結婚

新婚生活3年間にしておきたい
30のこと

お気に入り0 読んだ
14

夫や妻という役割に慣れるには、
時間がかかるもの。

夫や妻という役割に慣れるには、時間がかかるもの。 | 新婚生活3年間にしておきたい30のこと

結婚した瞬間、私たちは今までにない役割が、1つ増えます。

男性なら「夫」という役割です。

女性なら「妻」という役割です。

これまで「学生」や「部下」という役割を演じたことはあっても、初婚の夫婦に「夫」や「妻」という役割は初めてです。

このとき、少しストレスがあります。

夫は「夫らしく振る舞わなければならない」という役割に戸惑います。

妻も「妻らしく振る舞わなければならない」という役割に戸惑います。

それぞれ、自分の役割を正しく演じたいのですが、最初からスムーズにはいきません。

今まで経験のないことですから、何をどうしていいか、分からないのです。

初めから、完全を求めないことです。

まず分かってほしいのは、不慣れです。

夫はときどき、夫らしくない行動をするかもしれません。

そうであったとしても、妻は寛大になってほしいのです。

夫という役割に不慣れだから、失敗したのでしょう。

夫としての役割の理解が不完全で、手探りの状態です。

妻も同じです。

妻もときどき、妻らしくない行動をするかもしれません。

そうであったとしても、夫は寛大になってほしいのです。

役割に慣れていないため、誤解があったのかもしれません。

「お互いに初めての役割で大変だよね」という理解が大切です。

この理解があれば、うまくいかないことが多少あっても、かっかすることはありません。

結婚した瞬間から「夫らしく」「妻らしく」と考えすぎないことです。

あまりせかすと、プレッシャーになります。

役割に慣れるには、時間が必要です。

いろいろな場面に遭遇しながら、役割を体で覚えていきます。

夫婦共に初心者ですから、時間をかけていくようにしましょう。

まとめ

新婚生活3年間にしておきたいこと その14
  • 時間をかけて、それぞれの役割に慣れていく。
1日1回は「愛している」。

もくじ
新婚生活3年間にしておきたい30のこと
夫や妻という役割に慣れるには、時間がかかるもの。 | 新婚生活3年間にしておきたい30のこと

  1. 新婚の3年間は、夫婦生活で一番大切な時期。
  2. 新婚とは、どのくらいの期間をいうのか。
  3. 結婚を誰より祝福するのは、自分たち2人。
  4. キスで始まり、キスで終わる。
    これが新婚の素晴らしさ。
  5. 世界で一番幸せなカップルになるのは、一言あればいい。
  6. 結婚して愛情表現が変わっても、愛情の量は変えない。
  7. 唇ばかりのキスは、飽きてしまう。
  8. 結婚式の写真が、夫婦としての自覚を促す。
  9. 新しい名字は、違和感がなくなるまで、声に出して紙に書く。
  10. 見送るだけで、夫も妻も、力がみなぎる。
  11. 夫婦の存在感を強くする、3つの言葉。
  12. 恥ずかしがらずに手をつなぐから、夫婦仲が深まる。
  13. 家の中にいるときも、手をつなぎたい。
  14. 夫や妻という役割に慣れるには、時間がかかるもの。
  15. 1日1回は「愛している」。
  16. 愛という言葉が、日常生活にどれだけ登場していますか。
  17. 夫婦でお風呂に入るのは、夫婦仲を深める大切な習慣。
  18. お互いの親を含めて、家族。
  19. 親に頼るのも、1つの能力。
  20. 誰でも最初は、子育てに不安がある。
  21. 妥協を繰り返すことで、理想的な夫婦像へ仕上がる。
  22. 家庭以外の人間関係も、幸せに気づかせてくれる大切な存在。
  23. 「新婚旅行は1回だけ」というルールはない。
  24. ささいな喧嘩は、キスで仲直り。
  25. 新婚夫婦にとって、一番大切な家具とは。
  26. できるだけ一緒にベッドで寝る。
  27. 激しいセックスができるのも、若いうちだけ。
  28. パステルピンクを含んだ寝室は、性欲を高める。
  29. 子作りだけが目的のセックスなんて、つまらない。
  30. 接する時間は短くてもいい。
    接している時間を濃くすればいい。

同じカテゴリーの作品