会話

人の才能を伸ばす
30の褒め方

読んだ お気に入り38
24

性格のよい人は、
よいことを口にする。
性格の悪い人は、
悪いことを口にする。

性格のよい人は、よいことを口にする。性格の悪い人は、悪いことを口にする。 | 人の才能を伸ばす30の褒め方

不思議なことに褒め言葉が習慣になっている人で、性格の悪い人はいません。

いつも褒めるということは、いつも人のよいところを探しているということです。

「この人は、どんなすてきなところがあるのだろう」ということを前提に、アンテナをいつもオンにしています。

ですから、人と話せば話すほど相手の長所が見えてくるのです。

人に対して前向きに接しているということです。

性格のよいところを探している人は、性格のいい人なのです。

それに対して性格の悪い人は、決まって陰口を叩いたり、悪口を言いふらしたりしています。

自分の性格という内面が悪いから、内から外へと出てくる言葉も悪い表現だらけなのです。

人の性格を見分けるポイントは、口から出てくる言葉です。

口から発せられる言葉に、妬み、恨み、悪口、妬み、陰口など「悪」が付いている人は、性格も悪い人です。

 

しかし、褒め言葉が言える人は、人に対して前向きに接している証拠です。

性格がいいということなのです。

私は今、悪口を言う人とは意識的に付き合わないようにしています。

意識的に付き合わないように心がけることで、非難する言葉が自分の中に入ることが少なくなり、自分の心も乱されずにすみます。

誰かを侮辱したり悪口を言ったりしか楽しみがない人とは、一緒にいると、こちらまで険悪な雰囲気が移ります。

よい影響は移してもらいたいなと思いますが、悪い影響は受けたくないのです。

まとめ

人の才能を伸ばす褒め方 その24
  • 悪口を言う人と、付き合わないようにする。
心がこもっていないと、すぐ見抜かれる。

もくじ
人の才能を伸ばす30の褒め方
性格のよい人は、よいことを口にする。性格の悪い人は、悪いことを口にする。 | 人の才能を伸ばす30の褒め方

  1. 褒め言葉は、人間関係を活性化させる言葉だ。
  2. うまくいった瞬間に褒めること。
  3. 朝のニュースは、ネガティブな情報であふれている。
  4. 話題をコントロールすれば、感情もコントロールできる。
  5. おいしくない食事は「まずい」とは言わず「変わった味ですね」と褒めてしまう。
  6. 日常は褒めることであふれている。
    「当たり前のこと」も、褒める機会にしよう。
  7. 「言葉」も褒めることができる人は、感性が豊かな人。
  8. 褒める人を、好きになる。
  9. 褒め言葉は、完了形や進行形を使う。
    過去形は、できるだけ控える。
  10. 褒め言葉には、人生を変える力がある。
  11. 褒め言葉が、勉強を楽しくさせる。
  12. 陰でこそこそすると、言葉の効力が大きくなる。
  13. 「褒め言葉」と「おだて」の一番の違いは、気持ちに嘘があるかどうか。
  14. 「感謝される文章」より「感動できる文章」のほうが、心に残る。
  15. 叱るときには、2人のほうがいい。
    褒めるときには、みんなの前のほうがいい。
  16. 褒めてくれる人と付き合っていると、能力が伸びる。
  17. 不幸そうな人の言うことを聞いてはいけない。
    自分もそうなってしまうから。
  18. 「この人は違う!」と思われる人は、人とは違うところを褒めている。
  19. もう少し言葉を付け加え、具体的な表現にする。
  20. せっかくの褒め言葉を、ごみ箱へぽいと捨てないこと。
  21. 「言葉」ほど、素晴らしいコミュニケーションの道具はない。
  22. 1日1回は、誰かを褒めよう。
  23. 知らない人にも、褒め言葉で話しかければいい。
  24. 性格のよい人は、よいことを口にする。
    性格の悪い人は、悪いことを口にする。
  25. 心がこもっていないと、すぐ見抜かれる。
  26. 恋愛の下手な人ほど、相手をけなして振り向かせようとする。
  27. 「欠点」は、褒めてもいい。
  28. みんなと同じことをしない。
    みんながしない方法でアピールすること。
  29. 成長するということは、新しい「色」を取り入れるということ。
  30. あなたの努力は、あなたが一番よく知っている。

同じカテゴリーの作品