プラス思考

人生が楽しくないときの
30の言葉

23
21

「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と、
冷めた目で見始めたら、
自己啓発書が必要。

「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と、冷めた目で見始めたら、自己啓発書が必要。 | 人生が楽しくないときの30の言葉

「昔はよく自己啓発書を読んでいたなあ」

そう思ったことはありませんか。

「昔はよく自己啓発書を読んでいた」ということは「今は読まなくなった」ということです。

自己啓発書は、知識を学ぶ本ではなく、やる気や元気を出す本です。

実際、自己啓発書は、読む時期と読まない時期が、はっきりします。

元気なときは、あまり読みません。

読みたいと思うのは、悩んでいるときや落ち込んでいるときです。

弱っているときによく読んで、元気になれば、卒業できます。

 

しかし、おかしいことに気づきませんか。

「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と思う時点で、情熱がなくなっています。

人生に冷めている状態です。

再び、冷めている自分に気づくことが大切です。

昔よく読んだからとはいえ、二度と読む必要がないとは限りません。

元気が出ても、しばらくすれば、また元気がなくなることがあります。

自己啓発書は、ガソリンスタンドと同じです。

一度行けば、二度と行かなくていいものではありません。

ガソリンがなくなれば、ガソリンスタンドに行くように、元気がなくなれば、自己啓発書で奮い立たせましょう。

自己啓発書に頼るのは、恥ずかしいことではありません。

「ガソリンがなくなったから、入れなくちゃ」という軽い気持ちで、本屋に立ち寄ればいいだけです。

弱い自分を認めることで、早く改善できます。

人生が楽しくないときの言葉(21)
  • 「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と言い始めれば、再び、自己啓発書を読み始める。
頑張っても、うまくいかなかった。
頑張らなければ、もっとうまくいかなかった。

もくじ
人生が楽しくないときの30の言葉
「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と、冷めた目で見始めたら、自己啓発書が必要。 | 人生が楽しくないときの30の言葉

  1. 落ち込んだときは、空を見よう。<br>空は、世界中とつながっている。
    落ち込んだときは、空を見よう。
    空は、世界中とつながっている。
  2. わからないことはあってもいい。<br>大切なことは、わからないことを考えること。
    わからないことはあってもいい。
    大切なことは、わからないことを考えること。
  3. 着替えると、気持ちも切り替わる。
    着替えると、気持ちも切り替わる。
  4. ときどき泣かないと、泣き方を忘れ、泣けない人間になってしまう。
    ときどき泣かないと、泣き方を忘れ、泣けない人間になってしまう。
  5. 疲れたときは、前に進む勇気より、立ち止まる勇気。
    疲れたときは、前に進む勇気より、立ち止まる勇気。
  6. 「明けましておめでとう」は、毎日言える。
    「明けましておめでとう」は、毎日言える。
  7. 1番も素晴らしいが、2番も3番も素晴らしい。<br>手本があるのは、生きやすい。
    1番も素晴らしいが、2番も3番も素晴らしい。
    手本があるのは、生きやすい。
  8. うまいと思って飲むワインは、うまくなる。<br>まずいと思って飲むワインは、まずくなる。
    うまいと思って飲むワインは、うまくなる。
    まずいと思って飲むワインは、まずくなる。
  9. 週に1回くらいは「自分らしくないこと」をしてみよう。
    週に1回くらいは「自分らしくないこと」をしてみよう。
  10. 美しい虹は、にわか雨の後に、見られるもの。
    美しい虹は、にわか雨の後に、見られるもの。
  11. 角砂糖は、理想的な人間像。<br>かどがあるけど、甘みもある。
    角砂糖は、理想的な人間像。
    かどがあるけど、甘みもある。
  12. 人生は、卵かけご飯。<br>今あるものだけでも、いいものができる。
    人生は、卵かけご飯。
    今あるものだけでも、いいものができる。
  13. 人生は、読書と同じ。<br>面白そうなところから始めると、すぐわくわくできる。
    人生は、読書と同じ。
    面白そうなところから始めると、すぐわくわくできる。
  14. 頑張った自分に、ご褒美をしていますか。
    頑張った自分に、ご褒美をしていますか。
  15. 情熱は、量で見せると、よく伝わる。
    情熱は、量で見せると、よく伝わる。
  16. 人生最大の宝物は、すでに手にしている。
    人生最大の宝物は、すでに手にしている。
  17. 人生に押されているのではない。<br>引っ張られているのだ。
    人生に押されているのではない。
    引っ張られているのだ。
  18. 人生で最も大切なことは、自分の心に正直に生きているかどうか。
    人生で最も大切なことは、自分の心に正直に生きているかどうか。
  19. わざと負けるのも仕事。
    わざと負けるのも仕事。
  20. 普通ばかりを追いかけていると、つまらない人間になってしまう。
    普通ばかりを追いかけていると、つまらない人間になってしまう。
  21. 「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と、冷めた目で見始めたら、自己啓発書が必要。
    「昔はよく自己啓発書を読んでいた」と、冷めた目で見始めたら、自己啓発書が必要。
  22. 頑張っても、うまくいかなかった。<br>頑張らなければ、もっとうまくいかなかった。
    頑張っても、うまくいかなかった。
    頑張らなければ、もっとうまくいかなかった。
  23. 勇気を持って行動した自分に言おう。<br>「ナイスプレー」
    勇気を持って行動した自分に言おう。
    「ナイスプレー」
  24. うまくいけば、堂々としよう。<br>失敗すれば、練習だったことにしよう。
    うまくいけば、堂々としよう。
    失敗すれば、練習だったことにしよう。
  25. 人と接して不快を感じたときは、こう思おう。<br>「自分磨きの最中である」
    人と接して不快を感じたときは、こう思おう。
    「自分磨きの最中である」
  26. すぐ結果が出るものばかりではない。<br>ある一線を越えないと、結果が出ないものがある。
    すぐ結果が出るものばかりではない。
    ある一線を越えないと、結果が出ないものがある。
  27. アイロンは、心を浄化させる儀式。
    アイロンは、心を浄化させる儀式。
  28. 前向きな逃げ方は、ザリガニから学ぶことができる。<br>ファイティング・ポーズを取りながら逃げる。
    前向きな逃げ方は、ザリガニから学ぶことができる。
    ファイティング・ポーズを取りながら逃げる。
  29. 人は、心が熱くさえなれば、年を取っても変化ができる。
    人は、心が熱くさえなれば、年を取っても変化ができる。
  30. 雨の日を楽しめるようになる、ポジティブの言葉。<br>「雨は、雨なりに楽しい」
    雨の日を楽しめるようになる、ポジティブの言葉。
    「雨は、雨なりに楽しい」

同じカテゴリーの作品