会話

人の才能を伸ばす
30の褒め方

4
13

「褒め言葉」と
「おだて」の一番の違いは、
気持ちに嘘があるかどうか。

「褒め言葉」と「おだて」の一番の違いは、気持ちに嘘があるかどうか。 | 人の才能を伸ばす30の褒め方

「褒める」と「おだてる」は、話の中身はそっくりです。

 

しかし、実際は、相手に与える印象は大きく変わってきます。

似たような表現ですが、実はまったく別物であることを知っておきましょう。

「褒め言葉」と「おだて」の一番の違いは、口にしている本人の気持ちに嘘があるかどうかです。

「おだてる」というのは、相手の機嫌を取ったり、歯の浮くようなお世辞を言ったりすることを差します。

ここでの「おだて」とは、ほとんどの場合が嘘であることが前提です。

言葉の内容が本当のことでも、気持ちに嘘があり、相手の機嫌を取るために言っているだけです。

相手の機嫌を取るために言っていることですから、気持ちが伴っておらず、嘘の内容がほとんどです。

その一方で「褒める」ということは、相手が自分で気づかない長所や魅力を発掘し、相手に伝えてあげるということです。

ここでの褒め言葉に偽りはなく、魅力的だと思うチャームポイントやすごいなと思う長所を相手に惜しみなく伝えることを言います。

よくお世辞を言う人がいますが、嘘の気持ちで言っているということであり、お世辞を言えば言うほど本人の信用がなくなります。

不思議なことに本気で言っている言葉が、褒め言葉なのかそれともお世辞なのかは、相手にははっきりわかるものです。

話しているときの表情に表れたり、言葉のイントネーションに表れたりするからです。

心の気持ちに嘘があると、必ず表情や言葉のニュアンスやイントネーションに表れてきます。

あなたが人を褒めようとするときは、心から本当に思っている真実を伝えるようにしましょう。

心なしにいいことを言って機嫌をとろうとしても、逆効果です。

相手の機嫌を取って、自分の印象をよくもってもらおうとすると、相手に伝わりあなたはお世辞のうまい人と思われます。

相手が自分でも気づかないチャームポイントをあなたが発見して、それを伝えればいいことなのです。

気持ちに嘘があって口にしている褒め言葉は、褒め言葉ではなく、実は単なるお世辞だったのです。

人の才能を伸ばす褒め方(13)
  • 嘘のない褒め言葉を、伝える。
「感謝される文章」より「感動できる文章」のほうが、心に残る。

もくじ
人の才能を伸ばす30の褒め方
「褒め言葉」と「おだて」の一番の違いは、気持ちに嘘があるかどうか。 | 人の才能を伸ばす30の褒め方

  1. 褒め言葉は、人間関係を活性化させる言葉だ。
    褒め言葉は、人間関係を活性化させる言葉だ。
  2. うまくいった瞬間に褒めること。
    うまくいった瞬間に褒めること。
  3. 朝のニュースは、ネガティブな情報であふれている。
    朝のニュースは、ネガティブな情報であふれている。
  4. 話題をコントロールすれば、感情もコントロールできる。
    話題をコントロールすれば、感情もコントロールできる。
  5. おいしくない食事は「まずい」とは言わず「変わった味ですね」と褒めてしまう。
    おいしくない食事は「まずい」とは言わず「変わった味ですね」と褒めてしまう。
  6. 日常は褒めることであふれている。<br>「当たり前のこと」も、褒める機会にしよう。
    日常は褒めることであふれている。
    「当たり前のこと」も、褒める機会にしよう。
  7. 「言葉」も褒めることができる人は、感性が豊かな人。
    「言葉」も褒めることができる人は、感性が豊かな人。
  8. 褒める人を、好きになる。
    褒める人を、好きになる。
  9. 褒め言葉は、完了形や進行形を使う。<br>過去形は、できるだけ控える。
    褒め言葉は、完了形や進行形を使う。
    過去形は、できるだけ控える。
  10. 褒め言葉には、人生を変える力がある。
    褒め言葉には、人生を変える力がある。
  11. 褒め言葉が、勉強を楽しくさせる。
    褒め言葉が、勉強を楽しくさせる。
  12. 陰でこそこそすると、言葉の効力が大きくなる。
    陰でこそこそすると、言葉の効力が大きくなる。
  13. 「褒め言葉」と「おだて」の一番の違いは、気持ちに嘘があるかどうか。
    「褒め言葉」と「おだて」の一番の違いは、気持ちに嘘があるかどうか。
  14. 「感謝される文章」より「感動できる文章」のほうが、心に残る。
    「感謝される文章」より「感動できる文章」のほうが、心に残る。
  15. 叱るときには、2人のほうがいい。<br>褒めるときには、みんなの前のほうがいい。
    叱るときには、2人のほうがいい。
    褒めるときには、みんなの前のほうがいい。
  16. 褒めてくれる人と付き合っていると、能力が伸びる。
    褒めてくれる人と付き合っていると、能力が伸びる。
  17. 不幸そうな人の言うことを聞いてはいけない。<br>自分もそうなってしまうから。
    不幸そうな人の言うことを聞いてはいけない。
    自分もそうなってしまうから。
  18. 「この人は違う!」と思われる人は、人とは違うところを褒めている。
    「この人は違う!」と思われる人は、人とは違うところを褒めている。
  19. もう少し言葉を付け加え、具体的な表現にする。
    もう少し言葉を付け加え、具体的な表現にする。
  20. せっかくの褒め言葉を、ごみ箱へぽいと捨てないこと。
    せっかくの褒め言葉を、ごみ箱へぽいと捨てないこと。
  21. 「言葉」ほど、素晴らしいコミュニケーションの道具はない。
    「言葉」ほど、素晴らしいコミュニケーションの道具はない。
  22. 1日1回は、誰かを褒めよう。
    1日1回は、誰かを褒めよう。
  23. 知らない人にも、褒め言葉で話しかければいい。
    知らない人にも、褒め言葉で話しかければいい。
  24. 性格のよい人は、よいことを口にする。<br>性格の悪い人は、悪いことを口にする。
    性格のよい人は、よいことを口にする。
    性格の悪い人は、悪いことを口にする。
  25. 心がこもっていないと、すぐ見抜かれる。
    心がこもっていないと、すぐ見抜かれる。
  26. 恋愛の下手な人ほど、相手をけなして振り向かせようとする。
    恋愛の下手な人ほど、相手をけなして振り向かせようとする。
  27. 「欠点」は、褒めてもいい。
    「欠点」は、褒めてもいい。
  28. みんなと同じことをしない。<br>みんながしない方法でアピールすること。
    みんなと同じことをしない。
    みんながしない方法でアピールすること。
  29. 成長するということは、新しい「色」を取り入れるということ。
    成長するということは、新しい「色」を取り入れるということ。
  30. あなたの努力は、あなたが一番よく知っている。
    あなたの努力は、あなたが一番よく知っている。

同じカテゴリーの作品