リーダーシップ

まとめ
(部下を叱る30の方法)
部下を叱る30の方法

  • たくさん叱られて、上手な叱り方を会得する。
  • 落ち込ませないような、叱り方をする。
  • ミスした瞬間に、すぐ指摘する。
  • 大勢の前で叱るのは、やめる。
  • 1体1で叱る。
  • 感情に振り回されて部下を叱るのは、やめる。
  • いらいらした感情を、抑えられるようになる。
  • 叱る前に、もう一度状況をよく確認する。
  • 長丁場のお説教は、やめる。
  • いくつか指摘があるときは、数を最初に伝えておく。
  • だらだら引きずるのはやめる。
  • 人格を否定しないようにする。
  • 明るくにこにこしながら、指摘する。
  • 腰を低くして、叱る。
  • 他人と比べるのはやめる。
  • 相手を追い込むような言い方は、しないようにする。
  • 「褒める・叱る・褒める」をする。
  • 「気分を害されたら申し訳ない」と言ってから、言い始める。
  • 「なぜいけないのか」という理由を含めて、指摘する。
  • お説教は、一瞬で終わらせる。
  • 「こら!」を禁句にする。
  • 叱った後こそ、普段どおりに接する。
  • 管理者を経由して、伝えてもらう。
  • 感情的になりやすい人は、手紙やメールで落ち着いて伝える。
  • 「しましょう」という柔らかい言い方をする。
  • 「なぜいけないと思うのか」と、部下に発言させる。
  • 「絶対に間違えるな。失敗するな」という言い方はやめる。
  • 「リラックス」という言葉をかける。
  • にこにこしながら、指摘する。
  • 強い怒りがこみ上げてきたら、早くその場を去るようにする。

同じカテゴリーの作品