大人の恋愛

大人の女性の心をつかむ
30の方法

  • 大人の女性を通して、
    男性は成長する。
大人の女性の心をつかむ30の方法

もくじ

大人の女性を通して、男性は成長する。

大人の女性を通して、男性は成長する。

「女性は面倒」
「女性と関わると、お金がかかる」
男性から、そういう不満を耳にすることがあります。

女性のわがままを、すべて否定しない。

女性のわがままを、すべて否定しない。

男性は、わがままな女性を嫌う傾向があります。
たしかに「わがまま」という言葉には、あまりいい意味がありません。
自分の都合だけを考えて行動したり、思うままに贅沢を尽くしたりするイメージがあります。

モテない男性は、ギャンブルにお金を使う。
モテる男性は、女性にお金を使う。

モテない男性は、ギャンブルにお金を使う。モテる男性は、女性にお金を使う。

モテない男性とモテる男性との違いは、お金の使い方です。
社会人になり、自由にお金が使えるようになったとき、何にお金を使うかです。
モテない男性は、ギャンブルにお金を使います。

「好きかもしれない」と思っているままでは、恋は成就しない。

「好きかもしれない」と思っているままでは、恋は成就しない。

心の声は大切です。
好意を寄せている女性が目の前に現れたとき、私たちは心で声を出します。
「きれいな人だな。自分は彼女のことが好きかもしれない」

大人の女性は「忙しいけど、時間を作る」というフレーズに弱い。

大人の女性は「忙しいけど、時間を作る」というフレーズに弱い。

「ああ。忙しい、忙しい」
「本当に暇がない」
忙しいことをアピールするのは、社会人の男性がよく口にする口癖です。

モテる男性は「面倒」という言葉を、口にしない。

モテる男性は「面倒」という言葉を、口にしない。

「面倒だな」
この言葉に、心当たりはありませんか。
うっかり口にしてしまう人は、要注意です。

派手な身なりの女性には、刺激的にアプローチする。
地味な身なりの女性には、保守的にアプローチする。

派手な身なりの女性には、刺激的にアプローチする。地味な身なりの女性には、保守的にアプローチする。

女性とはいえ、さまざまなタイプの人がいます。
積極的なアプローチを好む女性もいれば、ゆっくり時間をかけた恋愛アプローチを好む女性もいます。
当然、相手の性格に合ったアプローチのほうが、恋愛もスムーズに進みます。

大人の女性を口説くなら、無理をしてでも、高級レストランがいい。

大人の女性を口説くなら、無理をしてでも、高級レストランがいい。

「彼女は最高の女性だ。なんとしても口説き落としたい」
男性は、告白の仕方にこだわります。
告白の言葉を慎重に選び、できるだけYESと答えてもらえる話術を意識します。

雰囲気の悪いレストランでの食事は、できるだけ避ける。

雰囲気の悪いレストランでの食事は、できるだけ避ける。

大人の女性を口説くなら、無理をしてでも、高級レストランがおすすめです。
高級感にあふれる環境があるおかげで、あなたの印象も、清潔感や品があり、落ち着いた雰囲気へと変わるからです。
これを心理学では「フィーリング・グッド効果」と言います。

メニュー選びの時間は、印象を決める時間でもある。

メニュー選びの時間は、印象を決める時間でもある。

高級レストランともなれば、オーダーするのは、基本的にコース料理になるはずです。
このとき、1つ、心がけておきたいことがあります。
特別な理由がないかぎり、できるだけコース料理のランクは、相手と合わせるようにしましょう。

「もっと飲んで」より「無理しないでね」という男性が、モテる。

「もっと飲んで」より「無理しないでね」という男性が、モテる。

女性と一緒に、お酒を飲みに行くことがあります。
大人の世界には、アルコールがつきものです。
レストランではワインが登場します。

食後に席を立つ女性を、ぼうっと待っているだけにならない。

食後に席を立つ女性を、ぼうっと待っているだけにならない。

レストランで食事が終わると、おそらく女性は、席を立つはずです。
理由は単純です。
食事の後は、メイク直しです。

「せっかくだから」というフレーズは、女性を喜ばせる口説き文句だ。

「せっかくだから」というフレーズは、女性を喜ばせる口説き文句だ。

ぜひ、あなたに覚えていただきたい言葉があります。
「せっかくだから」というフレーズです。
たとえば、高級レストランでコース料理を選ぶときです。

プロポーズを100回するのではない。
プロポーズを100回するくらいの気持ちを抱く。

プロポーズを100回するのではない。プロポーズを100回するくらいの気持ちを抱く。

好きな女性にプロポーズをすると「ごめんなさい」と断られました。
その男性は、諦められず、後日、またプロポーズをしました。
「ごめんなさい」という結果は、同じでした。

