人生の教科書



ビジネスマナー
ビジネスにおける身だしなみは、性格、信用、評価に関わる。
ビジネスマナー
予備があると、不安がなくなり、業務に集中できる。
ビジネスマナー
用件が済んだ後の長居には気をつける。
ビジネスマナー
濡れた手のまま、トイレから出てきてはいけない。
ビジネスマナー
かっこいいネクタイも、左右に傾いていては、好印象が半減する。
成功哲学
わくわく、うきうきすることが、やりたいこと。
ビジネスマナー

社会人にふさわしい
30の服装マナー

お気に入り1 読んだ
28

公共の場でするお化粧は、
大道芸と同じパフォーマンス。

公共の場でするお化粧は、大道芸と同じパフォーマンス。 | 社会人にふさわしい30の服装マナー

公共の場で堂々とお化粧をしている女性を、ときおり見かけることがあります。

お化粧をするのは悪くはないのですが、問題なのは「場所」です。

たくさんの人がいる公共の場でするお化粧は「大道芸」さながらです。

「すごいな」と思わせるパフォーマンスを見ている気分になります。

恥ずかしさを感じることなく堂々としているところが、プロのように見えてきます。

大道芸人が観客からの注目の中で行う芸は、公共の場でお化粧をしている姿とさほど変わりありません。

たくさんの人の前で、面白いことを恥ずかしがらずに、堂々としています。

 

たとえば、電車の中で堂々とお化粧をする人です。

私は朝、満員電車に乗ることがありますが、まったく身動きが取れないほど満員のときがあります。

それは押しつぶされてしまいそうな満員電車です。

そんな中で、ファンデーションや口紅を塗り、マスカラでまつげを上げて化粧をしている人がいます。

私はどうしても、パフォーマンスに見えてしまい、朝から笑いそうになります。

それも女性です。

  • 「家でゆっくりすればいいことを、何もこんな一番やりにくいところでしなくても……」

スッピンを見せたがらない女性が、たくさんの人の前でお化粧ができる不自然さも考慮すると、笑いをこらえるのに必死になります。

  • 「言っていることと、やっていることが違うよ」

これはもはや、みんなを笑わせるためにわざとやっているようにしか見えません。

大道芸が観客を笑わせるように、公共の場でのお化粧も見えている人を笑わせます。

塗りたくっている本人は、一生懸命であり、真剣な表情です。

それでいて、恥ずかしいことをしていることに気づいていません。

それも笑えてしまうのです。

パフォーマンスが終われば、私は投げ銭をしたくなるのでした。

まとめ

社会人にふさわしい服装マナー その28
  • 公共の場で、
    お化粧をするのはやめる。
いつも変わらないスタイルは、面白みはないが堅実である。

もくじ
(社会人にふさわしい30の服装マナー)

同じカテゴリーの作品