人生の教科書



メイク
コンパクトケースに付属のブラシは、使わない。
メイク
アイシャドーブラシは、2本持つ。
メイク
アイラインの本当の印象は、目尻で、決まる。
旅行
海外では、偽ブランド品を買わない。
スキンケア
化粧品のブランドは、統一させたほうが、効果が現れやすい。
メイク
アイラインは、かなり奥が深い。
メイク

より美しく見せるメイクの
30の上級テクニック

お気に入り1 読んだ
20

目を際立たせる上級テクニック。
インサイドラインとは。

目を際立たせる上級テクニック。インサイドラインとは。 | より美しく見せるメイクの30の上級テクニック

目を際立たせる方法の1つとして「インサイドライン」というメイクテクニックがあります。

インサイドラインとは、上まつげが生えている部分より、さらに内側に入れるアイラインのことを言います。

つまり、まつげと眼球の間の粘膜部分に入れるアイラインです。

少し難しい、上級者向けのメイクテクニックです。

注意ポイントはありますが、目の際を強調させる効果は抜群です。

子鹿のバンビのようなつぶらな瞳を演出するには、最適と言ってもいいでしょう。

メイクの腕と時間に余裕がある人は、次のポイントを意識しながら試してみてはいかがでしょうか。

インサイドラインに挑戦するポイントは、次の3点です。

(ポイント1)
防水性のあるアイライナーを使う

使うアイライナーは、防水性のあるものがおすすめです。

目元のぎりぎりラインは、目の水分が蒸発して、ラインが崩れやすくなるところです。

防水性のアイライナーを使うことで、ラインの状態が長持ちします。

(ポイント2)
インサイドラインの上手な引き方

真正面から鏡を見た状態では、なかなかうまく引けません。

上まぶたにインサイドラインを引くときは、顎を上げながら、上まぶたを手で引っ張りましょう。

下まぶたにインサイドラインを引くときは、顎を引いて、下まぶたを手で引っ張りながら鏡をのぞき込みましょう。

まつげと眼球の間の粘膜が見やすくなり、アイラインが引きやすくなります。

(ポイント3)
ラインの引きすぎには注意する

目の際を目立たせるには抜群の効果ですが、ラインのひきすぎには注意が必要です。

粘膜部分に引くわけですから、ラインが太すぎたり引きすぎたりすると、繊維が目に入りやすくなります。

インサイドラインのメイクを落とすときは、指は使わず、綿棒を使います。

目のデリケートな部分ですから、強く刺激しないよう優しく丁寧に落としましょう。

まとめ

より美しく見せるメイクの上級テクニック その20
  • 目の際を強調させるときは、インサイドラインに挑戦してみる。
次のページ >>
眉のメイクが決まりやすく、崩れにくくさせる一工夫。

もくじ
(より美しく見せるメイクの30の上級テクニック)

同じカテゴリーの作品