人生が楽しくないときの
30の言葉

30
2

雨の日を楽しめるようになる、
ポジティブの言葉。
「雨は、
雨なりに楽しい」

雨の日を楽しめるようになる、ポジティブの言葉。「雨は、雨なりに楽しい」 | 人生が楽しくないときの30の言葉

雨が降っていると、どんよりします。

朝起きて、雨の日とわかれば、なんとなくくらい気持ちになる。

空がどんよりしますが、心もどんよりします。

外を歩くときは、傘が必要です。

傘を差す手間といい、余計な荷物が増えることといい、少しストレスが増えます。

地面が塗れているので、靴が汚れやすくなります。

雨で地面がれていて、足元に注意しながら歩かなければいけません。

せっかくのデートの日に雨なら、がっかりするかもしれません。

雨の日は、なんとなく暗い気持ちになるかもしれませんが、ここでいい言葉をご紹介します。

雨の日を楽しめるようになりたいなら、次の言葉を思い出してください。

「雨は、雨なりに楽しい」という一言です。

この一言を唱えた瞬間、考え方がネガティブからポジティブに切り替わります。

今まで暗いイメージだった雨が、明るいイメージに一変するでしょう。

「雨は、雨なりに楽しい」と思えば、本当に雨が楽しく感じてくるから不思議です。

 

事実として、雨は雨なりに楽しいところがたくさんあります。

雨でれた地面を歩ける楽しみがあります。

心地よい雨粒の音が聞ける楽しみがあります。

傘を差して歩く楽しみがあります。

分厚い雲に覆われた空を見て楽しむことができるでしょう。

水たまりをよけたり飛び越えたりして楽しむこともできます。

すべて風情です。

独特の味わいがあります。

だから、すべて楽しみです。

雨でれるかもしれませんが、それすら「楽しい」と考えてみませんか。

あなたは子供のころは、汚れた靴を楽しがっていた時期があったはずです。

雨が降り、足元に注意しながら歩くこともまた、風情があります。

雨で靴が汚れることさえも、見方を変えれば、風情の1つです。

デートの日が雨なら、好きな人と相合い傘で歩けるチャンスになるでしょう。

相合い傘で身を寄せ合いながら歩くことも、楽しく感じるはずです。

体が少しれるかもしれませんが、お互いの体温を感じるチャンスになるでしょう。

 

だから雨は、雨なりに楽しい。

雨に悪いイメージを持たないことです。

雨は悪くありません。

雨を悪く思うことが悪いのです。

むしろ雨にいいイメージを持ちましょう。

「今日は雨で残念ですね」と言われたら「そうですね。でも雨は雨なりに楽しいですよ」と返事をすればいい。

きっと相手は、哲学的な言葉にはっとして、新鮮な気づきにうなずいてくれるでしょう。

会話に明るい雰囲気が生まれ、穏やかな気持ちに包まれるでしょう。

そういうやりとりができることも、雨の日だからこそできるので面白い。

「雨は、雨なりに楽しい」

この一言を覚えておけば、雨の日を楽しい気分で過ごせるようになります。

人生が楽しくないときの言葉(30)
  • 「雨は、雨なりに楽しい」という言葉で、雨の風情を楽しむ。
まとめ

人生が楽しくないときの30の言葉
人生が楽しくないときの30の言葉

  1. 落ち込んだときは、空を見よう。<br>空は、世界中とつながっている。
    落ち込んだときは、空を見よう。
    空は、世界中とつながっている。
  2. わからないことはあってもいい。<br>大切なことは、わからないことを考えること。
    わからないことはあってもいい。
    大切なことは、わからないことを考えること。
  3. 着替えると、気持ちも切り替わる。
    着替えると、気持ちも切り替わる。
  4. ときどき泣かないと、泣き方を忘れ、泣けない人間になってしまう。
    ときどき泣かないと、泣き方を忘れ、泣けない人間になってしまう。
  5. 疲れたときは、前に進む勇気より、立ち止まる勇気。
    疲れたときは、前に進む勇気より、立ち止まる勇気。
  6. 「明けましておめでとう」は、毎日言える。
    「明けましておめでとう」は、毎日言える。
  7. 1番も素晴らしいが、2番も3番も素晴らしい。<br>手本があるのは、生きやすい。
    1番も素晴らしいが、2番も3番も素晴らしい。
    手本があるのは、生きやすい。
  8. うまいと思って飲むワインは、うまくなる。<br>まずいと思って飲むワインは、まずくなる。
    うまいと思って飲むワインは、うまくなる。
    まずいと思って飲むワインは、まずくなる。
  9. 週に1回くらいは「自分らしくないこと」をしてみよう。
    週に1回くらいは「自分らしくないこと」をしてみよう。
  10. 美しい虹は、にわか雨の後に、見られるもの。
    美しい虹は、にわか雨の後に、見られるもの。
  11. 角砂糖は、理想的な人間像。<br>かどがあるけど、甘みもある。
    角砂糖は、理想的な人間像。
    かどがあるけど、甘みもある。
  12. 人生は、卵かけご飯。<br>今あるものだけでも、いいものができる。
    人生は、卵かけご飯。
    今あるものだけでも、いいものができる。
  13. 人生は、読書と同じ。<br>面白そうなところから始めると、すぐわくわくできる。
    人生は、読書と同じ。
    面白そうなところから始めると、すぐわくわくできる。
  14. 頑張った自分に、ご褒美をしていますか。
    頑張った自分に、ご褒美をしていますか。
  15. 情熱は、量で見せると、よく伝わる。
    情熱は、量で見せると、よく伝わる。
  16. 人生最大の宝物は、すでに手にしている。
    人生最大の宝物は、すでに手にしている。
  17. 人生に押されているのではない。<br>引っ張られているのだ。
    人生に押されているのではない。
    引っ張られているのだ。
  18. 人生で最も大切なことは、自分の心に正直に生きているかどうか。
    人生で最も大切なことは、自分の心に正直に生きているかどうか。
  19. わざと負けるのも仕事。
    わざと負けるのも仕事。
  20. 普通ばかりを追いかけていると、つまらない人間になってしまう。
    普通ばかりを追いかけていると、つまらない人間になってしまう。
  21. 「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と、冷めた目で見始めたら、自己啓発書が必要。
    「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と、冷めた目で見始めたら、自己啓発書が必要。
  22. 頑張っても、うまくいかなかった。<br>頑張らなければ、もっとうまくいかなかった。
    頑張っても、うまくいかなかった。
    頑張らなければ、もっとうまくいかなかった。
  23. 勇気を持って行動した自分に言おう。<br>「ナイスプレー」
    勇気を持って行動した自分に言おう。
    「ナイスプレー」
  24. うまくいけば、堂々としよう。<br>失敗すれば、練習だったことにしよう。
    うまくいけば、堂々としよう。
    失敗すれば、練習だったことにしよう。
  25. 人と接して不快を感じたときは、こう思おう。<br>「自分磨きの最中である」
    人と接して不快を感じたときは、こう思おう。
    「自分磨きの最中である」
  26. すぐ結果が出るものばかりではない。<br>ある一線を越えないと、結果が出ないものがある。
    すぐ結果が出るものばかりではない。
    ある一線を越えないと、結果が出ないものがある。
  27. アイロンは、心を浄化させる儀式。
    アイロンは、心を浄化させる儀式。
  28. 前向きな逃げ方は、ザリガニから学ぶことができる。<br>ファイティング・ポーズを取りながら逃げる。
    前向きな逃げ方は、ザリガニから学ぶことができる。
    ファイティング・ポーズを取りながら逃げる。
  29. 人は、心が熱くさえなれば、年を取っても変化ができる。
    人は、心が熱くさえなれば、年を取っても変化ができる。
  30. 雨の日を楽しめるようになる、ポジティブの言葉。<br>「雨は、雨なりに楽しい」
    雨の日を楽しめるようになる、ポジティブの言葉。
    「雨は、雨なりに楽しい」

同じカテゴリーの作品

3:47

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION