執筆者:水口貴博

まとめ
(いらいらしない人になる30の方法)
いらいらしない人になる30の方法

  • 気持ちに余裕を作る、生活スタイルに変える。
  • 生活スタイルを変える。
  • 生活の中から「ぎりぎり」をなくす。
  • 「練習だ」と思う。
  • 価値観を、ごみ箱に捨てる。
  • いらいらしたら、紙に書いてごみ箱へ捨てる。
  • いらいらした日は、車の運転を控える。
  • 間違いを生かす。
  • 早めに家を出る習慣を持つ。
  • 批判を成長に受け止める。
  • いらいらしたら「寝る」か「忙しく」する。
  • 体を動かす習慣を持つ。
  • 体を動かす機会を、捨てないようにする。
  • いらいらを、芸術的表現として、発散させる。
  • 「あなた、あなた」と考える習慣をもつ。
  • 遠くを見つめる。
  • 目標より、目的を見つめる。
  • まめにコミュニケーションを取る。
  • 話したことのない人に、話しかける。
  • ぶつぶつ文句や不満を言う人になる。
  • 励ます側になる。
  • 思いどおりにできないことに、気づく。
  • バス停では、バスが来ないほうを見て、上手に暇つぶしをする。
  • いらいらしたら、海へ出かける。
  • ストレスを、上手に吐き出す。
  • いらいらほど、成長に変える。
  • ふわふわに触れて、癒される。
  • 「いい思い出になった」と言う。
  • できるところだけを、見つめる。
  • 宝物を、自分の中に見つける。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION