人と過ごす予定ばかりを入れない。

    「同じ失敗を二度と繰り返してはいけない」
    そう思ったとき、恋人と過ごす予定ばかりを入れてしまいがちです。
    できるだけ熱烈な関係を長続きさせようと、恋人と過ごす予定を1日でも増やそうとします。

  15. 恋人を束縛するのは、地下室で監禁しているのと同じ。

    復縁後の関係では、束縛に気をつけましょう。
    束縛は、するのもされるのも、要注意です。
    「同じ失敗は繰り返さない」と思うと、恋人の行動が心配になり、行動を制限したくなるかもしれません。

  16. 自分磨きには終わりがない。
    復縁後も自分磨きを続けよう。

    復縁する前には自分磨きが必要です。
    おしゃれをしたりシェイプアップしたり仕事に役立つ資格を取ったりなどです。
    自分に自信がつけば、堂々と復縁のアプローチができ、話し合いも説得力が生まれるでしょう。

  17. リラックスをしても、基本のコミュニケーションだけは省かない。

    緊張感は、なかなか長く続きません。
    復縁後、最初は緊張感を持って丁寧に接していても、しばらくするとだんだん緩んでいくでしょう。
    もちろんリラックスするのはいいのです。

  18. 簡単に復縁できたカップルは、またすぐ別れる傾向がある。

    復縁までに苦労が多かったカップルは、復縁後も長続きする傾向があります。
    もちろん再び別れるカップルもいますが、確率としては低い傾向です。
    復縁までに苦労が多かった場合、深く反省して、悪い点は改善して、同じ失敗を繰り返さない覚悟もあります。

  19. 常に笑顔を絶やさない。

    復縁してから笑顔が減っていませんか。
    復縁できれば、念願の願いが叶ってほっとするでしょう。
    安心するのはいいのですが、安心しすぎるのはよくありません。

  20. 良好な関係を続ける努力が一方では、空回りをするだけ。

    復縁できれば、ずっと良好な関係が続くとは限りません。
    「もう同じ失敗は繰り返さない」と思っていても、実際は何があるか分かりません。
    復縁できて、そのまま良好な関係が続くカップルがいる一方、そうでないカップルもいます。

  21. 良好な関係を長続きさせるための、3つの相互関係とは。

    恋人関係や夫婦関係を長続きさせるには、一方の努力では不十分です。
    一方が良好な関係を意識しても、もう一方が無関心では負荷が偏り、アンバランスな関係になります。
    良好な関係を長続きさせるには「支え合おう」という相互関係が必要です。

  22. 以前は祝わなかった記念日を、今度はきちんと祝う。

    復縁すれば、記念日だけはきちんと祝うようにしましょう。
    おそらく前回の交際では、記念日を祝う習慣が足りなかったのではないでしょうか。
    記念日を無視して、祝うことがなかった。

  23. 復縁できた日を、復縁記念日にする。

    復縁できた日は「復縁記念日」にしましょう。
    2人が元の関係に戻った記念すべき日。
    記念日は、自分で自由に作れます。

  24. 過去の過ちや失敗を引っ張り出さない。

    復縁後は、過去の余計な話を引っ張り出さないように気をつけましょう。
    もちろん明るい思い出なら、いくら思い出してもいいのです。
    嬉しかったり楽しかったりした思い出を持ち出せば、明るい雰囲気で話が盛り上がるでしょう。

  25. 復縁を応援してくれた人への報告と感謝を忘れない。

    復縁ができれば、復縁を応援してくれた人に報告して、感謝を伝えましょう。
    復縁を達成するまでには、多くの人の応援があったでしょう。
    親身に話を聞いてくれ、アドバイスをしてくれた人もいれば、体験談を話してくれた人もいるでしょう。

  26. 包容力がないと、復縁は長続きしない。

    復縁後は、相手の長所も短所も今まで以上に受け入れましょう。
    いわゆる「包容力」です。
    包容力は、恋人関係に限らず、あらゆる人間関係で重要です。

  27. 復縁後、気まずい雰囲気が流れたとき、どうするか。

    復縁後にも、気まずい雰囲気が流れることがあります。
    やはり人と人です。
    最初は仲良くしていても、しばらくするとすれ違いが増え始め、険悪な雰囲気になることがあります。

  28. 復縁後、遠距離恋愛をすることになったときの考え方。

    ようやく復縁できたと思えば、遠距離恋愛をすることになった。
    進学・就職・転勤に伴う引っ越しがあると、再び離ればなれになってしまいます。
    まるで誰かが恋愛を邪魔しているかのように感じるかもしれません。

  29. 「復縁が間違いだった」と認めることもあっていい。

    「復縁が間違いだったのではないか」
    復縁後、そう考えてしまうことがあります。
    復縁後「復縁が間違いだった」と気づくケースは少なくありません。

  30. 生理的に受け付けない人との結婚は、不可能なのか。

    生理的に受け付けない人との結婚。
    普通に考えれば「まったく考えられない」と思い、不可能に思う人も多いかもしれません。
     

同じカテゴリーの作品