人生の教科書



旅行
便利なリュックサックには、意外な危険がある。
ファッション
リュックサックではなく、カバンを片手に持つ。
就職活動
インターンシップを通してビジネスマナーを学ぶのでは、遅い。
ビジネスマナー
落ち着いたカラーで、イメージアップしよう。
就職活動
3回のノックは、早さと強さによって、印象が変わる。
就職活動
ビジネスの場にふさわしい身だしなみを心がける。
ビジネスマナー

社会人にふさわしい
30の服装マナー

お気に入り2 読んだ
4

リュックサックよりカバンのほうが、
ビジネスをスムーズに進められる。

リュックサックよりカバンのほうが、ビジネスをスムーズに進められる。 | 社会人にふさわしい30の服装マナー

出社の際、荷物を入れるのは、カバンですか。

それともリュックサックですか。

人によって、好みが分かれるところですね。

ただでさえ疲れる仕事ですから、出社くらいは少しでも楽をしたい気持ちを持つ人もいるでしょう。

そんなとき、やはりリュックサックを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

両手が自由に使えるようになるからです。

疲れにくくなるため、通勤も楽になることでしょう。

歩きやすくなったり、本屋では立ち読みしやすくなったりします。

山登りはリュックサックが定番であるように、疲れにくさや歩きやすさを重視すれば、リュックサックの右に出るものはありません。

 

しかし、です。

楽で効率のよい格好ではありますが、威厳に欠ける面があるのもたしかです。

スーツ姿にリュックサックという組み合わせは、ビジネスマンとしての身だしなみとして、威厳に欠けてしまう面があります。

 

たとえば、車を買うときに対応する社員が、リュックサックで現れると「大丈夫なのかな」と不安になります。

家を購入するとき、契約書がリュックサックから出てくると、内容に不信感を抱くことでしょう。

もちろん本人は決してそういうつもりではなくても、そう思ってしまう世間があります。

楽な格好をしているから、手を抜いたり、軽く考えていたりする様子だと誤解されやすいのです。

このことで、スムーズに進められるはずのビジネスの妨げになることもあります。

 

では、どういう持ち物がビジネスではふさわしいのかというと、やはりカバンです。

片手で持てるタイプのものがおすすめです。

片手でバックを持ち、さっそうと歩く姿は、仕事のできるビジネスマンらしく映ります。

ビジネスは、見かけで判断されることがあります。

周りの人から見て頼りがいのある姿をするほうが、社会人としての仕事を進めやすくなるのです。

まとめ

社会人にふさわしい服装マナー その4
  • 片手でバッグを持ち、
    会社へ向かう。
「ニンニク」「タバコ」「汗」は、においが残りやすい。

もくじ
(社会人にふさわしい30の服装マナー)

同じカテゴリーの作品