執筆者:水口貴博

まとめ
(段取り力を高める30の方法)
段取り力を高める30の方法

  • 段取りをよくして、豊かな時間を増やす。
  • うまくいかなかったときは「段取りの悪さ」を見直す機会と考える。
  • 楽をしたいときには、逃げるのではなく、段取りを考える。
  • テストでは、できる問題から解いていく。
  • 会議前に資料を配る。
  • 図表を加えなくても理解できる文章を、心がける。
  • みんなが嫌がるポジションにつく。
  • 単発より、連続でする。
  • 旅の帰りに、旅をする。
  • コミュニケーションは、減らすのではなく、増やす。
  • 区切りを入れて、物事に取り組む。
  • 到着する寸前でも、遅刻のときは連絡する。
  • 正しい順番を考える。
  • いらない物は捨てて、好きなことだけに集中する。
  • 大変なことは1つにまとめ、好きなことは小分けにする。
  • まず、好きなことから始める。
  • まず、軽いジョークから始める。
  • サプライズ・パーティーを計画する。
  • 流れを紙に書いてから、仕事を始める。
  • 知ろうとしない努力をする。
  • 降りる場所を考えて、電車に乗る。
  • 基本から徹底的に学ぶ。
  • 段取りを考えて、有意義な休日を送る。
  • 前例を真似する。
  • 人脈のキーマンと友人になる。
  • パーフェクトではなく、テンポを重視する。
  • 大量の仕事をこなす。
  • 時系列を記録する。
  • 段取りの前に、マナーを見直す。
  • トラブルが起こるという前提で、段取りを考える。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION