執筆者:水口貴博

まとめ
(現実逃避したいときの30の方法)
現実逃避したいときの30の方法

  • 現実逃避を、3種類に分けて考える。
  • 現実逃避をしたくなる、自分の本音に気づく。
  • 基本的に現実逃避は、1人で楽しむ。
  • 気分転換やストレス発散より現実逃避を先に考えるなら、環境の改善を見直す。
  • 現実逃避をするなら、前もって上限を決めておく。
  • ジャンルは問わず、興味関心のある本を読む。
  • 現実逃避として、たまには十分な睡眠を取る。 ただし、癖になるほど過度の睡眠には注意する。
  • 映画鑑賞で、別世界と感情移入を楽しむ。
  • 運動を楽しんで、現実逃避をする。
  • 徹底的な大掃除で、現実逃避をする。 余裕があれば、ついでに模様替えもしてしまう。
  • 暴飲暴食で現実逃避をしない。
  • 現実逃避でお酒を飲むなら、適量の厳守を徹底する。
  • 美術館・博物館で、芸術の世界に浸る。
  • 幽体離脱をしている様子を想像して、高いところから自分を眺める。
  • 努力と苦労をしたうえでの現実逃避なら、罪悪感を持たず、意味のある行動として受け止める。
  • 現実逃避の最中は、仕事のことを考えないように心がける。
  • カラオケで歌を歌いまくる。
  • ゲームを利用して、現実逃避をする。 ただし、抜け出せないほどゲームにはまるのは注意する。
  • 携帯電話やパソコンを完全に使わない日を作る。
  • ライブコンサートを見に行き、世界観にどっぷり浸る。
  • ドライブをして、非現実を楽しむ。
  • 森林浴をしに行く。
  • 経済的に余裕があれば、国内旅行や海外旅行をする。
  • 余裕があれば、完全な一人旅に挑戦してみる。
  • テーマパークでは、余計な邪推はせず、世界観を信じて楽しむ。
  • リセット効果のある現実逃避をしたいなら「転勤」「引っ越し」を検討する。
  • ギャンブルで現実逃避をしない。
  • 自己嫌悪に陥っても、少しでも希望を見いだすために、地道な努力を続ける。
  • 複数の現実逃避を組み合わせて、さらに効果を高める。
  • 現実逃避を趣味にしない。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION