人生の教科書



読み上げ動画・音声
自分磨き
存在感を出すためには「不言実行」を心がける。
自分磨き
存在感を出すだけで、かっこよくなれる。
自分磨き
何でも「Yes」と答えない。
嫌なことは「No」と答えてもいい。
自分磨き
「かっこいいね」と言う人が、かっこいい。
自分磨き
存在感には、2種類ある。
よい存在感と悪い存在感。
自分磨き
表情には、言葉以上に感動を伝える力がある。

存在感のあるになる
30方法

お気に入り18 読んだ
16

「魚がなくなるとぬが、
礼儀がなくなると

在感の出し方を間違えている人がいます。

「存在感を出すには、偉そうにすればいい」と思っている人です。

存在感を出すとは、偉そうにすることではありません。

むしろ腰を低くして、謙虚になることです。

正しい存在感の出し方は「志を高く、腰を低く」です。

できる人ほど志を高く持ち、相手の気分を害さないように腰を低くしているのです。

礼儀のある民族として知られるユダヤ人は、礼儀を大切にしています。

ユダヤの聖典には、こんな言葉があります。

  • 「魚は水がなくなると死ぬが、人は礼儀がなくなると死ぬ」

成功するにつれて、腰を低くして生活しなければ、ある日突然財産を没収されることがありました。

迫害されて、自分の国を失った歴史を持つユダヤ人だからこそ、この言葉が生まれたのでしょう。

礼儀があってこそ、人間です。

礼儀を磨けば、より素晴らしい人間になれます。

世界な偉業を成し遂げた偉人には、ユダヤ人が目立ちます。

アインシュタイン(物理学者)、エジソン(発明王)、ルーズベルト(元アメリカ大統領)、チャップリン(喜劇王)。

マルクス(思想家)、ピカソ(画家)、シャガール(画家)、フロイト(心理学者)、スピルバーグ(映画監督)。

今やユダヤ人は、優秀な民族の1つになりました。

世界から冷たい目で見られやすい条件だったからこそ、人一倍志を高くし、腰を低くしていたのです。

存在感のある人になる方法 その16

  • く、
    くする

同じカテゴリーの作品