執筆者:水口貴博

まとめ
(仕事ができる人になる30の方法)
仕事ができる人になる30の方法

  • 「自分はできる人間だ」と、自分に言い聞かせる。
  • プロの意識を学ぶ。
  • 難しく考えるより、行動してしまう。
  • お金より、時間を大切にする。
  • きれいな字を、書けるようになる。
  • 「本」「人」「経験」から、学ぶ。
  • 物事を進めるときは、計画を立てて、要領よくやる。
  • 日頃から、失敗をたくさん経験する。
  • メリットだけでなく、デメリットにも、注意を向ける。
  • 行動の勢いは、止めないようにする。
  • 悩む時間があったら、行動する。
  • お金をもらう仕事であるかぎり、スキルや役職に関係なく、プロ意識を持って仕事をする。
  • プロを目指しているなら、スキルや役職に関係なく、プロ意識を持って仕事をする。
  • 頭と体の両方で、行動する。
  • 始業時間前には、仕事の準備を終えておく。
  • 人を助ける。
  • 選択するときは迷わず、さっと決めてしまう。
  • 「自分はこれしかできないが、誰にも負けない自信がある」と思える仕事をする。
  • 学生は、勉強に、専念する。
  • 家族、親戚を大切にする。
  • いらいらしたときこそ、笑顔になる。
  • 当たり前の生活リズムを大切にする。
  • 失敗の量を、山ほどこなす。
  • 感謝とお礼は、すぐする。
  • 素晴らしい行動は習慣にして、意識をしている感覚さえなくしてしまう。
  • むかつく出来事は、排除するのではなく、取り込む。
  • アドバイスは、短く一言でする。
  • 相手の名前は、フルネームと漢字まで覚えてしまう。
  • 疲れたら、休む。
  • 時と場合によって、いろいろな主義を使い分ける。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION