自分磨き

存在感のある人になる
30の方法

読んだ お気に入り2
12

大声を出すと、
存在感より迷惑を撒き散らしてしまうことになる。

大声を出すと、存在感より迷惑を撒き散らしてしまうことになる。 | 存在感のある人になる30の方法

存在感を出す上でやってはいけないことなのに、皆さんがやりがちになっていることがあります。

大声です。

存在感を出すことが下手な人は、大声を出してアピールしようとします。

実際、大声を出して存在感を出そうとすると、周りの迷惑になります。

レストランで大声を出してアピールしようとすると、ほかに食事をしている人に迷惑になります。

また電車の中にいると、大声を出して携帯電話で話をしている人を、ときどき見かけます。

大声を出すことで「自分は今、楽しんでいる」とアピールしているようです。

 

しかし、周りに迷惑をかけていることに気づいていません。

そういう人に限って、集団で行動ができないのです。

大声を出して存在感をアピールしたところで「非常識な人」と思われてしまうだけです。

大声を出して、存在感を出そうとするのはやめましょう。

まとめ

存在感のある人になる方法 その12
  • 大声を出してアピールするのは、やめる。
失敗すると笑う人に、存在感が漂う。

もくじ
存在感のある人になる30の方法
大声を出すと、存在感より迷惑を撒き散らしてしまうことになる。 | 存在感のある人になる30の方法

  1. 存在感を出すだけで、かっこよくなれる。
  2. 本当の存在感は、物ではなく、心。
  3. 大きく見せるのではなく、小さく見せると、存在感が出る。
  4. また聞きでは、説得力が出てこない。
    説得力は、自分の体験から生まれてくる。
  5. 「俺がやった」と言ってしまうと、存在感が空回りする。
  6. 存在感には、2種類ある。
    よい存在感と悪い存在感。
  7. 背筋をぴんと伸ばすと、見た目も心も引き締まる。
  8. 我慢をすると、個性が出ない。
    素直になれば、個性が出てくる。
  9. 曖昧な表現では忘れられる。
    はっきりした表現だと存在感が出る。
  10. 「みんながやっているから」は卒業。
    「私がやりたいから」を大切にする。
  11. 話をするより、話を聞こう。
  12. 大声を出すと、存在感より迷惑を撒き散らしてしまうことになる。
  13. 失敗すると笑う人に、存在感が漂う。
  14. コンプレックスこそ、大きな存在感を生み出す武器になる。
  15. 上手な人より下手な人のほうが、人気者になれる。
  16. 「魚は水がなくなると死ぬが、人は礼儀がなくなると死ぬ」。
  17. 「忙しい」を禁句にするだけで、存在感をアピールできる。
  18. 「たまに」が、怖い。
  19. 何でも「Yes」と答えない。
    嫌なことは「No」と答えてもいい。
  20. 「余裕」という「空白」が、存在感を出す。
  21. 異性の要素を取り入れると、魅力が向上する。
  22. 表情には、言葉以上に感動を伝える力がある。
  23. 理解のある人は、存在感がある。
  24. 存在感を出すためには「不言実行」を心がける。
  25. 誤解されても、必要以上に説明しない。
  26. 出会いがあるから、行動するのではない。
    行動するから、出会いがあるのだ。
  27. 「かっこいいね」と言う人が、かっこいい。
  28. 本当に優しい人は、困っている人に対して、見て見ぬふりをしない。
  29. 朝から元気な人には、存在感がある。
  30. とにかく一生懸命な人に、存在感を抱いてしまう。

同じカテゴリーの作品