プラス思考

飽きた人生を刺激的にする
30の方法

読んだ お気に入り8
7

失言している自分を考えることは、
失言の練習になる。

失言している自分を考えることは、失言の練習になる。 | 飽きた人生を刺激的にする30の方法

「○○は禁句」

「○○は言ってはいけない」

テレビや書籍などでは、禁句に関する特集をよく見かけることがあります。

「こういうことを言ってはいけないのか」と分かり、自分の行動を決める手がかりになるでしょう。

もちろん参考にするのはいいのです。

禁句が分かれば、言わないように注意ができます。

 

しかし、注意するのはいいのですが、頭の中で失言を言う様子まで考える必要はありません。

失言を考えているときに想像しているのは、失言をしている自分です。

失言している自分を想像すると、イメージトレーニングになってしまい、現実でも言いやすくなるのです。

考えていることは実現するのが、人生の法則です。

避けたい発言は、参考として頭の隅に留めておく程度で十分です。

考えるなら、避けたい発言より、心がけたい発言です。

ポジティブな発言や好ましい発言だけを思い浮かべ、練習していればいいのです。

「言おう、言おう」と思えば思うほど、強く意識することができるため、スムーズに発言しやすくなります。

イメージトレーニングをするなら、こうしたポジティブなことに活用してほしい。

心がけたい発言に集中するほうが、時間を有効に活用できます。

発言が上達する近道なのです。

まとめ

飽きた人生を刺激的にする方法 その7
  • 心がけたい発言だけ集中する。
あなたは、生徒と先生の役割が1つになった存在。

もくじ
飽きた人生を刺激的にする30の方法
失言している自分を考えることは、失言の練習になる。 | 飽きた人生を刺激的にする30の方法

  1. あなたは偉大な芸術家。
    人生を作っている。
  2. 手足の自由より大切なのは、心の自由。
  3. 人にせいにすることで、逃げる人生を歩んでいないか。
  4. 長所や得意だけが個性ではない。
    短所や不得意も個性。
  5. こだわりは大切。
     ただし、こだわりだけこだわるのは注意。
  6. 「言うべきではなかった」と悔やんだとき、どうするか。
  7. 失言している自分を考えることは、失言の練習になる。
  8. あなたは、生徒と先生の役割が1つになった存在。
  9. 親の説教を素直に聞ければ、あなたは立派な大人。
  10. 道具がなければ、道具を作ろう。
    道がなければ、道を作ろう。
  11. お金も時間も、浪費と投資を分けるのは、使い方しだい。
  12. 落ち込んだら、立ち直ればいい。
    けがをすれば、治療すればいい。
    失敗すれば、再挑戦すればいい。
  13. 愛を強く感じるのは、愛されるときより、愛するとき。
  14. マナーを守ってこそ、かっこいい。
  15. 自分のために、花束を買って帰る。
    そんな日があってもいいよね。
  16. 素晴らしい出来事だから、素晴らしいと思うのではない。
    素晴らしいと思うから、素晴らしい出来事になる。
  17. 子供が話を聞いてくれないなら、親に問題があると思っていい。
  18. あなたの人間関係は、自分を客観的に映し出した鏡。
  19. 大好きな曜日を1つ増やす方法。
  20. 肉体的な自殺はいけないが、精神的な自殺もいけない。
  21. 体験しないかぎり、本当の正解は一生見つからない。
  22. リスクを回避しすぎることもリスク。
  23. 勇気を出した行動に、悪い選択はない。
  24. 諦めたから、休んでいるのではない。
    また歩き出すために、少し休んでいるだけ。
  25. 雲の形で物事を決める。
    そんな日があってもいいよね。
  26. 攻撃と防御。
    より大切なのは、どちらか。
  27. きりりと引き締まった表情は、どう作ればいいのか。
  28. 三流の人は仕事が嫌い。
    二流の人は仕事が好き。
    一流の人は仕事をしない。
  29. 自分がされたいことを、してあげよう。
    自分がされたくないことは、しないようにしよう。
  30. あなたの体自身が、素晴らしい宝物。

同じカテゴリーの作品