人生の教科書



就職活動
面接で心がけたい、男性の身だしなみのマナー。
就職活動
面接に持参したい、11の持ち物。
就職活動
男性でも、メイクは必要なのか。
就職活動
スーツで差をつけるには、どうすればいいのか。
就職活動
ピアスの穴や跡は、面接での選考に影響するのか。
就職活動
半袖と長袖。
面接でふさわしいのは、どちらか。
就職活動

就職活動における身だしなみの
30のマナー

お気に入り1 読んだ
14

面接で心がけたい、
女性の身だしなみのマナー。

面接で心がけたい、女性の身だしなみのマナー。 | 就職活動における身だしなみの30のマナー

基本は、黒髪です。

髪型は、ショートヘアでもロングヘアでもかまいませんが、清潔感が出るようにしましょう。

お辞儀したとき、髪が前にかからないよう、ピンやゴムで束ねることをおすすめします。

  • メガネ

ファッション性やブランド名が目立つメガネは、NGです。

できるだけシンプルなメガネが好ましいでしょう。

  • メイク

派手なメイクは当然NGですが、地味なメイクも、印象も暗くなりやすいため注意です。

明るくて、清潔感のあるメイクを心がけましょう。

マニキュアはOKですが、色に注意です。

派手な色は選ばず、透明やベージュなど、自然な色がいいでしょう。

  • スーツ

自分の体形に合ったスーツを選びましょう。

ふさわしい色は、黒・ダークグレー・紺です。

面接直前は、しみやしわがないように注意です。

ふけが出やすい人は、面接直前、肩のふけを落とすようにしましょう。

  • ポケット

ポケットに小物を入れすぎると、膨らんで見苦しくなります。

基本的にポケットには、ハンカチとティッシュ以外は、入れないようにしましょう。

ポケットの蓋は、外に出しておくのが基本です。

  • ワイシャツ

胸元が開きすぎたり、フリルやリボンが付いたりするワイシャツは、NGです。

白のシンプルなワイシャツがベストです。

しみやしわがないようにしましょう。

  • スカート

裾が広がっているタイプは、NGです。

基本は、タイトスカートです。

丈の長さは、膝が少し隠れるくらいがふさわしいでしょう。

  • パンツ

パンツの場合、シンプルなストレートラインを選びましょう。

裾は、シングルでもダブルでもかまいません。

裾が短すぎたり長すぎたりしないよう、寸法をきちんと合わせておきましょう。

  • カバン

ファッション性やブランド名が目立つタイプは、NGです。

色は、黒が基本です。

面接に必要な書類を入れられるよう、A4サイズの書類が収まるビジネスバッグがふさわしいでしょう。

  • アクセサリー

一切のアクセサリーは、面接にふさわしくありません。

  • 時計

時計は、必須ではありませんが、できるだけ身につけておくことをおすすめします。

面接は公式の場なので、時計を身につけておくと、印象がよくなります。

ファッション性やブランド名が目立つ時計は避け、シンプルなタイプをおすすめします。

バンドは、黒か茶の革か、ステンレスシルバーを選びましょう。

  • ストッキング

「就職活動=黒」というイメージが強いため「ストッキングも黒」と考える人もいるでしょう。

 

しかし、黒いストッキングは、喪服を連想させる場合があるため、ふさわしくありません。

ベージュなど、肌の色に近いストッキングを選びましょう。

電線や穴が開いていないことを確認しましょう。

予備のストッキングを持参すれば、安心です。

ハイヒールやミュールなど、カジュアルな靴はNGです。

ベストは、黒のパンプスです。

ヒールは、5センチが基本ですが、慣れていない人は、3センチでもOKです。

靴を磨いて、清潔感のある状態にしておきましょう。

まとめ

就職活動における身だしなみのマナー その14
  • 女性の身だしなみのマナーを、
    心得る。
スーツで差をつけるには、どうすればいいのか。

もくじ
(就職活動における身だしなみの30のマナー)

同じカテゴリーの作品