人生の教科書



ファッション
「ベルボトムパンツ+ハイヒール」は、足長に見せる最強の組み合わせ。
ファッション
どんなにスリムな女性でも、だぶだぶの服を着ていれば太って見える。
ファッション
キャラクターや文字の入った服を着ない。
ファッション
左右対称のファッションが最も美しい。
ファッション
知的で大人らしいファッションに見られる法則。
ダイエット
わざとサイズが小さな服を着て、自分を恥ずかしい状態に陥れる。
ファッション

スリムで知的に見える
30の着こなし術(男性編)

お気に入り3 読んだ
1

だぶだぶもぴちぴちも、
男の威厳が下がる。

だぶだぶもぴちぴちも、男の威厳が下がる。 | スリムで知的に見える30の着こなし術(男性編)

スリムで知的にかっこよく見せるためには、どのようなファッションをすればいいのでしょうか。

最初は「避けておきたいファッション」からチェックです。

 

「だぶだぶのファッション」です。

 

「スリム・知的というイメージ」と「だぶだぶという外観」は反しています。

自分のサイズより一回り大きな服装は、だぶだぶになり、だらしない印象を与えます。

ズボンの丈が長すぎれば、足元が汚れやすくなりますし、不衛生です。

余分な丈によるしわは、余分な脂肪を連想させます。

シャープな印象とは、ほど遠い。

もちろんリラックスするときに、パジャマのような服はいいでしょう。

 

しかし、普段着でスリムや知的さをアピールしたければ、だぶだぶのファッションは避けるべきです。

 

一方で「はち切れそうなファッション」も違和感があります。

サイズが小さすぎる服は、子供服を着ているようで不自然であり滑稽です。

ボディーラインを強調したい気持ちはあっても、男性が強調すると逆に気持ち悪い。

だぶだぶもぴちぴちも、男の威厳が下がってしまいます。

自分のサイズに普通に合った服が、一番かっこいい。

いま一度、心に留めておきたいことです。

まとめ

スリムで知的に見える着こなし術(男性編) その1
  • 「だぶだぶ」と「ぴちぴち」のファッションは、避ける。
次のページ >>
クールなアクセサリーも、付けすぎると逆効果。

もくじ
(スリムで知的に見える30の着こなし術(男性編))

同じカテゴリーの作品