人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

会話が上手な人と下手な人の
30の違い

お気に入り0 読んだ
27

会話が下手な人は、
話を途中で変更せず、
最後まで話しきる。
会話が上手な人は、
相手の様子に応じて、
流れを変える。

会話が下手な人は、話を途中で変更せず、最後まで話しきる。会話が上手な人は、相手の様子に応じて、流れを変える。 | 会話が上手な人と下手な人の30の違い

会話とは決断の連続です。

「これを話そう」と決めて話し始めますが、話の内容は、変更せず話しきればいいとは限りません。

話している途中で雰囲気が変わり、都合が悪くなることもあります。

 

たとえば、若者を褒める話をする場面があるとします。

  • 「やはり若い人は頼りになるね。若さとは素晴らしい」

自分としては、普通に若い人を褒めているつもりです。

もちろん深い意図も裏の意味もありません。

 

ところが、相手は年齢にコンプレックスがあり、不快に感じていることもあるでしょう。

言い方によっては、高齢者を軽視しているように聞こえる場合もあるはずです。

話題を出したとたん、相手の表情や態度に不穏な様子が見られれば、何らかの感情を抱いていることが分かります。

こうした場合、どうするか。

会話が下手な人は、話を途中で変更せず、最後まで話しきります。

話の途中、相手の表情が悪くなったと気づいても、すでに話し始めている話を最後まで話しきります。

これはよくありません。

相手を不快にさせる内容を最後まで話しきれば、ますます相手を不快にさせるでしょう。

「後から謝ればいい」「発言を撤回すればいい」と思うかもしれませんが、容易ではありません。

一度発言した内容は、心に長く残り続けるもの。

すぐ撤回したくても、心情として難しい場合があります。

話が上手な人は、相手の様子に応じて流れを変えます。

相手の表情や態度に注意しながら会話をして、感情を読み解こうとします。

会話中のある話題で、急に相手の表情が険しくなれば「触れてほしくない話なのだろう」と察知できます。

相手が歓迎しない内容だと分かれば、話の途中で変更したり中断したりします。

逆のパターンもあります。

会話中のある話題で、急に相手の表情が明るくなれば「楽しんでいる」「興味関心のある話題」と察知できます。

相手が楽しんでいる様子があれば、もっと話を拡大して、詳しく話すこともあっていいでしょう。

相手の表情や態度から感情を読み取り、会話に生かすことで、よりスマートな会話に整えることができます。

会話が上手な人と下手な人の違い その27

  • 会話の内容は、
    相手の様子から感情を読み取り、
    柔軟に変える。
会話が下手な人は、興味関心のない話に退屈するだけ。
会話が上手な人は、学びや成長を見いだして吸収する。

もくじ
(会話が上手な人と下手な人の30の違い)

同じカテゴリーの作品