執筆者:水口貴博

対人関係のストレスが小さくなる
30のスキル

16
18

私たちのいらいらは、
どれも茶番劇。

私たちのいらいらは、どれも茶番劇。 | 対人関係のストレスが小さくなる30のスキル

「セルバンテス」という作家をご存じですか。

名作『ドン・キホーテ』を書いた作家と言えば、思い出す人も多いのではないでしょうか。

私がお話ししたいのは『ドン・キホーテ』の物語ではありません。

セルバンテスの人生物語です。

セルバンテスは、歴史上でも大きな波のある人生を送った人です。

私は彼の波のある人生を知ったとき、あまりの変容ぶりに驚きました。

しかし、すべて実話です。

彼の生きたあらすじをご紹介します。

1547年、セルバンテスはスペインで生まれました。

スペインの都心部近くに住んでいたため、いい場所でしたが、セルバンテスの父はしがない外科医だったため、とても貧乏でした。

父が医者なのに、貧乏なのも珍しいです。

家が大変貧しかったため、学校教育はほとんど受けていません。

基本的な読み書きくらいしかできず、苦労が多かったといいます。

1569年には故郷のスペインを離れ、イタリアへ向かい、枢機卿すうききょうの家来になります。

1570年から戦争があったので、やむなく兵隊として戦いに行くことになりましたが、ここで悲劇は訪れます。

1571年のレパントの海戦で、左手を失ってしまいます。

戦う兵士にとって、手の損失は重大です。

1575年にようやく戦争が終わって、帰国しようとしますが、さらなる悲劇が襲います。

帰国途中で海賊に襲われ、捕虜になってしまいます。

その結果、アルジェリアで奴隷生活を送ることになります。

まだまだ悲劇は続きます。

1580年には身請けされたため、5年間ほどの奴隷生活が終わり、ようやく故郷スペインに帰国できました。

1584年には、18歳も年下の女性と結婚します。

すぐ、小説『ラ・ガラテア』という処女作を出版します。

その後もいくつかの作品を書きましたが、文筆を捨てて、海軍の雑務や税金の取り立ての仕事をします。

ところが仕事の会計で大きな失敗をしてしまったため、監獄に入れられます。

悲劇が終わって、まだ悲劇です。

こんな悲劇の多い人生でも生きていけるのですね。

そんな投獄中に書き始めたのが『ドン・キホーテ』です。

悲劇が多い人生だったから、楽観的な文学ができたのかもしれません。

この作品が世間に大きく受け入れられ、ようやく生活は豊かになります。

あなたの人生はいかがですか。

セルバンテスの変化の激しい人生に比べれば、私たちの人生は平穏そのものです。

電車がくるのが遅れたことや遅刻していらいらしたことなど、かわいらしいことです。

どれも茶番劇です。

セルバンテスの人生に比べれば、大したことはないのです。

対人関係のストレスが小さくなるスキル(16)
  • 小さなことに、いらいらしないようにする。
突然のキャンセルを、笑顔で受け入れる。

対人関係のストレスが小さくなる30のスキル
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル

  1. 小さくてもいい。<br>まずは明るくなることから始めよう。
    小さくてもいい。
    まずは明るくなることから始めよう。
  2. 完璧な人は1人もいない。<br>だからおおらかになろう。
    完璧な人は1人もいない。
    だからおおらかになろう。
  3. 悪くないときこそ、謝ろう。
    悪くないときこそ、謝ろう。
  4. 目を見て感謝すれば、感動がもっと伝わる。
    目を見て感謝すれば、感動がもっと伝わる。
  5. 「あと30分しかない」ではなく「まだ30分もある」と考える。
    「あと30分しかない」ではなく「まだ30分もある」と考える。
  6. 他人の態度を変えさせるのは、実は簡単。
    他人の態度を変えさせるのは、実は簡単。
  7. 考えを押し付ける議論はしない。
    考えを押し付ける議論はしない。
  8. 自分でできることは、自分でする。
    自分でできることは、自分でする。
  9. 相手の犯したうっかりミスを、意外で驚きのイベントとして受け入れる。
    相手の犯したうっかりミスを、意外で驚きのイベントとして受け入れる。
  10. 人とぶつかっても「こら!」と怒鳴るのではない。
    人とぶつかっても「こら!」と怒鳴るのではない。
  11. 人との出会いは、すべて宝石との出会いである。
    人との出会いは、すべて宝石との出会いである。
  12. ご祝儀に迷ったら、高いほうがいい。
    ご祝儀に迷ったら、高いほうがいい。
  13. 私たちは、プレゼントを買うお金のために働いている。
    私たちは、プレゼントを買うお金のために働いている。
  14. どんなにお金持ちになっても、他人を喜ばせるために使わない人は、心の貧乏だ。
    どんなにお金持ちになっても、他人を喜ばせるために使わない人は、心の貧乏だ。
  15. 意見がぶつかる原因は、あなたの理解不足が原因だ。
    意見がぶつかる原因は、あなたの理解不足が原因だ。
  16. 私たちのいらいらは、どれも茶番劇。
    私たちのいらいらは、どれも茶番劇。
  17. 突然のキャンセルを、笑顔で受け入れる。
    突然のキャンセルを、笑顔で受け入れる。
  18. お風呂に入って汗を流せば、その日のストレスがリセットできる。
    お風呂に入って汗を流せば、その日のストレスがリセットできる。
  19. 誰でも一度は失態を犯す。<br>大切なのは反省すること。
    誰でも一度は失態を犯す。
    大切なのは反省すること。
  20. 人に優しくできる人は、かつて人に冷たくされた経験を持っている。
    人に優しくできる人は、かつて人に冷たくされた経験を持っている。
  21. 言い訳は「ごめんなさい」と謝った後にする。
    言い訳は「ごめんなさい」と謝った後にする。
  22. 当たり前の挨拶を、心がける。
    当たり前の挨拶を、心がける。
  23. お互いをよく知っているようでも、実はまだ知らないことがたくさんある。
    お互いをよく知っているようでも、実はまだ知らないことがたくさんある。
  24. 態度が悪いと、反抗したくなるのが人間。
    態度が悪いと、反抗したくなるのが人間。
  25. 相手が避けようとする話題を、むやみに探ろうとしない。
    相手が避けようとする話題を、むやみに探ろうとしない。
  26. すべての人には、面白い部分が必ずある。
    すべての人には、面白い部分が必ずある。
  27. 人に囲まれている環境は、それだけで幸せ。
    人に囲まれている環境は、それだけで幸せ。
  28. どれほど自分にけちでも、人にはけちになるな。
    どれほど自分にけちでも、人にはけちになるな。
  29. 「違う」「間違っている」を、口にしない。
    「違う」「間違っている」を、口にしない。
  30. 別れ際の余韻を、気持ちよくしよう。
    別れ際の余韻を、気持ちよくしよう。

同じカテゴリーの作品

トラブル対処」の人気記事

1
他人の態度を変えさせるのは、実は簡単。
トラブル対処
他人の態度を変えさせるのは、実は簡単。
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル
2
完璧な人は1人もいない。だからおおらかになろう。
トラブル対処
完璧な人は1人もいない。
だからおおらかになろう。
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル
3
損得や勝ち負けを意識しているうちは、まだ自己保身にこだわっている証拠。
トラブル対処
損得や勝ち負けを意識しているうちは、まだ自己保身にこだわっている証拠。
喧嘩と仲直りの30の名言
4
悪くないときこそ、謝ろう。
トラブル対処
悪くないときこそ、謝ろう。
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル
5
すべての喧嘩の原因は「理解不足」から生まれる。
トラブル対処
すべての喧嘩の原因は「理解不足」から生まれる。
喧嘩をしない30の方法
6
小さくてもいい。まずは明るくなることから始めよう。
トラブル対処
小さくてもいい。
まずは明るくなることから始めよう。
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル
7
自意識過剰は自分だけ。みんな、あなたのことは気にしていない。
トラブル対処
自意識過剰は自分だけ。
みんな、あなたのことは気にしていない。
勧誘をうまく断る30の方法
8
落ち込む原因は2つのみ。能力と存在。
トラブル対処
落ち込む原因は2つのみ。
能力と存在。
落ち込んでいる人を元気づける30の方法
9
相手の心の中まではわからない。「わかる」は禁句。
トラブル対処
相手の心の中まではわからない。
「わかる」は禁句。
落ち込んでいる人を元気づける30の方法
10
「仲直りはできない」と思っているうちは、仲直りができない。「仲直りはできる」と思うから、仲直りができる。
トラブル対処
「仲直りはできない」と思っているうちは、仲直りができない。
「仲直りはできる」と思うから、仲直りができる。
喧嘩と仲直りの30の名言

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION