人生の教科書



アイデア発想
感動する機会が増やすことで、アイデアのパワーが強くなる。
アイデア発想
本を読むだけで、想像力を鍛えることができる。
アイデア発想
褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
アイデア発想
芸術とは、自己表現の手段。
作品とは、もう1人の自分。
独立・起業

時代の先を読む力をつける
30の方法

お気に入り9 読んだ
5

あらすじをまとめた記事を使って、
素早く情報を収集する。

あらすじをまとめた記事を使って、素早く情報を収集する。 | 時代の先を読む力をつける30の方法

一つ一つの記事を丁寧に読むのは、時間も体力も必要です。

真面目なのは結構ですが、時間がかかりすぎるため現実的ではありません。

そこで、ニュースをまとめた記事を活用します。

  • 「今日のスポーツのハイライト」

  • 「出来事のダイジェスト」

  • 「小説のあらすじ」

  • 「物語の概要」

私は、こうした重要な部分をピックアップした記事が大好きです。

短時間で、できるだけ正確に情報を入手するためには、時間と体力のショートカットに使わない手はありません。

 

たとえば、ロシアの文豪ドストエフスキーには『罪と罰』という作品があります。

これは社会にも影響を与えた、世界的にも有名な作品です。

有名なので、政治経済ニュースを読んでいても頻繁に目にします。

私はあまりに目にする作品なので、無性に気になって仕方なくなりました。

そこである日、どんな作品なのか気になって調べてみると、なんとページ数の多い超大作です。

内容を知るために分厚い本を徹夜して読破するのは、時間も体力もかかりすぎます。

そういうときこそ、あらすじをまとめた記事を活用します。

インターネットで検索すると『罪と罰』のあらすじをまとめたサイトがあるので、そこで概要だけチェックしておけばいいでしょう。

もちろん概要を読んで興味をそそられ、さらに深く読みたいと思ったときには、あらためて文庫本を購入して読めばいい。

内容をまとめた記事があれば、ぜひ、最大限に活用しましょう。

大幅に時間を節約でき、情報収集する力を、強化できます。

まとめ

時代の先を読む力をつける方法 その5
  • 概要をまとめた記事を、
    最大限に活用する。
「週刊ダイジェスト」は、忙しいビジネスマンにもってこい。

もくじ
(時代の先を読む力をつける30の方法)

同じカテゴリーの作品