人生の教科書



メイク
リップブラシを使うと、唇が若返る。
メイク
アイシャドーブラシは、2本持つ。
メイク
アイラインは、目のふちを強調させる以上の力がある。
言葉
「敵」は「ライバル」と言い換えるのが、正解。
メイク
チークブラシの一手間が、優しい仕上がりにつながる。
体臭対策
自分のだ液は、天然のデオドラントだ。
メイク

もっと美人になるための
30のメイクテクニック

お気に入り4 読んだ
28

なぜ、
わざわざリップブラシが存在するのか。

なぜ、わざわざリップブラシが存在するのか。 | もっと美人になるための30のメイクテクニック

化粧道具の中には「リップブラシ」が存在します。

毎日メイクをする女性でも、リップブラシを持っている人は少ないのではないでしょうか。

理由は単純です。

強い必要性を感じないからです。

  • 「なぜリップブラシが存在するの? 直接口紅を塗れば済むでしょう」

普通の感覚からすれば、そう思いますよね。

なぜ、リップブラシという化粧道具が存在するのでしょうか。

やはりリップブラシを使うと、仕上がりがよくなるからです。

口紅を直接唇に当てるのは、塗りやすく、手間もかかりません。

 

しかし、重大な欠点があります。

乱暴な仕上がりになりやすいことです。

例えて言えば、絵を描くとき、筆を使わず、絵の具のチューブを画用紙に直接当てて描いているのと同じです。

口紅を直接唇に当てることもできますが、つけすぎやすくなり、べっとりした粗い仕上がりになりやすいのです。

ここで役立つのが、リップブラシです。

リップブラシを使えば、細かい毛先が唇のしわの奥まで、口紅がしっかり届きます。

毛先は弾力があり、塗りすぎることもありません。

唇の輪郭に合わせて、丁寧にきれいに仕上げることができるのです。

手間がかかるのは事実ですが、大切な場面こそ、リップブラシの出番です。

この一手間で、いつもより上品な唇に仕上がります。

まとめ

もっと美人になるためのメイクテクニック その28
  • 大切な場面では、
    リップブラシを使って、
    上品な唇に仕上げる。
リップブラシを使うと、唇が若返る。

もくじ
(もっと美人になるための30のメイクテクニック)

同じカテゴリーの作品