会話

会話が上手な人と下手な人の
30の違い

読んだ お気に入り0
27

会話が下手な人は、
話を途中で変更せず、
最後まで話しきる。
会話が上手な人は、
相手の様子に応じて、
流れを変える。

会話が下手な人は、話を途中で変更せず、最後まで話しきる。会話が上手な人は、相手の様子に応じて、流れを変える。 | 会話が上手な人と下手な人の30の違い

会話とは決断の連続です。

「これを話そう」と決めて話し始めますが、話の内容は、変更せず話しきればいいとは限りません。

話している途中で雰囲気が変わり、都合が悪くなることもあります。

 

たとえば、若者を褒める話をする場面があるとします。

「やはり若い人は頼りになるね。若さとは素晴らしい」

自分としては、普通に若い人を褒めているつもりです。

もちろん深い意図も裏の意味もありません。

 

ところが、相手は年齢にコンプレックスがあり、不快に感じていることもあるでしょう。

言い方によっては、高齢者を軽視しているように聞こえる場合もあるはずです。

話題を出したとたん、相手の表情や態度に不穏な様子が見られれば、何らかの感情を抱いていることが分かります。

こうした場合、どうするか。

会話が下手な人は、話を途中で変更せず、最後まで話しきります。

話の途中、相手の表情が悪くなったと気づいても、すでに話し始めている話を最後まで話しきります。

これはよくありません。

相手を不快にさせる内容を最後まで話しきれば、ますます相手を不快にさせるでしょう。

「後から謝ればいい」「発言を撤回すればいい」と思うかもしれませんが、容易ではありません。

一度発言した内容は、心に長く残り続けるもの。

すぐ撤回したくても、心情として難しい場合があります。

話が上手な人は、相手の様子に応じて流れを変えます。

相手の表情や態度に注意しながら会話をして、感情を読み解こうとします。

会話中のある話題で、急に相手の表情が険しくなれば「触れてほしくない話なのだろう」と察知できます。

相手が歓迎しない内容だと分かれば、話の途中で変更したり中断したりします。

逆のパターンもあります。

会話中のある話題で、急に相手の表情が明るくなれば「楽しんでいる」「興味関心のある話題」と察知できます。

相手が楽しんでいる様子があれば、もっと話を拡大して、詳しく話すこともあっていいでしょう。

相手の表情や態度から感情を読み取り、会話に生かすことで、よりスマートな会話に整えることができます。

まとめ

会話が上手な人と下手な人の違い その27
  • 会話の内容は、相手の様子から感情を読み取り、柔軟に変える。
会話が下手な人は、興味関心のない話に退屈するだけ。
会話が上手な人は、学びや成長を見いだして吸収する。

もくじ
会話が上手な人と下手な人の30の違い
会話が下手な人は、話を途中で変更せず、最後まで話しきる。会話が上手な人は、相手の様子に応じて、流れを変える。 | 会話が上手な人と下手な人の30の違い

  1. 会話が下手な人は、自分がしたい話をする。
    会話が上手な人は、相手が聞きたい話をする。
  2. 会話が下手な人は「楽しい会話になればいいな」と冷めている。
    会話が上手な人は「楽しい会話をしよう」と意気込んでいる。
  3. 会話が下手な人は、話し方が抽象的。
    会話が上手な人は、話し方が具体的。
  4. 会話が下手な人は、すべてを語ろうとして話が長くなる。
    会話が上手な人は、簡潔に分かりやすくまとめる。
  5. 会話が下手な人は、前置きが長い。
    会話が上手な人は、前置きが適度。
  6. 会話が下手な人は、長くなる話を、急に話し始める。
    会話が上手な人は、長くなる話の前に、断りを入れる。
  7. 会話が下手な人は、顔と体が相手からそらしがちになっている。
    会話が上手な人は、顔と体が相手のほうを向いている。
  8. 会話が下手な人は、愚痴・悪口・不平不満のオンパレード。
    会話が上手な人は、感謝・尊敬・褒め言葉のオンパレード。
  9. 会話が下手な人は、勝ち負けや優劣への意識が強い。
    会話が上手な人は、平等や公平への意識が強い。
  10. 会話が下手な人は、笑いの基準が高く、なかなか笑わない。
    会話が上手な人は、笑いの基準が低く、小さなことにもよく笑う。
  11. 会話が下手な人は、相手のプライバシーにずけずけつけ込む。
    会話が上手な人は、相手が話すまで自然に待つ。
  12. 会話が下手な人は、言いにくいことでもストレートに言ってしまう。
    会話が上手な人は、言いにくいことはオブラートに包んだ言い方をする。
  13. 会話が下手な人は、ボディーランゲージがない。
    会話が上手な人は、ボディーランゲージを交えて話す。
  14. 会話が下手な人は、相槌がない。
    会話が上手な人は、気持ちのよい相槌がある。
  15. 会話が下手な人は、いつも声の大きさが一定。
    会話が上手な人は、状況に応じて声の大きさを調整する。
  16. 会話が下手な人は、断りもなく、急に話の流れを変える。
    会話が上手な人は、できるだけ話の流れに沿って話を進める。
  17. 会話が下手な人は、格言やことわざを使って話すことが多い。
    会話が上手な人は、自分の言葉で話そうとする。
  18. 会話が下手な人は、知識をひけらかそうと、難しい言葉を使う。
    会話が上手な人は、相手に理解してもらおうと、簡単な言葉を使う。
  19. 会話が下手な人は、話にセリフが登場しない。
    会話が上手な人は、話に具体的なセリフが入っている。
  20. 会話が下手な人は、信じられない話をすぐ否定する。
    会話が上手な人は、信じられない話でもひとまず合わせる。
  21. 会話が下手な人は、沈黙を恐れ、避けようとする。
    会話が上手な人は、沈黙を受け入れ、楽しもうとする。
  22. 会話が下手な人は、共通点に無頓着。
    会話が上手な人は、共通点を意識しながら話している。
  23. 会話が下手な人は、立場をわきまえず、軽率に発言する。
    会話が上手な人は、立場をわきまえて、慎重に発言する。
  24. 会話が下手な人は、相手が話している途中で話し始める。
    会話が上手な人は、相手の話を聞き終えてから話し始める。
  25. 会話が下手な人は、余計な言い換えをする。
    会話が上手な人は、相手の言葉をそのまま使う。
  26. 会話が下手な人は、食事中に配慮が足りず、不適切な話題を話してしまう。
    会話が上手な人は、食事中の話題に十分注意する。
  27. 会話が下手な人は、話を途中で変更せず、最後まで話しきる。
    会話が上手な人は、相手の様子に応じて、流れを変える。
  28. 会話が下手な人は、興味関心のない話に退屈するだけ。
    会話が上手な人は、学びや成長を見いだして吸収する。
  29. 会話が下手な人は、話を聞いた瞬間に忘れる。
    会話が上手な人は、話の内容を覚えようと努めている。
  30. 会話が下手な人は、最後の一言がない、もしくは味気ない。
    会話が上手な人は、最後に感謝と感動を表現する一言がある。

同じカテゴリーの作品