プラス思考

飽きた人生を刺激的にする
30の方法

読んだ お気に入り11
6

「言うべきではなかった」と悔やんだとき、
どうするか。

「言うべきではなかった」と悔やんだとき、どうするか。 | 飽きた人生を刺激的にする30の方法

「言うべきではなかった」

そう思った経験はありませんか。

 

たとえば、初対面の人から「初めまして。何でも気軽に話してください」と言われます。

「何でも話していいのだな」と本気にして、初対面から大っぴらな話をすると、相手が嫌な顔をすることがあります。

その瞬間「しまった。言うべきではなかった」と、はっとします。

「『何でも話してください』という一言は、社交辞令だった」と、気づくのです。

言う前に気づけばいいのですが、気づきにくいことがあります。

よりによって、発言をした後の険悪な雰囲気で気づくのです。

こうした失敗は、人間関係では必ずあります。

さて「言うべきではなかった」と思ったとき、どうするか。

まず、謝れるような雰囲気なら、すぐ謝りましょう。

「言いすぎました」と謝れば、きっと許してもらえるはずです。

大切なことは、次から気をつけることです。

重大な失敗でもなければ、罪を犯したわけでもありません。

人間関係でよくある、ちょっとした失敗です。

人間関係は、スポーツのようなものです。

挑戦と失敗を繰り返しながら、だんだんうまくなっていきます。

サッカーで言えば、ちょっとパスを間違えた程度です。

余り深く落ち込みすぎず、次から注意すればいいのです。

「次から注意するぞ」と深く心に刻んだ瞬間、あなたの人間関係がうまくなるのです。

まとめ

飽きた人生を刺激的にする方法 その6
  • 「言うべきではなかった」と悔やんだことは、落ち込みすぎず、次から注意する。
失言している自分を考えることは、失言の練習になる。

もくじ
飽きた人生を刺激的にする30の方法
「言うべきではなかった」と悔やんだとき、どうするか。 | 飽きた人生を刺激的にする30の方法

  1. あなたは偉大な芸術家。
    人生を作っている。
  2. 手足の自由より大切なのは、心の自由。
  3. 人にせいにすることで、逃げる人生を歩んでいないか。
  4. 長所や得意だけが個性ではない。
    短所や不得意も個性。
  5. こだわりは大切。
     ただし、こだわりだけこだわるのは注意。
  6. 「言うべきではなかった」と悔やんだとき、どうするか。
  7. 失言している自分を考えることは、失言の練習になる。
  8. あなたは、生徒と先生の役割が1つになった存在。
  9. 親の説教を素直に聞ければ、あなたは立派な大人。
  10. 道具がなければ、道具を作ろう。
    道がなければ、道を作ろう。
  11. お金も時間も、浪費と投資を分けるのは、使い方しだい。
  12. 落ち込んだら、立ち直ればいい。
    けがをすれば、治療すればいい。
    失敗すれば、再挑戦すればいい。
  13. 愛を強く感じるのは、愛されるときより、愛するとき。
  14. マナーを守ってこそ、かっこいい。
  15. 自分のために、花束を買って帰る。
    そんな日があってもいいよね。
  16. 素晴らしい出来事だから、素晴らしいと思うのではない。
    素晴らしいと思うから、素晴らしい出来事になる。
  17. 子供が話を聞いてくれないなら、親に問題があると思っていい。
  18. あなたの人間関係は、自分を客観的に映し出した鏡。
  19. 大好きな曜日を1つ増やす方法。
  20. 肉体的な自殺はいけないが、精神的な自殺もいけない。
  21. 体験しないかぎり、本当の正解は一生見つからない。
  22. リスクを回避しすぎることもリスク。
  23. 勇気を出した行動に、悪い選択はない。
  24. 諦めたから、休んでいるのではない。
    また歩き出すために、少し休んでいるだけ。
  25. 雲の形で物事を決める。
    そんな日があってもいいよね。
  26. 攻撃と防御。
    より大切なのは、どちらか。
  27. きりりと引き締まった表情は、どう作ればいいのか。
  28. 三流の人は仕事が嫌い。
    二流の人は仕事が好き。
    一流の人は仕事をしない。
  29. 自分がされたいことを、してあげよう。
    自分がされたくないことは、しないようにしよう。
  30. あなたの体自身が、素晴らしい宝物。

同じカテゴリーの作品