人生の教科書



就職活動
面倒と思うなら、その程度の意欲。
成功哲学
夢とは、パートナーである。
一生涯、付き合い続ける。
成功哲学

「夢とは何か」を考える
30の言葉

お気に入り20 読んだ
12

夢とは
暗示そのもの。
大切なのは、
「できる」という思い込み。

夢とは、暗示そのもの。大切なのは「できる」という思い込み。 | 「夢とは何か」を考える30の言葉

夢は、暗示そのものです。

「できる」という思い込みが必要です。

「暗示なんて危ないなあ」と思うのは、誤解です。

暗示は、使い方によります。

もちろん人を騙したり危害を加えたりする暗示はいけませんが、自分の可能性を引き出すために使うなら、問題ありません。

暗示を悪いことだと思っていると、いつまでも夢は達成できません。

夢の達成には、暗示が効果的です。

自分の今の実力は、無視して大丈夫です。

実力は、後からいくらでも伸びるものです。

勉強したり練習したりすれば、努力に応じて、伸びていきます。

実力より大切なのは、思い込みです。

いかに「自分はできる」と、強く思い込むかです。

できるから、できるようになるのではありません。

できると思い込むから、できるようになります。

自分に暗示をかけると、隠れた可能性が引き出せるようになります。

できると思い込むからこそ、めきめきやる気が出て、挑戦します。

うまくいかなくても「できるはずだ」と信じていれば、何度でも練習を繰り返します。

「絶対にできる」と信じる人は、絶対に諦めません。

本当に、できるようになるのです。

まとめ

「夢とは何か」を考える言葉 その12
  • 「自分は絶対にできる」という暗示をかける。
夢とは、ピラミッドを作るようなもの。
1つずつ積み重ねて、大きくする。

もくじ
(「夢とは何か」を考える30の言葉)

同じカテゴリーの作品