メイク

より美しく見せるメイクの
30の上級テクニック

読んだ お気に入り5
1

メイクの研究を、
雑誌だけの勉強で、
満足しない。

メイクの研究を、雑誌だけの勉強で、満足しない。 | より美しく見せるメイクの30の上級テクニック

「メイクの勉強は、雑誌でしかしたことがない」

そういう女性は、ぜひ、専門誌による本格的な勉強をおすすめします。

つくづく思います。

メイクは、本当に奥が深いと。

「そんな。別にメーキャップ・アーティストになるわけではない」

専門職に就くわけではなくても、女性にとって、メイクの勉強は必要です。

一生涯、必要になる技能だからです。

また、少なからず、人生に影響を与えることでもあります。

メイクの知識と技術を身につけて美しくなれば、さまざまな面で有利になります。

仕事では、男性からも優しくされて助けてもらいやすくなります。

就職活動でも、恋愛でも、結婚でも有利になります。

いつまでも若々しさを、保てます。

死ぬまで続き、死ぬまで役立つメイクです。

美を追究する女性にとって、必須のテーマと言っていいでしょう。

決して無駄にはなりません。

そんなメイクの勉強は、雑誌でもかまいませんが、やはり専門誌できちんとした勉強をおすすめします。

雑誌でも、メイクの勉強は可能ですが、流行を中心にした情報が多くて、偏りがあるのです。

なにより雑誌は、新商品の販売促進が中心です。

広告が多くて、本気でメイクを勉強する人には向きません。

メイクの専門的な知識は、雑誌より専門誌です。

専門誌を見ると、意外な奥の深さに驚かされます。

色、形、質感、目の錯覚、立体感、バランスなど、さまざまなことを計算に入れて仕上げる必要があります。

専門誌のほうが情報も多く、バランスよく知識が身につけられます。

メイクの世界がぐっと広がり、深みが増すのです。

「何となくしていた」「塗ればきれいになると思っていた」という考えが、吹き飛びます。

「これほど奥が深いのか」

驚くとともに「これなら私の人生も明るくなりそうだ」という希望が持てるようになれるのです。

まとめ

より美しく見せるメイクの上級テクニック その1
  • 雑誌だけでなく、専門誌を使って、じっくりメイクの勉強をする。
メイク前の顔のマッサージで、メイクの乗りがよくなる。

もくじ
より美しく見せるメイクの30の上級テクニック
メイクの研究を、雑誌だけの勉強で、満足しない。 | より美しく見せるメイクの30の上級テクニック

  1. メイクの研究を、雑誌だけの勉強で、満足しない。
  2. メイク前の顔のマッサージで、メイクの乗りがよくなる。
  3. コンシーラーを使う順番は、ファンデーションの種類によって、変わる。
  4. リキッドタイプのファンデーションなら、簡単に機能を追加できる。
  5. 指先でメイクをするとき、人差し指は、使わない。
  6. 自己満足のメイクが、必ずしもきれいとは限らない。
  7. 肌の欠点を完璧に隠さないほうが、かえって美しく仕上がる。
  8. 本当にメイクがうまい人は、メイク時間を調整できる。
  9. コンパクトケースに付属のブラシは、使わない。
  10. まつげが取れやすい人が、ビューラーを使うときのアドバイス。
  11. ビューラーとホットビューラーを使い分けると、より美しいまつげに仕上がる。
  12. アイメイクが自然とうまくなる、手鏡の上手な持ち方。
  13. マスカラは、ただ上下に塗らない。
  14. メガネをかける人は、強調される目元に注意する。
  15. 眉間のうぶ毛は、そるのではなく、あえて抜く。
  16. 眉をくっきり仕上げつつ眉間はすっきり見せる、プロの技。
  17. 下まつげは、2段階で塗ると、きれいに決まる。
  18. 小顔に見せるチークのシェーディング・テクニック。
  19. 指先で塗るメイクは、力加減が大切。
  20. 目を際立たせる上級テクニック。
    インサイドラインとは。
  21. 眉のメイクが決まりやすく、崩れにくくさせる一工夫。
  22. 自分の顔を見続けていると、目の感性がだんだん鈍くなる。
  23. 「ぼんやり」と「くっきり」を両立させる、アイシャドーの上級テクニック。
  24. 面長と丸顔で使い分ける、バランスのいいチークの入れ方。
  25. チークは、入れ方を2段階にすれば、崩れにくくできる。
  26. あなたの日常には、表情筋を鍛える習慣がありますか。
  27. チークブラシの一手間が、優しい仕上がりにつながる。
  28. 唇の縦のしわは、普段のリップケアが正直に反映される。
  29. リップライナーを使わない、きゅっと引き締まり、ふっくらした唇を作る方法。
  30. メイクブラシを持ち歩くのが面倒。
    そこで女が試される。

同じカテゴリーの作品