投資

上手にお金を使う
30の方法

読んだ お気に入り18
3

友達のために、
お金を使う。

友達のために、お金を使う。 | 上手にお金を使う30の方法

お金は、自分にばかり投資するのではなく、ぜひ友達にも投資することが大切です。

投資するのは、何も自分だけではありません。

友達に投資するのも、自分がきれいな心を磨くために大切なことです。

友達の誕生日に、花をプレゼントすれば、友達は喜んでくれます。

そうすると、あなたともっと仲良くなれます。

お歳暮では、いつもお世話になっていますという気持ちを込めて、贈り物をします。

お歳暮は、お歳暮をもらうのが目的で、お歳暮を贈るわけではありません。

ただ、お世話になっている気持ちを表現したいために、贈り物をします。

その気持ちを表現することや、表現する機会がモテることは、自分にとっても「きれいな心のための栄養」になります。

その優しい気持ちは、遠回りできちんと自分に返ってきます。

きちんと気持ちが伝わっているならば、気持ちは必ず本人のところに戻ってきます。

それも、以前より大きくなって、戻ってきます。

自分のためだけにと思い、自分にばかり投資をするのはやめましょう。

人間関係では欠かせない「友達のために」という気持ちにも、お金をかけさせてもらいましょう。

人間関係にお金を使うことも、きれいなお金の使い方の1つです。

まとめ

上手にお金を使う方法 その3
  • 「友達のために」という気持ちに、お金を使わせていただく。
お金で騙されたら「勉強になった」と考え、次から生かすことが大切。

もくじ
上手にお金を使う30の方法
友達のために、お金を使う。 | 上手にお金を使う30の方法

  1. 使ったらなくなるお金を、使ってもなくならない財産に変えることが、上手なお金の使い方。
  2. お金を自分に投資することで、人生を明るくすることができる。
    自己投資するだけでいい。
  3. 友達のために、お金を使う。
  4. お金で騙されたら「勉強になった」と考え、次から生かすことが大切。
  5. 「お金持ち」が、幸せだとは限らない。
    「心持ち」の人が、本当に幸せな人だ。
  6. お金は「生き金」として使うことが大切。
    「好きなこと」に使うと、お金が生きてくる。
  7. 社会全体のお金の流れは、体全体の血液の流れと同じ。
    流れを止めないことが大切。
  8. 「ありがとうございました」で、お金に気持ちを込めることができる。
  9. お金を支払うときは「笑顔」になるとかっこいい。
  10. 自分のお金で支払うと、お金の価値が分かる。
    お金の重みを知ることが、勉強になる。
  11. 身銭を切ると、何でも勉強になる。
  12. お金は、アンバランスな使い方で正常。
    お金をよく使うところに才能が隠れている。
  13. 「お金を払ってやる」という考え方では、偉そうになる。
    かっこいいお金の払い方。
  14. お金は、あの世にまでは持っていくことができない。
    生きているうちに、使い切ることが大切。
  15. 子供のころから、お金を持たせることで、金銭感覚を磨くことができる。
  16. お金の使い方が上手になると、お金持ちになれる。
  17. 自分と周りの人を楽しませるためにお金を使うと、効果が倍になる。
  18. お金に、くよくよしない。
  19. お金のやりとりは、両手を使うのが、かっこいいマナー。
  20. お金のやりとりでは、早いほうが信用される。
  21. 値段を値切ると、気持ちまで値切られる。
    「おまけ」をしてもらえばいい。
  22. お金より大切なことは「友達」だ。
    お金ではできないことが、友達にはできる。
  23. カードより、現金を持つと、金銭感覚が磨かれる。
  24. 自分が楽しめるお金の使い方なら、すべて正解。
    どれだけ自分が楽しめるかが大切。
  25. カードを投げる人は、お金に対して感謝がない。
  26. 金額は、相手が決める。
    価値は、自分が決める。
  27. 割り勘をやめると「お金のやりとり」から「気持ちのやりとり」ができるようになる。
  28. 金銭感覚は、比べることで身につく。
  29. お金があるときに限ってやってくる人には、気をつけよう。
    お金に引き寄せられた人かもしれない。
  30. 使ったお金で「消えない財産」に変える。
    「消えない財産」で「死んでも消えない財産」に変える。

同じカテゴリーの作品