成功者になる
30の条件

26
5

本に低級も高級もない。
ためになる本なら、
何でもいい。

本に低級も高級もない。ためになる本なら、何でもいい。 | 成功者になる30の条件

本には低級も高級もありません。

本の評価は、本人のためになるかどうかで決まります。

ためになる本なら、何でもよいのです。

本が、薄いか分厚いかどうかは関係ありません。

薄い本でもためになる本はたくさんあります。

むしろ薄い本のほうが、内容がわかりやすく書かれていて本人のためになる場合が多いです。

「小学生が読むような本を今さら、買うなんてプライドが許さない」という人は、学ぶことはできません。

見栄を張るから、読めもしない本を買うことになるのです。

文字が大きいとか小さいとかは、よい悪いには関係ありません。

大きい字でも、ためになる本はたくさんあります。

小さい字でも、全然わけのわからない本だってたくさんあります。

私は今、幸せです。

みんなにこの幸せを分けてあげたいなと思って本を書いています。

私はみんなのために好きなことをやっています。

みんなのために本を書いていますから、わかりやすく読みやすくすることが、読者に喜ばれます。

読むことに負担がかからないからです。

私の本で使われる字は、あえて大きめのフォントにしています。

最初と最後のタイトルは、もっと大きいフォントにしています。

行間が狭いと読みにくいですから、行間も広くとっています。

余白を取ることで、だいぶ読みやすくなっています。

だからとはいえ、内容はしっかりしているつもりです。

「今」の「水口貴博」の「100パーセント」で本を書いています。

手は抜いていません。

本当に読者のことを考えたよくできた本なら「中身があること」と「読みやすい」という本になります。

読者のことを考えた本は、小さい字が読みにくく、大きい字が読みやすく、レイアウトが読むことに影響することを知っています。

読者に負担がかからないように、わざと大きな字にしている本を見ると「この著者は読者のことを考えている人だ」とわかります。

私の本は、できるだけ大きい字でわかりやすく読んでもらえるように工夫しています。

本を手に取るために、フェロモンを出しているかのような「タイトル」をつけています。

遠回りではなく、単刀直入にタイトルを言い切っています。

この本のタイトルも「成功者になるコツ!」です。

成功者になりたいと思っている人なら、手にとってみたくなるタイトルです。

タイトルに引かれて手にとった人がページをめくったとき、興味を引くようなレイアウトにしています。

「読みやすさ」です。

私は今までいろいろな本を読んできましたが、つい引きこまれて読んでしまう本と出合うことがあります。

引きこまれてしまう本には「中身があること」と「見やすいこと」という共通点があることに気づきました。

ためになるかどうかは人それぞれですから、私は「水口貴博」を一生懸命書きます。

たいてい、このタイトルに引き付けられて読む人が、うなずいてくれる内容を書いているつもりです。

本屋で手にとる本は、自分が「面白そうだな」と思う本です。

それが自分の好きな分野の本になります。

成功者になる条件(26)
  • 好きな本で、学問する。
行動できる人が、成功する。

成功者になる30の条件
成功者になる30の条件

  1. 報酬は「お金」より「成長」を求める人が成功する。
    報酬は「お金」より「成長」を求める人が成功する。
  2. 20歳の人間に適性はない。<br>適性は、やりたいことをやって身についてくる。
    20歳の人間に適性はない。
    適性は、やりたいことをやって身についてくる。
  3. 無理に続けることは、続かない。
    無理に続けることは、続かない。
  4. できない人は、言葉で口説く。<br>できる人は、行動で口説く。
    できない人は、言葉で口説く。
    できる人は、行動で口説く。
  5. できる人は、ビジョンを語り合う。<br>できない人は、過去を語り合う。
    できる人は、ビジョンを語り合う。
    できない人は、過去を語り合う。
  6. 予定変更は延期ではなく、前倒しにするとうまくいく。
    予定変更は延期ではなく、前倒しにするとうまくいく。
  7. フットワークが軽い人は、仕事ができる人。
    フットワークが軽い人は、仕事ができる人。
  8. できる人は、先手を打って有利になる。
    できる人は、先手を打って有利になる。
  9. 実力社会こそ、数字が正直に評価される社会だ。
    実力社会こそ、数字が正直に評価される社会だ。
  10. 1人の時間とは、自分のことを考える時間のこと。
    1人の時間とは、自分のことを考える時間のこと。
  11. 敵は殺さず、仲間にしてしまう。<br>桃太郎に見習おう。
    敵は殺さず、仲間にしてしまう。
    桃太郎に見習おう。
  12. 一生懸命仕事ができる人は、一生懸命遊ぶことができる人。
    一生懸命仕事ができる人は、一生懸命遊ぶことができる人。
  13. 早歩きの人は、頭の回転が速くなる。
    早歩きの人は、頭の回転が速くなる。
  14. できる人は、哲学を持っている。<br>判断基準がしっかりすると、生き方もしっかりする。
    できる人は、哲学を持っている。
    判断基準がしっかりすると、生き方もしっかりする。
  15. 前かがみになっている人は、やる気のある人。
    前かがみになっている人は、やる気のある人。
  16. 本は心の栄養。<br>体は大きくならないが、心は無限大に大きくなっていく。
    本は心の栄養。
    体は大きくならないが、心は無限大に大きくなっていく。
  17. 朝から飛ばしてスタートすると、1日全体の調子がよくなる。
    朝から飛ばしてスタートすると、1日全体の調子がよくなる。
  18. やろうとしないだけ。<br>やってみれば、何とかなる。
    やろうとしないだけ。
    やってみれば、何とかなる。
  19. 記憶力より記録力。<br>社会で必要な人材は、記録力を持った人。
    記憶力より記録力。
    社会で必要な人材は、記録力を持った人。
  20. 「あんなふうになりたい」と思ったことは、自分にもそうなれる才能がある。
    「あんなふうになりたい」と思ったことは、自分にもそうなれる才能がある。
  21. 完璧を目指す人に、完璧はない。<br>「今」の「自分」の「100パーセント」を出すことが大切。
    完璧を目指す人に、完璧はない。
    「今」の「自分」の「100パーセント」を出すことが大切。
  22. 他人の考えより、自分が考えて間違えるほうが、かっこいい。
    他人の考えより、自分が考えて間違えるほうが、かっこいい。
  23. 本、人、映画などの経験は、心の状態に応じて、受ける刺激が変わってくる。
    本、人、映画などの経験は、心の状態に応じて、受ける刺激が変わってくる。
  24. すべての「マイナス思考」は「プラス思考」に変えることができる。<br>意識を変えるだけでいい。
    すべての「マイナス思考」は「プラス思考」に変えることができる。
    意識を変えるだけでいい。
  25. 学校教育が、天才を凡才にしてしまう。
    学校教育が、天才を凡才にしてしまう。
  26. 本に低級も高級もない。<br>ためになる本なら、何でもいい。
    本に低級も高級もない。
    ためになる本なら、何でもいい。
  27. 行動できる人が、成功する。
    行動できる人が、成功する。
  28. 成功者ほど、頭の中が整理されている。
    成功者ほど、頭の中が整理されている。
  29. 失敗者は「逆境」で諦める。<br>成功者は「逆境」をバネにする。
    失敗者は「逆境」で諦める。
    成功者は「逆境」をバネにする。
  30. 当たり前のことほど見落としやすいのが、人間。
    当たり前のことほど見落としやすいのが、人間。

同じカテゴリーの作品

3:58

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION