就職活動
就職活動に、高級ブランドは不要。
就職活動
スーツで差をつけるには、どうすればいいのか。
就職活動
半袖と長袖。
面接でふさわしいのは、どちらか。
就職活動
丸刈りは、面接に不利なのか。
就職活動

就職活動における身だしなみの
30のマナー

読んだ お気に入り0
8

私服で面接を受けるときの心がけ。

私服で面接を受けるときの心がけ。 | 就職活動における身だしなみの30のマナー

面接ではスーツが基本ですが、例外もあります。

アパレル業界やファッション業界などの面接では、私服による面接が許容されていることがあります。

「スーツは厳禁」「自由な服装でお越しください」などです。

場合によっては、私服で来るように指示される場合もあります。

アパレル業界やファッション業界に就職するなら、ファッションセンスも、重要な確認ポイントの1つ。

ファッションセンスを確認するために、面接でも、私服で来るように指示されることがあるのです。

 

さて、指示のとおり、服装は自由でいいのですが、服を選ぶときに工夫があります。

服装の一部に、志望企業のブランドを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

たとえば、Aブランドの企業の面接なら、Aブランドの服装を着て面接を受けます。

自社ブランドの服を来ていれば、応募者が、そのブランドに好意を寄せていることが伝わりやすくなります。

普段から身につけている印象も出やすくなるでしょう。

 

ただし、いくら志望企業のブランドでも、やはり派手なものは不適切です。

志望企業のブランドを選ぶ場合も、シンプルで落ち着いた範囲が適切です。

自由な服装という条件を生かして、アピールポイントに変えましょう。

まとめ

就職活動における身だしなみのマナー その8
  • 私服面接では、余裕があれば、志望企業のブランドを服装の一部に取り入れる。
くせ毛の人は、面接前、ストレートパーマをかけるべきか。

もくじ
就職活動における身だしなみの30のマナー
私服で面接を受けるときの心がけ。 | 就職活動における身だしなみの30のマナー

  1. 身だしなみが整っている人は、仕事もできる。
  2. おしゃれと身だしなみを、同じと考えない。
  3. ハンカチやティッシュも、印象に影響する場合がある。
  4. スーツは、自分の判断だけで選ばない。
  5. 就職活動に、高級ブランドは不要。
  6. 「面接は私服でかまわない」という言葉を、本気にしない。
  7. 自分の個性を表現するには、手持ちの服が無難。
  8. 私服で面接を受けるときの心がけ。
  9. くせ毛の人は、面接前、ストレートパーマをかけるべきか。
  10. 丸刈りは、面接に不利なのか。
  11. メガネをかけていると、面接で印象が悪くなるのか。
  12. 髪を染めたまま、面接を受けてもいいのか。
  13. 面接で心がけたい、男性の身だしなみのマナー。
  14. 面接で心がけたい、女性の身だしなみのマナー。
  15. スーツで差をつけるには、どうすればいいのか。
  16. 「スーツを着ているほうが落ち着く」と思うくらい、スーツを着慣れる。
  17. ピアスの穴や跡は、面接での選考に影響するのか。
  18. ポケットが大きく膨らむなら、カバンに入れておくほうがいい。
  19. 男性でも、メイクは必要なのか。
  20. 半袖と長袖。
    面接でふさわしいのは、どちらか。
  21. 上着には、2つボタンと3つボタンがある。
    就職活動にふさわしいのはどちらか。
  22. もらったネクタイが、就職活動に適さなければ、どうするか。
  23. 腕時計をしない人でも、面接では身につけておくといい。
  24. 面接官は、こっそりあなたの爪を確認している。
  25. 靴下は、ささいな部分だから、その人の考えがよく表れる。
  26. 極端に先端が丸いビジネス用の靴は、知的でシャープな印象に欠ける。
  27. 夏場に注意するのは、汗だけではない。
    皮脂のお手入れも、身だしなみの1つ。
  28. 夏の就職活動でも、上着やネクタイの着用は必要か。
  29. 面接でカラーのコンタクトレンズは、許されるのか。
  30. 歯のホワイトニングで、笑顔の印象を上げる。

同じカテゴリーの作品