人生の教科書



読み上げ動画・音声

くなる
30哲学

お気に入り4 読んだ
5

相続税いほうが、
自分子供社会のためになる

  • 続税が高くて大変」

  • 「なぜこの国は、これほど相続税が高いのだろう」

  • 「相続税なんてなければいいのに」

そんな声をよく聞きます。

大事に貯めたお金は、子供や孫のために残したいと思うでしょう。

「相続税」という言葉に、ネガティブな印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、相続税はあったほうがいい。

しかもできるだけ高いほうがいいのです。

相続税は、100パーセントでもいいくらいです。

相続税が低いと、みんな、子供や孫のために財産を残そうとします。

蓄財のことばかり考えるようになる。

お金を使わなくなり、経済の活性が妨げられるのです。

経済が回らなくなると、最終的に国がつぶれてしまい、子供や孫が路頭に迷うのです。

だからこそ、相続税が必要です。

相続税が高ければ「生きているうちに使わなければ損だ」と思います。

勉強でも旅行でも食事でも、何でもいいのです。

お金を使うと、気持ちがすかっとします。

お金を使う快感を楽しめる上、経済の活性化にもつながり、一石二鳥です。

お金は単なる道具にすぎません。

どれだけたくさんお金を持っていても、1枚の硬貨すら、あの世に持っていけません。

お金が残りそうなら、子供や孫の教育にお金をかければいいのです。

そうすれば、子供や孫は成長して、国益につながる素晴らしい人材が育ちます。

子供たちが立派に育てば、自分も安心して、この世から去れるでしょう。

お金は生きている間に使いましょう。

お金をどんどん循環させることです。

生きているうちに使い切るくらいにお金を使ったほうが、自分・子供・社会のためになります。

お金に強くなる哲学 その5

  • 相続税さに感謝する

同じカテゴリーの作品