独立・起業

ビジネスチャンスをつかむ
30の方法

お気に入り3 読んだ
18

理想的な勝ち方は
「WIN&LOSE」ではなく
「WIN&WIN」。

理想的な勝ち方は「WIN&LOSE」ではなく「WIN&WIN」。 | ビジネスチャンスをつかむ30の方法

基本的に勝負は、勝者と敗者で分かれます。

誰かが勝つということは、誰かが負けるということです。

 

「WIN&LOSE」です。

 

スポーツでも、勉強でも、ビジネスでも同じです。

 

しかし、これこそ典型的なアマチュアの考え方です。

次元の低い戦い方です。

このやり方では、常に戦いに勝たなければ勝者になれず、油断ができません。

スポーツでも勉強でも、ビジネスでも「WIN&LOSE」で前に進もうとすると、大変険しい道のりになります。

敵が増えて気が抜けません。

戦いに勝つために、十分な準備が必要で、疲れやすくなります。

ビジネスでチャンスをつかむためには、敵を作ってはいけません。

「仲間を作ろう」という意識に変えます。

競合するような話があれば、お互いにプラスになるような解決策を見いだすことです。

お互いにプラスになる解決策を考える習慣を持って、できるだけ争いを避けてください。

お互いに勝者になれる「WIN&WIN」を目指します。

お互いにとってプラスがあるような話なら、契約はスムーズに取れるはずです。

自分だけの利益を考えるのではなく、相手の利益も考えてみましょう。

お互いにとってプラスになる解決策を見つけたとき、ビジネスが進みやすくなります。

あなたのビジネスが、劇的に進化します。

まとめ

ビジネスチャンスをつかむ方法 その18
  • お互いが勝者になれる解決策を考える。
自分の特徴を伸ばして、自分にしかできない分野を作る。

もくじ
ビジネスチャンスをつかむ30の方法
理想的な勝ち方は「WIN&LOSE」ではなく「WIN&WIN」。 | ビジネスチャンスをつかむ30の方法

  1. 逃げたい場所に、チャンスがある。
  2. お金に対して、悪い印象を持たない。
  3. 「経済力」という言葉を使うと、印象がよくなる。
  4. 時代の流れを読むと、ビジネスチャンスをつかみやすくなる。
  5. 個性を生かして、ビジネスにつなげる。
  6. 感じた時代の流れを、好きなことと絡めて考える。
  7. 感じた時代の流れを、好きな得意技と絡めて考える。
  8. 世の中が向かっている方向を知れば、未来は容易に予想できる。
  9. 今、人気が出ているものは、必ず何か理由がある。
  10. ビジネスは、人の心が動かしている。
    人の心を動かせば、ビジネスが動き始める。
  11. チップは、サービスを受ける前に払うほうがいい。
  12. 1人が解決した知恵は、みんなに役立つ解決策になる。
  13. 「失敗しないように」と思うほど、逆に失敗しやすくなる。
  14. 小さな声で口にした言葉には、ビジネスチャンスが詰まっている。
  15. 身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない。
  16. ファーストムーバーが、トップシェアを握る。
  17. ビジネスでは、デザイン重視より、機能性重視。
  18. 理想的な勝ち方は「WIN&LOSE」ではなく「WIN&WIN」。
  19. 自分の特徴を伸ばして、自分にしかできない分野を作る。
  20. 誰より早く行動できる人が、最も大きな金を手に入れることができる。
  21. 宝を掘り当てるより、宝の地図を販売する。
  22. 初体験を求める人が、ビジネスチャンスをつかむ。
  23. 本当のビジネスチャンスは、本には書いていない。
  24. 人間関係がいい人は、お礼を3回言う。
  25. 便利な物を組み合わせると、もっと便利な物が誕生する。
  26. ビジネスをレンタルから始めると、成功しやすくなる。
  27. 自社ビルを建てた会社は、倒産する。
  28. 自分が顧客になり、感動を体験する。
  29. 歴史の本は、最高のビジネス書だった。
  30. ビジネスは、モノポリーゲーム。

同じカテゴリーの作品