遠距離恋愛

まとめ
(つらい遠距離恋愛を楽しむ30の方法)
つらい遠距離恋愛を楽しむ30の方法

  • 近距離恋愛の頃と比較するのはやめ、一から恋愛を始めるような心持ちになる。
  • 会えない間に目指したい目標を、A4の紙に書いて、壁に貼っておく。
  • 「忙しい」という口癖をやめる。
  • 中距離恋愛に当てはまりやすい特徴を把握する。
  • 恋人のためにできそうなことを3つ考え、そのうち1つは、72時間以内に実現させる。
  • エイプリルフールを利用するなら、相手を傷つける嘘は控え、かわいい嘘にしておく。
  • バレンタインデーに会えなければ、プレゼントに手紙を添えて配送する。 余裕があれば、バレンタインデー当日にメールも送る。
  • 遠距離恋愛をしていることに、誇りを持つ。
  • 遠距離恋愛になるとわかっていても、本当に好きなら、結果を恐れず告白する。
  • 体験談がすぐ簡単に読めることに、感謝する。
  • 久しぶりに再会したときの感動を、思いきり楽しんでおく。
  • 付き合ってすぐ遠距離恋愛になったときは、遠距離恋愛をプラスに考えることに集中する。
  • 女性の場合、生理前や生理中の彼氏とのやりとりには、特に注意する。
  • 遠距離になるだけで別れを切り出されたときは、本気で愛されていない証拠と考える。
  • 本当に好きなら、日帰りでも会いに行く。
  • 「遠距離恋愛ができるのは贅沢なこと」と考えることです。
  • 会いたくても会えない寂しさを通して、相手の存在価値をしっかり感じ取る。
  • 成功談を見なくても、頑張れるようにする。
  • うまくいきそうにない遠距離恋愛でも、最初から諦めず、とにかく始めてみる。
  • 質問の意味を誤解されたときは、誤りを指摘せず、そのまま話を続ける。
  • 恋人と離れて暮らして、本当に必要な人かどうか確かめる。
  • メールが少なくなってきたときは「最近、忙しそうだね」という内容でメールを送る。
  • 毎日何通も届いていたメールが1通になったときは「忙しいのにわざわざメールを送ってくれた」と考える。
  • 「忙しい」という言い訳が癖にならないように注意する。
  • 遠距離恋愛の意味を、自分なりに探す。
  • 不満があるなら、むやみにため込まず、言い方に注意しながら正直に言う。
  • 変なところですねるのは辞め、素直な行動を心がける。
  • デートの別れ際の涙を、恥ずかしく思わない。
  • 相手が変わるのを待つのではなく、先に自分が変わる。
  • たまには「私と遠距離恋愛をしてくれて、ありがとう」と伝える。

同じカテゴリーの作品