人生の教科書



就職活動
スーツで差をつけるには、どうすればいいのか。
就職活動
「スーツを着ているほうが落ち着く」と思うくらい、スーツを着慣れる。
就職活動
「面接は私服でかまわない」という言葉を、本気にしない。
就職活動
スーツを買うべきタイミングとは。
就職活動
普通のスーツが、面接官を最も安心させる。
就職活動
どちらでもよい状況があれば、最後の判断基準は、自分の好み。
就職活動

就職活動における身だしなみの
30のマナー

お気に入り0 読んだ
4

スーツは、
自分の判断だけで選ばない。

スーツは、自分の判断だけで選ばない。 | 就職活動における身だしなみの30のマナー

スーツの購入で、よくある失敗があります。

自分の判断だけで選んでしまうことです。

もちろん自分の判断で選ぶのは当然ですが、問題なのは「自分の判断だけ」という点です。

学生が、自分の判断だけで選ぼうとすると、偏った視点になりがちです。

サイズ重視、デザイン重視などです。

スーツを選ぶ際、就職活動における標準とは異なったものを選びがちです。

自分の判断で選んだスーツが、就職活動にふさわしいとは限らない。

サイズもデザインも、自分では普通と思っても、一般的には非常識かもしれません。

社会人を未経験であるため、就職活動用のスーツを選ぶとき、判断を誤りやすいのです。

そこで頼りにしたいのが、店員です。

スーツを購入する際は、自分の判断だけで決めるのではなく、店員の意見も参考にしましょう。

  • 「就職活動をするのですが、どんなスーツがおすすめでしょうか」

そう聞けば、あなたの雰囲気やサイズに合ったスーツを案内してくれるはずです。

ベテランの店員は、就職活動用のスーツについて豊富な知識と経験がありますから、まず間違えることはないでしょう。

もし自分の判断に自信がなければ、すべて店員に任せてもかまいません。

特に首回りや丈の長さなどのサイズは、自分だけで判断せず、プロに任せたほうが安心です。

自分の判断だけで選ばないことです。

自分の常識はまだ不十分であると自覚して、謙虚にプロの意見を取り入れたほうが、失敗を防げます。

まとめ

就職活動における身だしなみのマナー その4
  • 自分の判断だけでなく、
    店員の意見も参考にする。
就職活動に、高級ブランドは不要。

もくじ
(就職活動における身だしなみの30のマナー)

同じカテゴリーの作品