旅行

海外旅行が楽しくて快適になる
30の裏技

読んだ お気に入り0
19

ブランドショップに行くなら、
きちんとした格好で行くと待遇がよくなる。

ブランドショップに行くなら、きちんとした格好で行くと待遇がよくなる。 | 海外旅行が楽しくて快適になる30の裏技

人によって、海外旅行の目的が「ショッピング」という人もいるでしょう。

観光やグルメにはあまり興味がなく、いい物を安く手に入れるために海外へ出かける人も少なくありません。

特に高級ブランド品は、海外のほうが安く手に入れられることがあります。

母国で海外のブランド品を手に入れようとすると、海外からの運搬量などの手間賃がかかっているため、割高な場合が多いです。

その点、直接海外で手に入れるなら、その手間賃をカットできるため、いくぶん安く購入できます。

また、世界的な海外ブランドの場合なら、海外のほうが種類が豊富で、買い物の幅も広がります。

そういう高級ブランド品をショッピングするとき、1つアドバイスがあります。

ブランドショップに行くなら、きちんとした格好をするのです。

本来、海外では高級な格好は危険ですが、このときには、きちんとした格好でブランドショップへ向かうほうがいいでしょう。

ショップの店員は、まずお客さんの姿格好で接客のランクを考えます。

きちんとした格好の人には、上客だと判断して、よりよいサービスを提供します。

可能なら、そのブランドショップのブランド品を身につけていくと、よりベターです。

Aブランドなら、Aブランドの服装でいくのが理想です。

ショップの定員は、自社ブランド品のロゴが見えなくても、一目で分かります。

自社ブランド品の愛用者だと分かると、ショップ店員の態度がよくなります。

まとめ

海外旅行が楽しくて快適になる裏技 その19
  • ブランドショップへ買い物に行くなら、きちんとした格好で行く。
旅の目的を意識すると、より楽しみやすくなる。

もくじ
海外旅行が楽しくて快適になる30の裏技
ブランドショップに行くなら、きちんとした格好で行くと待遇がよくなる。 | 海外旅行が楽しくて快適になる30の裏技

  1. 旅の印象を決める重要ポイントは「行き先」より「時期」。
  2. 機内食は、飲み放題、食べ放題。
  3. 「ラストスパートの法則」を、海外旅行にも応用せよ。
  4. 温泉施設は「観光」と「休憩」を同時に達成できる場所。
  5. お土産を早めに買っておけば、旅の楽しみに専念しやすくなる。
  6. 旅行に行くことを誰にも言わなければ、お土産を買わなくて済む。
  7. 飛行機を降りた後、空港で手荷物を早く出してもらう方法。
  8. 飛行機の中で寝やすくなる3つのアイテム。
  9. 知られていない飛行機の「特別機内食」。
  10. 飛行機内の「入国カード」と「税関申告書」は、早めに書き終えてしまうほうがいい。
  11. やはり専門家の力はすごい。
    旅行代理店の人の情報力は、本当に頼りになる。
  12. 海外旅行直前は、語学の吸収力が特に強い。
  13. 観光バスの最前列こそ、最も観光に適した特別シートだ。
  14. 船には「船酔いしにくい席」と「船酔いしやすい席」がある。
  15. 繁華街のど真ん中なら、高額のホテル代はメリットで相殺できる。
    ホテルは、繁華街のど真ん中を狙え。
  16. 多くの人は、リコンファームを難しく考えすぎ。
    実は3行の英会話だけでいい。
  17. 手荷物を無料で丁寧に扱ってもらえる、一言とは。
  18. 荷造りは大きなものから入れ、隙間を衣類で埋める。
  19. ブランドショップに行くなら、きちんとした格好で行くと待遇がよくなる。
  20. 旅の目的を意識すると、より楽しみやすくなる。
  21. レストランや劇場で、案内人から上席へと案内されやすくなる方法。
  22. 車に酔いやすい人は、おんぼろバスを狙え。
  23. 普段は目立たない方位磁石は、海外では役立つ。
  24. 部屋を変更してもらいやすくなる裏技。
  25. 入国審査を少しでも早く済ませる方法。
  26. 込み入った情報は、自分から添乗員に尋ねる姿勢が必要。
  27. マッサージ師や美容師は、隠れた情報通である。
  28. 女性が荷物を減らしつつ、おしゃれを倍に楽しめる方法。
  29. 学生なら、学生割引を使わない手はない。
    「国際学生証」を手に入れよ。
  30. 海外で、学生でなくても学生割引が効く「国際青年旅行証」。

同じカテゴリーの作品