プラス思考

人生が楽しくないときの
30の言葉

読んだ お気に入り1
9

週に1回くらいは
「自分らしくないこと」をしてみよう。

週に1回くらいは「自分らしくないこと」をしてみよう。 | 人生が楽しくないときの30の言葉

誰でも「自分らしさ」があります。

自分らしさは無意識に出てしまい、いつの間にか行動してしまいます。

あなたも今「自分らしいこと」で生活の大半を占めているでしょう。

自分らしい服を着て、自分らしい食事を食べているでしょう。

自分らしい仕事術が確立されていて、自分らしいストレス解消を楽しんでいるでしょう。

自分らしい趣味を楽しみ、自分らしい生き方をしているでしょう。

もちろん人生では、自分らしく生きることが大切です。

自分の人生の主役は、自分です。

自分の人生ですから、自分らしさを尊重する生き方をするのが正解です。

自分の好みに従えば、ストレスが小さくなってスムーズになります。

個性を伸ばして自分らしさを追求すれば、喜びが増え、納得できる人生が歩めます。

 

しかし、自分らしく生きるとき、注意したい落とし穴があります。

自分らしいことばかりしていると、行動にパターンが生まれ、固定化されます。

いつも同じ選択をして、同じパターンばかりになるでしょう。

いつも同じような服を着て、同じような食事をして、同じような生き方をしてしまいます。

刺激や変化がワンパターンになってしまいます。

ストレスこそ小さいものの、変化や刺激が乏しくなるため、頭が固くなったり成長スピードが遅くなったりするのです。

 

そこでおすすめしたいことがあります。

それは「自分らしくない行動」です。

週に1回くらいは、あえて自分らしくない行動をしてみましょう。

 

服を買うとき、たまには自分らしくない服を選んでみます。

レストランで注文するとき、たまには自分らしくないメニューを選んでみます。

仕事をするとき、たまには自分らしくないやり方で取り組んでみます。

 

失敗してもかまいません。

そもそも失敗を覚悟の上、あえて自分らしくない行動をしてみます。

少しくらい不快であっても「よし」としましょう。

ストレスを感じますが、心を大きくして、受け入れましょう。

自分らしくないことをすると、いつもとは違った行動パターンになるため、新しい経験をすることになるでしょう。

新しい変化が生まれ、新鮮な刺激を受けることになるでしょう。

違和感があって、もどかしく感じるかもしれませんが、ぜひそのストレスを楽しんでください。

その違和感こそ視野を広げ、人を成長させていくのです。

 

いつも自分らしくないことをするのは大変であっても、週に1回くらいならできるはずです。

もう少し変化を増やしたいなら、週に3回でもかまいません。

誰かに「やりなさい」と命令されると反感を覚えますが、自分の意思ならスムーズに取り組めるはずです。

 

自分らしくないことをするときは、できるだけ楽しむ気持ちを大切にしましょう。

「なんて自分らしくないことをしているのだろう」

客観的に自分を眺めると、面白い感じがして、受け入れやすくなります。

たまに自分らしくないことをするから、違和感も快感に変わり、面白く感じます。

 

自分らしくない行動をすると、意外な発見をすることが少なくありません。

経験もしたことがないのに、先入観だけで「ダメだ」「無理だ」「自分に合わない」と決めつけていることに気づけます。

自分らしくないはずなのに、実際に取り組んでみると、意外と相性がよいと気づくこともあるはずです。

自分らしくない行動が、あなたの可能性を広げるのです。

 

あなたの習慣に「週に1回は自分らしくないことをしてみる」を加えてみてください。

定期的に変化が生じる習慣を作っておけばいい。

変化に対する心構えと抵抗力ができるため、変化に強くなり、柔らかい頭を維持できるでしょう。

今までより面白い日常を体験できるようになります。

まとめ

人生が楽しくないときの言葉 その9
  • 週に1回は、あえて自分らしくないことをして、新しい変化を作る。
美しい虹は、にわか雨の後に、見られるもの。

もくじ
人生が楽しくないときの30の言葉
週に1回くらいは「自分らしくないこと」をしてみよう。 | 人生が楽しくないときの30の言葉

  1. 落ち込んだときは、空を見よう。
    空は、世界中とつながっている。
  2. 分からないことはあってもいい。
    大切なことは、分からないことを考えること。
  3. 着替えると、気持ちも切り替わる。
  4. ときどき泣かないと、泣き方を忘れ、泣けない人間になってしまう。
  5. 疲れたときは、前に進む勇気より、立ち止まる勇気。
  6. 「明けましておめでとう」は、毎日言える。
  7. 1番も素晴らしいが、2番も3番も素晴らしい。
    手本があるのは、生きやすい。
  8. うまいと思って飲むワインは、うまくなる。
    まずいと思って飲むワインは、まずくなる。
  9. 週に1回くらいは「自分らしくないこと」をしてみよう。
  10. 美しい虹は、にわか雨の後に、見られるもの。
  11. 角砂糖は、理想的な人間像。
    かどがあるけど、甘みもある。
  12. 人生は、卵かけご飯。
    今あるものだけでも、いいものができる。
  13. 人生は、読書と同じ。
    面白そうなところから始めると、すぐわくわくできる。
  14. 頑張った自分に、ご褒美をしていますか。
  15. 情熱は、量で見せると、よく伝わる。
  16. 人生最大の宝物は、すでに手にしている。
  17. 人生に押されているのではない。
    引っ張られているのだ。
  18. 人生で最も大切なことは、自分の心に正直に生きているかどうか。
  19. わざと負けるのも仕事。
  20. 普通ばかりを追いかけていると、つまらない人間になってしまう。
  21. 「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と、冷めた目で見始めたら、自己啓発書が必要。
  22. 頑張っても、うまくいかなかった。
    頑張らなければ、もっとうまくいかなかった。
  23. 勇気を持って行動した自分に言おう。
    「ナイスプレー」
  24. うまくいけば、堂々としよう。
    失敗すれば、練習だったことにしよう。
  25. 人と接して不快を感じたときは、こう思おう。
    「自分磨きの最中である」
  26. すぐ結果が出るものばかりではない。
    ある一線を越えないと、結果が出ないものがある。
  27. アイロンは、心を浄化させる儀式。
  28. 前向きな逃げ方は、ザリガニから学ぶことができる。
    ファイティング・ポーズを取りながら逃げる。
  29. 人は、心が熱くさえなれば、年を取っても変化ができる。
  30. 雨の日を楽しめるようになる、ポジティブの言葉。
    「雨は、雨なりに楽しい」

同じカテゴリーの作品