人生の教科書



金銭感覚
自分が支払ったお金の行き先について、考えてみる。
金銭感覚
店員が見やすいようにお金を置くと、自分の気持ちが明るくなる。
独立・起業
チップは、サービスを受ける前に払うほうがいい。
投資
カードを投げる人は、お金に対して感謝がない。
投資

上手にお金を使う
30の方法

お気に入り7 読んだ
10

自分のお金で支払うと、
お金の価値が分かる。
お金の重みを知ることが、
勉強になる。

自分のお金で支払うと、お金の価値が分かる。お金の重みを知ることが、勉強になる。 | 上手にお金を使う30の方法

お金の価値を知るには、お金を稼ぐ経験が必要です。

子供のころは、稼ぐ能力がないため、仕方なく親のお金に頼ってしまいます。

ある程度大人になって社会経験を積むと、自分の苦労がお金に変わるときがきます。

私は昔、ヤマザキパンで日雇いのアルバイトをしたことがあります。

それは生まれて初めてのアルバイトでした。

私はそのときまで、ずっと親のお金で生活していたため、お金の重みが分かりませんでした。

 

しかし、一度自分で働いてお金を受け取ると、お金の重みが違うことに誰もが気づきます。

私は2日間アルバイトをして、2万円を受け取りました。

この2万円が、重いのです。

「あれ、2万円って、こんなに重かったっけ?」と驚いたくらいです。

そのお金で、物を買います。

これが本当に痛いのです。

往々にしてお金とは、稼ぐときは時間も苦労も必要ですが、なくなるときは一瞬です。

この痛みをたくさん味わうことで、お金の価値が分かってきます。

お金を稼げるようになったら、払うときには親のお金ではなく、自分のお金で支払うようにしましょう。

自分の財布からお金を取り出し、痛みを感じながら、支払うのです。

親のお金のほうが楽ですが、あとあと自分の成長となるのは、自分で支払ったお金です。

まとめ

上手にお金を使う方法 その10
  • 自分のお金で支払う勇気を持つ。
身銭を切ると、何でも勉強になる。

もくじ
(上手にお金を使う30の方法)

同じカテゴリーの作品