デートコースについて予習しておけば、知的な面をアピールできる。

デートコースについて予習しておけば、知的な面をアピールできる。

デートの行き先は、行き慣れた場所とは限りません。
デートでは、初めて訪れる場所も少なくありません。
たとえば、ミュージカルやサッカー観戦などは、こだわりのある人を除いて、頻繁に見に行くことはありません。

女性は、プレゼントの値段で、愛情の大きさを確かめようとする。

女性は、プレゼントの値段で、愛情の大きさを確かめようとする。

女性は、プレゼントが好きです。
男性からプレゼントされることで、自分がどのくらい愛されているかを確かめようとする傾向があります。
「信じられない」

プレゼントは、量より質で勝負する。

プレゼントは、量より質で勝負する。

女性は、プレゼントが好きです。
男性からプレゼントされることで、自分がどのくらい愛されているかを確かめようとする傾向があります。
もちろん本当に大切なのは、愛情です。

「星がきれいだから、電話した」

「星がきれいだから、電話した」

今、何時ですか。
もし、夜中なら、グッドタイミングです。
窓を開けて、夜空を見上げてみましょう。

いいなと思う女性と付き合っている男性のようになれば、彼女の理想に近づけることになる。

いいなと思う女性と付き合っている男性のようになれば、彼女の理想に近づけることになる。

いいなと思う女性に限って、すでに彼氏がいるものです。
法則と言っても過言ではありません。
きれいでかわいい女性を、男性は普通、ほうっておかないのです。

なぜ男性と女性の会話は、すれ違うのか。

なぜ男性と女性の会話は、すれ違うのか。

男性と女性とでは、会話で重視する内容が異なります。
会話において、男女の会話はすれ違いがよくあります。
男女間で、重視する点が異なるからです。

「共感できる感情表現」を含めると、女性との会話は、もっと盛り上がる。

「共感できる感情表現」を含めると、女性との会話は、もっと盛り上がる。

女性は、心の中で「もっと話を聞いてほしい。共感してほしい」と思っています。
女性は、感情まで共有できるほどの深い会話をしたいと思っています。
男性は、女性の立場になって話をしてみましょう。

男性がよくやってしまう、女性に嫌われる話しかけ方。

男性がよくやってしまう、女性に嫌われる話しかけ方。

街を歩いていると、偶然、知り合いの女性を見つけました。
その女性が、自分が気にかけている女性なら、なおさら話しかけたいと思います。
この瞬間です。

新しいことに挑戦している話は、積極性や向上心のアピールになる。

新しいことに挑戦している話は、積極性や向上心のアピールになる。

女性の前でぜひ、話をしてもらいたい話題があります。
「新しいことに挑戦している話題」です。
最近、新しく挑戦した話題で、会話を盛り上げましょう。

誤解を解こうとして、逆に嫌われてしまう男性のパターン。

誤解を解こうとして、逆に嫌われてしまう男性のパターン。

恋愛でつきものは、誤解です。
好意を伝える行動のすべてが、そのとおりに進むとは限りません。
恋愛では、1つや2つ、誤解はつきものです。

女性から叱られるのは、実は幸せなこと。

女性から叱られるのは、実は幸せなこと。

小学生や中学生のころは、毎日のように親や先生から叱られていました。
意味もなく、叱られるわけではありません。
正しい行いがされていないから、叱られます。

「いいね」だけで、恋の会話は成立する。

「いいね」だけで、恋の会話は成立する。

好きな人との会話は、難しいことではありません。
「いいね」と意識するだけでいいのです。
「いいね」は恋が成就する、魔法の言葉です。

努力のアピールのつもりで、給料の愚痴を言わない。

努力のアピールのつもりで、給料の愚痴を言わない。

男性が努力のアピールのつもりでする会話で、よく誤解されるパターンがあります。
「給料が低い」という愚痴です。
「仕事はすごく大変なのに、会社の給料が低くて嫌になるよ」

ささいな足の癖で、思いもよらず、印象が損なわれることがある。

ささいな足の癖で、思いもよらず、印象が損なわれることがある。

会話中、足を動かしながら話をする癖の人がいます。
たとえば、膝の辺りを小刻みに絶えず動かす癖です。
いわゆる、貧乏ゆすりです。

負けて、いらいらする男性。
負けて、笑える男性。

負けて、いらいらする男性。負けて、笑える男性。

ボウリング場に行くと、いつも多くのカップルを見かけます。
ボウリングは、初心者でも楽しめるゲームです。
手ぶらで行け、体全身を使えるので、多くのカップルに大人気です。

家族の話題を楽しそうにする男性に、女性はほろっとくる。

家族の話題を楽しそうにする男性に、女性はほろっとくる。

突然ですが、最後に家族の話をしたのは、いつですか。
家族の話をしたとき、どういう内容でしたか。
男性は、あまり家族の話をしたがらない傾向があります。

同じカテゴリーの作品