スキンケア

まとめ
(顔のしみを消す30の方法)
顔のしみを消す30の方法

  • 自分のしみのできやすさを、客観的に確認する。
  • しみの種類に合わせたケアや治療法を、押さえておく。
  • しみができる原因を理解する。
  • 美肌のために、日頃から積極的にビタミンCを摂取する。
  • しみへの効果を期待するなら、ビタミンCは1,500ミリグラム以上を目標に、摂取する。
  • ビタミンCに限っては、副作用に神経質になりすぎず、積極的にたくさん摂取していく。
  • しみの悩みがあるなら、美白化粧品を使う。
  • ビタミンC誘導体が含まれた化粧品を、使う。
  • しみができれば、1カ月間を目安に、徹底集中する。
  • 日焼けで傷んだ肌を集中的に美白したいときは、美容パックを使う。
  • しみができた直後は、惜しみなく、美容パックでしみをケアする。
  • 日焼けをした後は、しみができにくい対策をする。
  • しみのある部分だけ、ピンポイントで美白美容液を塗り足す。
  • 古くからあるしみは、レーザーで除去する。
  • ささいな外出なら、現実的に考えて、衣服で紫外線対策をする。
  • むさ苦しい格好も、ダイエットの一環だと思い込む。
  • 「肝斑」というしみには、飲み薬で対処する。
  • 正しい方法と頻度で、ピーリングをする。
  • 傷痕に残る黒ずみは、ピーリングで対処する。
  • いらいらするのはやめて、明るく元気に振る舞う。
  • 締めつけるタイプの下着は、控える。
  • レモンパックは、絶対に控える。
  • 生理になる数日前は、スキンケアに注意する。
  • 新しい化粧品は、生理前と生理中は控え、生理が終わってからにする。
  • 子供を産んだら「ビタミンC」と「美白化粧品」を常用する。
  • しみができても諦めず、油断しがちな自分を引き締める。
  • 美容クリームに昼用と夜用という明確な区別があるなら、使い方を守る。
  • 美白の前に、禁煙を心がける。
  • 季節の変わり目には、注意する。
  • しみがあっても、元気に笑い飛ばす。

同じカテゴリーの作品