片思い

遠距離片思いを成就に導く
30の方法

  • 遠距離恋愛が始まるパターンには、
    2種類ある。
遠距離片思いを成就に導く30の方法

もくじ
  1. 遠距離恋愛が始まるパターンには、2種類ある。

    遠距離恋愛が始まるパターンには、2種類あります。
    どちらも遠距離恋愛ですが、感じ方や特徴の違いがあります。
    ●身近で付き合い始め、都合のため遠距離になる場合

  2. 遠距離恋愛から始まる恋もあっていい。

    付き合ってから遠距離恋愛になるとは限りません。
    遠距離恋愛から始まる恋もあります。
    インターネットで知り合って仲良くなり、相手に好意を寄せるようになれば、すでに恋が始まっています。

  3. 遠距離に好きな人ができれば、片思いのまま終わらせない。

    遠距離に好きな人ができた。
    いわゆる、遠距離片思いです。
    遠距離片思いでは、難しい心の葛藤があるでしょう。

  4. 急に近づこうとしない。
    1歩ずつ近づく。

    いくら好きな人とはいえ、急に近づくのは厳禁です。
    ここでいう「近づく」とは、物理的な距離ではなく、心理的な距離として考えてください。
    もちろん急に近づいてうまくいくこともあります。

  5. 遠距離片思いでは、相手を支えるつもりで接するのがポイント。

    「自分の力になってほしい。自分のために協力してほしい」
    そうした接し方では、なかなか好印象が得られません。
    恋を成就させるどころか、普通の友達関係も難しいでしょう。

  6. 遠距離片思いは、少し大胆になるくらいでちょうどいい。

    遠距離片思いを成就させるには、少し大胆を意識しましょう。
    遠距離片思いには「物理的な距離」という障壁があります。
    この障壁を乗り越えるには、少し大胆になる必要があります。

  7. 遠距離片思いの最大のライバルとは。

    遠距離片思いの最大のライバルは、誰でしょうか。
    それは、相手の身近にいる異性たちです。
    間接的にあなたのライバルになる可能性があります。

  8. 接触回数を増やさなければ、関係も深められない。
    まず大切なのは、接触回数を増やすこと。

    相手の生活に、あなたはどれだけ登場しているでしょうか。
    相手と接触しないことには、関係も深められません。
    難しく考えず、まず接触回数を増やしていきましょう。

  9. 遠距離片思いを実現させるための3つの関係。

    遠距離片思いを成就させるためには、ただ仲良くなればいいわけではありません。
    具体的には、次の3つの関係を目指して親しくなっていくことが大切です。
    どれか1つの関係ではなく、3つの関係がすべて実現できるよう、目指していきましょう。

  10. 距離を感じさせない話を出すと、心理的な距離も近づきやすくなる。

    遠距離片思いの問題の1つは、距離です。
    物理的に距離が離れていると「付き合うことができても、うまく続くはずがない」と思いがちです。
    もちろんそんなことはないのですが、やはり距離が離れていると、そう思いやすい現実があります。

  11. 異性に関する話をすると、恋愛対象から外される可能性がある。

    遠距離片思いでは、ちょっとした話題が命取りになります。
    それは、異性に関する話題です。
    相手の気を引くため、わざと異性の話を出すこともあるかもしれません。

  12. 「会ってみたい」と思わせるフレーズを使い、恋愛成就につなげよう。

    遠距離片思いを成功に導くには「会ってみたい」と思わせることが大切です。
    相手の心を操作するようで難しく思えるかもしれませんが、実は簡単です。
    会話の中に「会ってみたい」と思わせるフレーズを含めればいいだけです。

  13. 遠距離片思いを成就させるには、ある程度のお金も必要。

    遠距離片思いをしているときは、節約と貯金を頑張りましょう。
    会いに行くことになれば、交通費がかかります。
    相手までの距離が遠ければ遠いほど、交通費も大きくなるでしょう。

  14. いきなり会いに行くより、まず仲良くなるのが先。

    遠距離片思いを成就させたいとき、2つの行動があります。
    ・まず会いに行く
    ・まず仲良くなる

  15. 自分は、相手のどんなポジションにいるのか。

    遠距離片思いで忘れてならないのは、ポジションの確認です。
    自分は相手のどんなポジションにいるのか、確認しておきましょう。
    人間関係とはいえ、幅があります。

  16. 手紙を送ると、人間関係がレベルアップする。

    現在社会の連絡手段といえば、電話・メール・SNSが一般的です。
    手紙を送ったり受け取ったりする機会は、だんだん少なくなりつつあります。
    手紙のやりとりをするのは、よほど親しい相手が対象になるでしょう。

  17. 長電話をする機会があれば、2人の距離をぐっと縮められる。

    短い電話をちょくちょくするのも、恋愛には効果的です。
    単純に接触回数を増やすことで、相手との心理的な距離を縮めることができます。
    お互いの警戒心がなくなると、心を開きやすくなり、だんだん個人的な話もしやすくなります。

  18. 満足して電話を切るのもいいが、満足する一歩手前で電話を切るのは、もっといい。

    遠距離片思いでは、工夫も必要です。
    工夫とは、いわば近道。
    自然に任せて仲良くなるのもいいですが、工夫を取り入れたほうが、もっと早く仲良くなれます。

  19. お互いに個人的な話ができるようになれば、友達以上の関係になるのは時間の問題。

    遠距離片思いの人と仲良くなりやすい話題があります。
    個人的な話です。
    個人的な話とは、一般には話しにくい、人の内面に関わる情報のことを指します。

  20. 記念日には、できるだけ連絡を取ろう。

    記念日には、できるだけ連絡を取るようにしましょう。
     
    たとえば、バレンタインデー・ホワイトデー・七夕・クリスマスなどです。

  21. 誕生日だけは、必ず連絡を取り合う。

    記念日は、できるだけ連絡を取ることがポイントです。
    バレンタインデー・ホワイトデー・七夕・クリスマスなどに連絡を取れば、特別感があります。
    大切な日に電話で少し話すだけでも「大切な日に同じ時間を共有できた」という思い出になります。

  22. 片思いをしている時期は、自分磨きを頑張る絶好のチャンス。

    会えない間は、自分磨きを頑張りましょう。
    内面も外見も、自分を少しでも磨いていれば、会ったときに好印象を持ってもらえます。
    自分を高めることなら、何でもOKです。

  23. 好きな気持ちが抑えきれなくなれば、会いに行こう。

    好きな気持ちが抑えきれなくなれば、会いに行きましょう。
    離れたまま関係を続けるのもいいですが、メールや電話でできる意思疎通には限界があります。
    意思疎通に限界があれば、仲良くなる深さにも限界があります。

  24. 会いに行くとき、直接的な理由と間接的な理由のどちらがいいか。

    会いに行くときの理由には、2種類あります。
    「直接的な理由」と「間接的な理由」です。
    どちらがよいのかは、一概には言えず、場合に寄ります。

  25. 電話で話したことがなければ、会いに行くには早すぎる。

    お互いをあまり知らない状態で会っても、人物像が分からず、接し方に戸惑うでしょう。
    警戒心もあって、なかなか打ち解けて話しにくいこともあるはずです。
    遠距離片思いでは、仲良くなってから会いに行くのが基本です。

  26. いきなり1対1で会うのが緊張するなら、複数人で会いに行こう。

    片思いの人に会いに行くとき、いきなり1対1で会うのをためらう人もいるでしょう。
    片思いではあるが、まだ2人きりで会うほど親しくなっていない状況です。
    メールや電話でやりとりをしたことはあっても、直接会って話すとなると、緊張するもの。

  27. 実際に会って、幻滅することもあっていい。

    実際に会うと、遠距離で接したときとは違った印象を受けるかもしれません。
    もちろんよい印象ならいいのです。
    「遠距離のときは気づかなかったが、実際に会うと、気遣いのできる人だった」

  28. 告白するなら、会うのが一番。
     ただし、別の手段も効果的。

    告白するとき「どうやって伝えるか」が重要です。
    電話がいいか、メールがいいか、会うのがいいか。
    伝え方を誤ると、うまくいく告白もうまくいかなくなります。

  29. 急に相手から無視されるようになったとき。

    「あるときから、急に無視されるようになった」
    遠距離片思いでは、こうしたトラブルが珍しくありません。
    たまに無視されるのはまだいいとして、完全に無視され続ける状況は、普通とは言いがたいでしょう。

  30. 遠距離で片思いの人に告白。
    その後、返事がない……。

    遠距離で片思いをしている人に、思いきって告白。
     
    ところがその後、返事がない。

同じカテゴリーの作品