まとめ
(遠距離恋愛を乗り越える30のコツ)
遠距離恋愛を乗り越える30のコツ

  • 「遠距離恋愛も普通の恋愛」と考える。
  • 「私の目標」から「私たちの目標」に変える。
  • 遠距離恋愛にも、お休みの日を作ってみる。
  • 不安になったときは、恋人とツーショットの写真を眺める。
  • 遠距離恋愛をテーマにした曲を歌って、ストレスを発散させる。
  • 「乗り越えられるかな」ではなく「乗り越えられるよね」と言う。
  • 恋人に依存しすぎず、自立する。
  • 相手が忙しいとわかっているときは、メールに「返信不要」という一言を加える。
  • 日頃から節約を徹底して、お金を貯める。
  • 根拠のない話なら、振り回されず、きっぱり無視する。
  • わざと泣いたり怒ったりして、無理に会おうとしない。
  • 「事情があれば、ルールにこだわらなくていい」というルールだけは、必ず加えておく。
  • 恋人とのコミュニケーションでは、積極的に恋人の名前を呼ぶ。
  • デート当日が雨でも「天気が悪くても会いたい」と考える。
  • あらためて素晴らしい通信機器に感謝する。
  • 会えないことを伝えるときは、断定した言い方より、可能性が低い言い方にする。
  • 会えない話の後には、会える日程を伝える。
  • 適度な自由を許容して、信頼関係を強化させる。
  • 人を愛する余裕を持つためにも、節約を心がける。
  • 遠距離恋愛に、かっこいい作戦名をつけてみる。
  • 誕生日や記念日だけでなく、何でもないときにも、プレゼントを贈る。
  • デートの日程は「いつ会える?」より「1カ月以内に会おう」などの言い方を心がける。
  • 泣いたときのルールを作って、泣く行為をポジティブに変える。
  • 疑われたときは、腹を立てる前に、自分の行動を見直してみる。
  • 自分だけで解決しにくいことは、共通の友人に助けを求める。
  • 恋人関係のために、家族関係や友人関係を削りすぎない。
  • 「早く終わってほしい」と思いつつ「延長になるかもしれない」という覚悟もしておく。
  • たまには恋人に甘えてみる。
  • お互いに忙しいときこそ「2人の真価が試される」と考え、協力関係を意識する。
  • 突然連絡が取れなくなったときは、まずしばらく待つ。 数日経っても連絡がなければ、緊急連絡先に問い合わせる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION