就職活動

就職活動における身だしなみの
30のマナー

読んだ お気に入り0
4

スーツは、
自分の判断だけで選ばない。

スーツは、自分の判断だけで選ばない。 | 就職活動における身だしなみの30のマナー

スーツの購入で、よくある失敗があります。

自分の判断だけで選んでしまうことです。

もちろん自分の判断で選ぶのは当然ですが、問題なのは「自分の判断だけ」という点です。

学生が、自分の判断だけで選ぼうとすると、偏った視点になりがちです。

サイズ重視、デザイン重視などです。

スーツを選ぶ際、就職活動における標準とは異なったものを選びがちです。

自分の判断で選んだスーツが、就職活動にふさわしいとは限らない。

サイズもデザインも、自分では普通と思っても、一般的には非常識かもしれません。

社会人を未経験であるため、就職活動用のスーツを選ぶとき、判断を誤りやすいのです。

そこで頼りにしたいのが、店員です。

スーツを購入する際は、自分の判断だけで決めるのではなく、店員の意見も参考にしましょう。

「就職活動をするのですが、どんなスーツがおすすめでしょうか」

そう聞けば、あなたの雰囲気やサイズに合ったスーツを案内してくれるはずです。

ベテランの店員は、就職活動用のスーツについて豊富な知識と経験がありますから、まず間違えることはないでしょう。

もし自分の判断に自信がなければ、すべて店員に任せてもかまいません。

特に首回りや丈の長さなどのサイズは、自分だけで判断せず、プロに任せたほうが安心です。

自分の判断だけで選ばないことです。

自分の常識はまだ不十分であると自覚して、謙虚にプロの意見を取り入れたほうが、失敗を防げます。

まとめ

就職活動における身だしなみのマナー その4
  • 自分の判断だけでなく、店員の意見も参考にする。
就職活動に、高級ブランドは不要。

もくじ
就職活動における身だしなみの30のマナー
スーツは、自分の判断だけで選ばない。 | 就職活動における身だしなみの30のマナー

  1. 身だしなみが整っている人は、仕事もできる。
  2. おしゃれと身だしなみを、同じと考えない。
  3. ハンカチやティッシュも、印象に影響する場合がある。
  4. スーツは、自分の判断だけで選ばない。
  5. 就職活動に、高級ブランドは不要。
  6. 「面接は私服でかまわない」という言葉を、本気にしない。
  7. 自分の個性を表現するには、手持ちの服が無難。
  8. 私服で面接を受けるときの心がけ。
  9. くせ毛の人は、面接前、ストレートパーマをかけるべきか。
  10. 丸刈りは、面接に不利なのか。
  11. メガネをかけていると、面接で印象が悪くなるのか。
  12. 髪を染めたまま、面接を受けてもいいのか。
  13. 面接で心がけたい、男性の身だしなみのマナー。
  14. 面接で心がけたい、女性の身だしなみのマナー。
  15. スーツで差をつけるには、どうすればいいのか。
  16. 「スーツを着ているほうが落ち着く」と思うくらい、スーツを着慣れる。
  17. ピアスの穴や跡は、面接での選考に影響するのか。
  18. ポケットが大きく膨らむなら、カバンに入れておくほうがいい。
  19. 男性でも、メイクは必要なのか。
  20. 半袖と長袖。
    面接でふさわしいのは、どちらか。
  21. 上着には、2つボタンと3つボタンがある。
    就職活動にふさわしいのはどちらか。
  22. もらったネクタイが、就職活動に適さなければ、どうするか。
  23. 腕時計をしない人でも、面接では身につけておくといい。
  24. 面接官は、こっそりあなたの爪を確認している。
  25. 靴下は、ささいな部分だから、その人の考えがよく表れる。
  26. 極端に先端が丸いビジネス用の靴は、知的でシャープな印象に欠ける。
  27. 夏場に注意するのは、汗だけではない。
    皮脂のお手入れも、身だしなみの1つ。
  28. 夏の就職活動でも、上着やネクタイの着用は必要か。
  29. 面接でカラーのコンタクトレンズは、許されるのか。
  30. 歯のホワイトニングで、笑顔の印象を上げる。

同じカテゴリーの作品