人生の教科書



旅行
そもそも「子連れ旅行」の目的は何だろう。
旅行
「旅行中止」という重大な決断が、逆に親への信頼感を深める。
旅行
子連れ旅行では、何でも妻に任せきりにしないこと。
旅行
子供との旅行コースは、観光より娯楽施設を中心に。
旅行

子連れ旅行で家族の絆を深める
30の方法

お気に入り2 読んだ
19

雨が降ったら気持ちいいと考える。
雨の日を悪者扱いしない。

雨が降ったら気持ちいいと考える。雨の日を悪者扱いしない。 | 子連れ旅行で家族の絆を深める30の方法

  • 「せっかくだから晴れますように!」

旅行といえば、天気が晴れてくれるように願います。

 

たしかに晴れの日のほうが見晴らしもよく、傘を差す手間もありません。

写真写りもよく、いい思い出ができることでしょう。

 

しかし、それでは雨の日がかわいそうではありませんか。

雨が降っていたとき、うっかり、親が子供へ口にする言葉があります。

「雨が降っていて残念だね」という一言です。

これを聞いた子供はどう思うでしょうか。

雨が悪いことだというような言葉です。

雨が降ったらすべてが台無しのような印象を受けます。

おかしいと思いませんか。

雨の日とはいえ、やはり1日には変わりないのです。

晴れの日だけでなく、雨の日も、曇りの日も、自然の営みです。

善しあしはありません。

とらえ方の問題です。

親は「晴れの日はよい。雨の日は悪い」という固定観点から、発言していないでしょうか。

雨の日は「雨の日を楽しむ」という姿勢が大切です。

そういうとき、親は子供に次のような言葉をかけてください。

  • 「雨が降って気持ちいいね」

こう聞けば、何かぱっと心が開きませんか。

悪者扱いしがちな雨を前向きに楽しむ、気持ちのいい言葉です。

旅行中に雨が降っても、雨を悪者扱いしないこと。

ありのままの自然の営みを楽しむ姿勢が大切です。

それが、子供との旅行を楽しむコツです。

まとめ

子連れ旅行で家族の絆を深める方法 その19
  • 雨の日は
    「雨が降って気持ちいいね」と話しかける。
迷子のための連絡先は、持ち物ではなく、身につけているものに書いておく。

もくじ
(子連れ旅行で家族の絆を深める30の方法)

同じカテゴリーの作品