上手に人付き合いする
30の方法

22
16

相手の喜びを一緒に喜ぶと、
好感が持てる。

相手の喜びを一緒に喜ぶと、好感が持てる。 | 上手に人付き合いする30の方法

私が嬉しいことに、相手も自分のことであるかのように一緒に喜んでくれると、もっと嬉しい気持ちになります。

自分の成功を友人も一緒になって喜んでくれ、嬉しい気持ちになったことはありませんか。

相手の幸せは、自分の幸せでもあります。

相手に何か嬉しいことがあったときは、一緒に喜んであげましょう。

ささいなことでもかまいません。

相手の幸せを自分の幸せと感じ、一緒に喜ぶことでお互いに嬉しい気持ちになれます。

相手に嬉しいことがあると、嫉妬する人がいますが、心の狭い人です。

心の狭い人は、自分のことだけで精いっぱいで相手のことまで喜んであげられる余裕がないのです。

友人が出世や何かに成功したときに、英語では「With Up(ウィズ・アップ)」という表現があります。

「共に喜ぶ。共に向上する」といった意味です。

相手が幸せになることは、実は自分が幸せになることでもあるのです。

相手が向上した分、自分にもいろいろ恩恵があるからです。

何か新しいことを教えてくれるかもしれません。

もっと助けをもらえるかもしれません。

「やった!」という喜びを共有すれば、元気も一緒にもらえます。

私は高校1年のとき、体操部でした。

入部した時点ですでにバク転やバク宙はできたのですが、それ以上の技は怖くてなかなか挑戦できないでいました。

体操は、けがをするかもしれないという恐怖との戦いでもあります。

絶対安全ということはないのです。

私が新しい技に挑戦するときは、かなり尻込みしています。

自分はこんなに臆病者だったのかと、そのときに初めて気づきます。

私は人一倍、臆病者なのです。

そのうえ、周りでは部員や先生が見守ってくれるおかげで、今度は緊張までしてしまいます。

息を飲んで挑戦して、初めて技がうまくいったときのことです。

それを見ていた先生が握手をして一緒になって喜んでくれたことが、嬉しかったのをいまだに覚えています。

むしろ私より喜んでいました。

それに同じ体操部の部員も一緒に喜んでくれました。

相手の喜びを自分の喜びであるかのように喜んでもらえると、自分もとても嬉しい気持ちになれます。

一緒に喜んでもらえると、嬉しさが倍増するのです。

こうなると、体操部も活気が出ます。

部員のやる気や活気をかき立て、全体によい影響を与えます。

相手が喜んでいたら、一緒に喜んであげましょう。

喜んであげることで、相手はもっと喜んでくれます。

それがWith Up「共に喜ぶ。共に向上する」ということなのです。

上手に人付き合いする方法(22)
  • 相手が喜んでいることは、一緒になって喜ぶ。
何があっても「ありがとう」で締めくくることが大切。

上手に人付き合いする30の方法
上手に人付き合いする30の方法

  1. 人付き合いを長続きさせるコツは、力みすぎないこと。
    人付き合いを長続きさせるコツは、力みすぎないこと。
  2. 挨拶するだけで、人付き合いの運がついてくる。
    挨拶するだけで、人付き合いの運がついてくる。
  3. 一人一人にお礼をすると、感謝の気持ちが、より伝わる。
    一人一人にお礼をすると、感謝の気持ちが、より伝わる。
  4. 共通点を見つけることで、親近感が湧く。
    共通点を見つけることで、親近感が湧く。
  5. トラブルが、人との結びつきを強くさせる。<br>絆は、よってねじれて強くなる。
    トラブルが、人との結びつきを強くさせる。
    絆は、よってねじれて強くなる。
  6. 時間を助ける人が、助けられる。
    時間を助ける人が、助けられる。
  7. 知らないふりをすると、どんどん話を聞くことができる。
    知らないふりをすると、どんどん話を聞くことができる。
  8. 別れ際こそ、手を抜かないことが大切。
    別れ際こそ、手を抜かないことが大切。
  9. すぐお礼を伝えるのが、感動を伝えるためのコツ。
    すぐお礼を伝えるのが、感動を伝えるためのコツ。
  10. 「置き手紙」が、相手の時間を大切にする。
    「置き手紙」が、相手の時間を大切にする。
  11. 電話が長すぎると、相手に迷惑になってしまう。
    電話が長すぎると、相手に迷惑になってしまう。
  12. 人付き合いの上手な人は、相手のプライベートを大切にする人だ。
    人付き合いの上手な人は、相手のプライベートを大切にする人だ。
  13. お付き合いの基本は「ギブ&ギブ」。
    お付き合いの基本は「ギブ&ギブ」。
  14. むっとしたときこそ笑うことのできる人が、付き合い上手な人。
    むっとしたときこそ笑うことのできる人が、付き合い上手な人。
  15. 人付き合いが上手な人には、サービス精神がある。
    人付き合いが上手な人には、サービス精神がある。
  16. 相槌を打つと、どんどん話が弾んでいく。
    相槌を打つと、どんどん話が弾んでいく。
  17. せっかくの友人の話を折らない。<br>新しい価値観を勉強させてもらおう。
    せっかくの友人の話を折らない。
    新しい価値観を勉強させてもらおう。
  18. 人とうまくやっていくには、すべてを受け入れることが大切。
    人とうまくやっていくには、すべてを受け入れることが大切。
  19. 人付き合いに、年齢は関係ない。
    人付き合いに、年齢は関係ない。
  20. 友人だからとはいえ、だらだらにならない。<br>友人だからこそ、丁寧になろう。
    友人だからとはいえ、だらだらにならない。
    友人だからこそ、丁寧になろう。
  21. たとえ自分が悪くなくても、謝らなければならないときがある。<br>相手に迷惑をかけたら、謝ることが大切。
    たとえ自分が悪くなくても、謝らなければならないときがある。
    相手に迷惑をかけたら、謝ることが大切。
  22. 相手の喜びを一緒に喜ぶと、好感が持てる。
    相手の喜びを一緒に喜ぶと、好感が持てる。
  23. 何があっても「ありがとう」で締めくくることが大切。
    何があっても「ありがとう」で締めくくることが大切。
  24. 短所は見方を変えれば、長所になる可能性を秘めている。
    短所は見方を変えれば、長所になる可能性を秘めている。
  25. 人付き合いで大切なことは、まめであること。
    人付き合いで大切なことは、まめであること。
  26. みんなと同じでないことこそが美徳。<br>自分を他人と比べない。
    みんなと同じでないことこそが美徳。
    自分を他人と比べない。
  27. 明るい言葉を使うと、明るい人付き合いができる。
    明るい言葉を使うと、明るい人付き合いができる。
  28. 自分が失敗したときでも、そばにいてくれる人。<br>それが本当の友人だ。
    自分が失敗したときでも、そばにいてくれる人。
    それが本当の友人だ。
  29. 気持ちを伝える手段は「言葉」だけではない。<br>気持ちは「体」で伝えると、もっと気持ちが伝わる。
    気持ちを伝える手段は「言葉」だけではない。
    気持ちは「体」で伝えると、もっと気持ちが伝わる。
  30. 人付き合いの達人は、褒める達人。
    人付き合いの達人は、褒める達人。

同じカテゴリーの作品

3:38
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION