執筆者:水口貴博

まとめ
(遠距離恋愛で寂しいときの30の言葉)
遠距離恋愛で寂しいときの30の言葉

  • 寂しがり屋でも、遠距離恋愛を諦めない。
  • 遠距離恋愛は、神様が2人に与えた試練と考える。
  • 遠距離を「2人を引き離そうとする障害」ではなく「2人の愛を深めるきっかけ」と考える。
  • 遠距離恋愛も、立派な恋愛として考える。
  • 「新しい活動拠点ができた」と考えてみる。
  • 遠距離恋愛でも、相思相愛でいられることに幸せを感じる。
  • 遠距離恋愛でも、普通の恋愛より深く愛し合えることに気づく。
  • 遠距離恋愛は、早熟から完熟に向かうミカン味として例えてみる。
  • 遠距離恋愛を「○○キロメートルの恋」と言い換えてみる。
  • 「明るい」「温かい」「ふわふわ」を生活に取り入れる。
  • 「つらいのは、自分だけでなく、恋人も同じ」と考える。
  • 「遠距離恋愛ができているおかげで、今も関係が続いている」と考える。
  • 夜は不安や寂しさが増幅されやすい時間帯であることを理解して、しっかり構えておく。
  • 遠距離恋愛であっても「近い」と考えてみる。
  • 寂しくなる自分を責めず、正常な反応であることに安心する。
  • 遠距離恋愛で、たくさん泣くのはどちらか勝負する。
  • 「会えない時間が増えた」ではなく「支え合えるチャンスが増えた」と考える。
  • 会えないことを考えるくらいなら、会えることを考える。
  • 再会で大きな感動を楽しむために、我慢を少しずつ心にためていると考える。
  • 夜空に浮かぶ月を恋人と見て、大自然を観賞する。
  • 遠距離恋愛は「うまくいくかな」ではなく「うまくいかせる」と考える。
  • 愛を欲しがるだけでなく、もっと愛を伝えようとする。
  • 電話・メール・SNSさえあれば、距離に関係なく、一瞬でつながれることに気づく。
  • 世の中に出回る、遠距離恋愛の成功率に惑わされない。
  • 恋人に連絡する時間がなくても、本気になって時間を作る。
  • 今のうちに、とことん会えない寂しさを経験しておく。
  • 遠距離恋愛中は、寂しくなるのを避けるため、早寝早起きを心がける。
  • 将来の自信につなげるために、今の遠距離恋愛に全力を尽くす。
  • 遠距離恋愛が終わった後の成長した自分に期待する。
  • 我慢の限界に達したときは、無理を承知で「どうしても今すぐ会いたい」とお願いしてみる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION